FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れない 痛くない 歩きやすい 旅行用の靴選び

ぜったい絶対っ! ウォーキングシューズ!と決めております。
数年前に旅行したとき、当時流行っていたデューク更家さんがおすすめしていたウォーキングシューズを履いていったのですが、3日間歩き通しでもまったく足が痛くならなかった!

DSC02164.jpg
【ヨネックス パワークッション カジュアルスニーカータイプ】

今回はこちらを購入いたしました。
デューク更家さんのシューズはかなりくたびれてしまったし、なんだか最近小指が痛い。私の足がデカくなったのか?(←むくんでいるともいう)

というわけでヨネックスパワークッションは3.5Eの幅広タイプです。

【旅行用靴選びの私のこだわり】
①靴底が平らで厚いもの
靴底はクッション性があり、地面の衝撃を吸収してくれるもの。
普段、車生活をしている私は、日常的に歩くことに慣れていません。
都内の電車を乗り継いで、一日何万歩も歩くということは、考えただけでも足の負担になるのはわかっています。

②素材はやわらかいもの
一日歩くと夕方には確実に足はむくみます。
多少むくんでも、素材がやわらかいと締め付け感がやわらぎます。

③つま先と踵の高低差が少ないもの
歩いていると、どうしても体重が前方にかかってしまうので、指が痛くなります。
よって、できるだけ前に体重がかからないよう高低差の少ないものがいい。


・・・・っていうか・・・
この歳で5日間都会を歩くってこと自体に無理があると思うのですが・・・しかたがない。
甥っ子の結婚式に職場の旅行と続くのだから・・・。

【ヨネックスパワークッション】
何度も靴屋さんに出向いていろんな靴を履きました。
でも、ウォーキングシューズと謳っているものって、どうしてあんなにおばさんくさいんでしょ。
そりゃ、私もおばさんと呼ばれる年齢かもしれないけど、どうしてもどうしても一般的なウォーキングシューズには抵抗があります。

嗚呼・・・。しかたがない。
見た目がおばさんくさくても、足の疲れと痛さと歩きやすさで比較したら、背に腹はかえられません。

というときに、ヨネックスパワークッション カジュアルタイプを見つけました。 

しかも私の好きなネイビーはこの春発売された新色。

DSC02167.jpg
靴底が厚くて平ら!
パワークッションの反発性は、着地の衝撃性を反発力に変えて、次の一歩をサポートしてくれる。
歩くと自動的に足が前に出るってことかしら?

もちろんつま先と踵の高低差も少ないので、これなら指も痛くならないだろうし。

DSC02165.jpg
靴の中が波打ってます。
地面の衝撃を吸収し、膝や踵や足首にかかる負担を軽減してくれる。
履き心地はある程度硬さのあるやわらかさ?でとっても履きやすいし、軽い!
衝撃吸収してくれるっていうのが納得。

靴ひもが白と紺色の2色が入っていたので、今回は紺色の靴ひもをしめていきます。

DSC02168.jpg
ジーンズにも合わせやすい♪

この靴で、5日間歩き通せるかしら?こうご期待!

もちろん結婚式用にヒールのパンプスは持参して、結婚式場で着替える予定。
パンプスで電車に乗るなんて私にとっては地獄ですからね。

コメント

すーぱーとかち

靴って大事ですよね。このスニーカーはきやすそうでかわいいです。今は、次男を追いかけないといけないのではきやすいクロックスばかりはいてますが、落ち着いたらかわいいスニーカーを買いたいです。

そらはな

Re:すーぱーとかちさんへ
クロックスで充分ですよ~。
私も普段はサンダル履きですが、旅行となると別ですよね。
車にばかり乗っていて、歩くってことがないので、旅行時の靴は多少高くてもしっかりしたものを買います。
でも、5日も都会で暮らせるかしら・・・(-_-;)
非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。