FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の食費内訳はちょっとストレス 家計簿の意味と今後のつけ方

新年がスタートしたと思っていたら、2015年もあっという間に25日が過ぎてしまいました。

DSC07118_201501251626415cb.jpg

我が家は毎月24日が家計簿を締める日です。
今月の食費は、イタタタタ・・・という結果に、少しだけストレスを感じてます。

食費のつけ方を見直してみようかなぁ。
【1月の食費内訳】
今月の食費は、72,260円。
我が家の1か月の食費は5万円と予算を組んでいるので、2万円以上もオーバーした結果となりました。

DSC07121_20150125165148d7c.jpg

⇒2015年1月の食費内訳

副食費としてふだんより1万円程の出費増。
これは、お正月に姉一家が遊びにきたときのおせち料理などを作った分が含まれているので、しかたがない出費なのです。

その他にも、ケーキを買ったりいつもよりお菓子類を多めにかったりと、年末年始はなにかと財布の紐も緩みがち。
長男の帰省もありましたので、いつもより2万円以上の食費はしかたがないと思っています。

実は、年末に蟹を食べたのですが、この分のお金は「レジャー費」から出しているのですよ。
もうこれ以上食費が増えるのが嫌だと言う、現実逃避ですね。
蟹がレジャー費って、いったいなんなんだよ・・・、と自分でもつっこみを入れたくなります。

こうやって、実際にかかった食費をごまかすよりも、次回からはお正月絡みの食費は、別枠で予算を組んだ方がよさそうです。
そのほうがストレスにもならないですし。

【家計簿の意味】
家計簿なんてつけなくても、しっかりきっちり家計管理できる方もいますよね。
実はうちの姉がそうなんです。
昔はつけていたけど、試しにやめてみても、特に浪費するわけでも予算が足りなくなるわけでもなく、なんら変わらないということがわかったからだそうですが、私は家計簿をつけないということが怖いのです。

姉はきっと倹約家。
だからきっちり自己管理ができる。

私はきっと浪費家。
家計簿をつけないと、使途不明金だらけになってしまいそうで怖い。

もともと結婚当初から、ノートタイプのものに家計簿をざっくりつけてはやめるということを繰り返してきましたが、10年くらい前からPCの家計簿ソフトで入力するようになってからは、現在まで長続きをしています。

もちろん最初のころはお金が合わないことが当たり前で、毎月使途不明金として処理していました。(おい)
長男が大学生になり節約というのを意識しだしてから、家計簿はきっちりつけるようになりました。

家計簿をつけていてよかったなーと思うところは、いつ何にお金をつかったのか把握できるということ。
1か月分の家計簿を見直してみると、何かの項目が異様に突出していて、それが我が家の家計のネックだということがわかります。

食費ひとつをとっても、我が家は嗜好品代がとても高いということがわかり、その後試行錯誤しながら嗜好品代を減らすよう工夫しています。

DSC04759.jpg

日用品費も家計簿をつけていたことにより、無駄な買い物が多いことに気づき、ネットでまとめ買いをするようになりました。
おかげで日用品費は、以前と比べて半分になりました。

また、長男にかかった教育費がわかるおかげで、次男に今後かかる教育費が予測でき、予算を組むことができます。

家計簿はただつければいいというものではなく、自分の消費傾向を把握し、無駄な浪費傾向を戒めるという、自分を評価するための貴重なデータなのです。
家計簿は私にとって、我が家にとって、今後の貴重な道しるべともなってくれます。

なので、家計簿をつけるのがめんどくさいなんて、まったく思いません。
むしろ喜んでつけている感じかも。
PCの家計簿ソフトだと、数字を入力するだけで、あとは面倒な集計はすべて自動でやってくれるのも、家計簿が長く続いている秘訣なのかもしれません。

とある調査によると、家計簿をつけている人といない人では、貯蓄額に大きな開きがあるといいます。
私が家計簿を本気でつけだしたのは、4~5年前からですが、もし結婚当初からきっちりしっかりつけていたならば、きっと今頃はウハウハするくらいお金が貯まっていたかもしれないなぁ。(妄想)
しかし、今からでも遅くはありません。
貯蓄額に差をつけるため、今後も我が家の家計の動向をしっかり把握していきたいです。

というわけけで、今後も末永く家計簿はつけていきたいと思う2015年の始まりでした。

次回からは、お正月予算として、食費とは別に項目を分けたほうがストレスフリーにるかも・・・。
なんてことも、家計簿をつけていて思ったことでもありました。

コメント

もっち

こんにちは!
我が家も年末年始はお財布ユルユルになってしまうので、
冬のボーナスからいくらか予算をとっていますよー(*´ω`*)
そこからカニやビールを買ったら、罪悪感0でした♪
確実に出て行く分は、予算とっておくとストレスなく過ごせますよね。
来年はぜひー!

えりあママ

そらはなさんは何でもきっちりできて凄いと思ってるのに、お姉さんも凄い方なのね~。
私も浪費したいです。お買いものするのが大好き、オヤツに目がないですもん。
うちも1月はストレス溜まりました。今月は何をやるのも面倒で、お惣菜買って赤字になって、自己嫌悪です。

そらはな

Re: もっちさんへ
わあー!
罪悪感0な買い物って理想的♪
そうなんですよねー。
出所は年末調整からなのですが、家計簿上の記入をいつもの主食や副食費に含めてしまったので、めちゃくちゃ罪悪感が生れました。
来年は、お正月費として分けてつけるようにします。

そらはな

Re: えりあママさんへ
うん、うん。
浪費というか、なんにも考えずに欲しいものを好きなだけ買ってみたい。
でも、そんなことしたら、きっとやめるタイミングをなくしそうです。
おやつも、たまに買うから幸せを感じられるのかもしれないですねぇ。
今月は赤字でも、1年間で帳尻を合わせられたらよしとする・・・そんなゆるゆるでいきたいです。

ドリームママ

はじめまして。
いつもとても感心して、参考にさせていただいています。

我が家も、大学生2名かかえて毎回うなづいたり、目からうろこだったり・・・

私も家計簿をつけてみましたが、なかなか思うようにできず、挫けそうです。

パソコンで管理しやすいものなど教えていただけたら嬉しいです。

そらはな

Re: ドリームママさんへ
はじめまして♪
いやいや、大学生2人をかかえるドリームママさんのお宅のほうが参考になります。
大学生2人だなんて、さぞかしお金が飛んでいくのでしょうね・・・(^_^;)

私が使っている家計簿は、「家計簿ひかる」というものですが、かなり前に出たもので、しかもかなり細かいので、あまりお勧めできません(汗)
私は何年もかかかって自分なりにカスタマイズしたのと、しかも当時有料でダウンロードしたので、今さら他の家計簿ソフトを使う気はないのですが・・・。

「家計簿ソフト 無料」で検索するとたくさん出てきますので、中身を確認して自分が一番使いやすいのを選ぶことが一番ですよね。
話題の「マネーフォワード」というソフトも気になっていますが・・・。

非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。