FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローゼットを雑然とさせるもの 「まだ着られる」ではなく「今 着たい」か

クローゼットの中を片付けました。
ごちゃごちゃしてくると、洋服をしまうのもテキトーになり、結果ますますごちゃごちゃするという悪循環。

DSC02191.jpg

洋服は、「まだ着られる」から「今、着たい」へシフトしていかなければなりませんね。
【ファッションの過渡期】
50代は、ファッションの傾向が大きく変化する過渡期なんだそうです。

私の場合は、長男や次男が高校生だったころまでは、毎週のようにサッカーグランドへ出向いていたので、基本ジーンズ。

午前中仕事をして、午後から試合を観にいくということもよくありましたので、シャカシャカパンツにベンチコートという出で立ちで出勤することも多々ありました。

長男も次男も家を出て、もうサッカーグランドへ行くことはなくなりました。
高校生の長女は吹奏楽部なので、演奏会やコンクールの時は、優雅に室内でゆっくり演奏を聴くというスタイル。
めっちゃ、身体が楽になりました。
スカートを履くことも多くなりました。

50代は、たしかに体系も変化してくるし(デブとも言う)、以前とは洋服の好みも変わってきますが、私は子どもに合わせてファッションも変化してくるんだなぁ・・・と実感しています。

もしも3人目の子どもが男の子でサッカーをしていたら、やっぱり私は今でもサッカー応援スタイルでいただろうなぁ・・・と思うのです。

【洋服の断捨離】
春になって暖かくなると、洋服の断捨離をしたくなるのですよねー。
秋田もようやく桜が満開となり、洗濯物もよく乾くようになりました。

1年前にも洋服の断捨離をしているので、そんなに捨てるものもないかな・・・、と思っていましたが、なんのなんの!ゴミ袋1袋分を捨てました。

DSC02192_20160426200727d7d.jpg

子どもの成長とともに、自分の生活様式が変化したのも大きい。

「この服、まだ着られるかも」なんて思って、またクローゼットの中に入れてしまっても、結局1度も着ることもなく、1年が過ぎるのです。
「まだ着られる」という判断基準ではなく、「今年も着るか?」という問いかけをしながら、断捨離しました。

【雑然とさせるもの】
洋服をかけるハンガーが不揃いだと、見た目が雑然としていてスッキリしません。

DSC02196.jpg

針金ハンガーや木のハンガーは捨てました。
木のハンガーって厚みがあるので、狭いクローゼットの中では邪魔になるんですよね。

DSC02200.jpg

とりあえず、クリーニング屋さんでもらった黒のプラスチックのハンガーだけにしました。

ハンガーもおまけでもらうよりも、自分で気に入ったちょっと高価なハンガーでそろえたほうが、使い勝手も見た目もはるかにいいんですよねぇ。



ドイツ製のすべらないハンガーなんて、場所もとらずにシンプルでおしゃれ。

でも、その前に洋服をもう少し減らしてシンプルにしたい。
好みのハンガーはそれからでもいいかなぁ。

【クローゼットの整理】
クローゼットの中が片付くと、次に洋服をしまう時も意識してきれいに収納するようになります。
肝心なのは、果たしてこれをどれくらい維持できるかってこと。

だけどひとつだけ言えるのは、モノは多いよりも少ないほうが断然キレイさが保てます。

「まだ着れる」ではなく「今、着るか」という判断で、少しずつシンプルな暮らしへ移行していきたいものです。

それにしても、スカートを履くようになったら、ジーンズがなかなか履けなくなってしまいました。
太ももやお腹が窮屈に感じるんですよね、ジーンズ。←太ったとも言う

ガウチョパンツも、すごく楽ちん♪←太ったとも言う

コメント

ちかちか

そらはなさん、こんばんは。いつも偉いなぁと思いながら読んでいます。私は服の整理はさっぱりできず、婚礼ダンスの中身はン十年前の服がズラリ。まだ着れるのもあるけどタイトなスカートはもはや入りません。先日自分の大学入学式に来たスーツとブレザー三十ン年前のです、二十年前の子供達の服を処分しました。えーっと思われてしまいますね。。いろいろ思い出のある服でしたが、義母がタンス2棹に残した服の片付けをまだ終わらせられないグズグズなので(いい服ばかりで捨てられないのです。開けては閉めてで、どうしたらいいんだか…)自分の服で子供に恨まれないよう、同時進行で少しずつ納得しながら処分しています。本当に今着たい服だけにしなくちゃだめですね。。ときめく物だけ残すとこんまりさんが言ってたけど、とにかくがんばります。。

えりあママ

私も服の断捨離をしたところです。わーい一緒だ~~。
着なかった服(痩せたら着るつもりだった服)を袋にまとめました。
そんなにあるわけないと思ってたけど袋1杯になりました。
最近はオシャレよりも着やすさ重視にシフトチェンジしてます。
見た目より、楽さが大事。。。着実におばちゃん道を歩んでます。
今年は残った服の枚数を書きだしてみました。
着る服の数を把握して、着なかった物があれば捨てて、足りない物は買おうかなと。
やってみないと解らないけど新しい挑戦をしてみます。

そらはな

Re: ちかちかさんへ
わかります~。
私も若いころ着ていたジャケットとスカート、しばらく持ってました。
タイトなスカートなんてもう絶対にはかないのに・・・。
昨年、やっと捨てました。
捨てても、なにひとつ困ったことはありませんでした。
うちの実家もモノであふれていますよー。
自分のモノは捨てられても、親のモノは捨てられないですからねぇ。
親は「(自分たちが)死んだら全部捨ててくれ」って言うけど、だったら今捨てたら・・・?って思ってしまいます(^-^;
私も、自分の子どもたちには迷惑をかけないよう、モノを整理していかなければ・・・。

そらはな

Re: えりあママさんへ
洋服断捨離バンザイ!
えりあママさん、よくぞ洋服の枚数全部数えましたねー!
実は私も紺色系が大好き。
だからネイビー系統の洋服が多いですよー。
服の枚数を全部数えると、何が必要で何が不要かよーくわかりますね。
私ももう少し整理しないといけないなぁ・・・。
非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。