FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れたパソコンの処分 無料で回収してもらうのは今回で2回目

いまやゴミを捨てるのもお金を払う時代。
パソコンなどは、ゴミ袋に入れて簡単に出せないので、ついついめんどうでそのまま家の中のどこかに眠ってしまうことが多いものです。

DSC02106.jpg

昨年壊れてしまったPCを、春の訪れとともにようやく処分しました。
壊れたPCを無料で回収してもらうのは、今回で2回目となります。
【パソコンの処分】
壊れた、または使わなくなったPCの処分のしかたは、いくつかあります。

1.パソコンのメーカーに回収してもらう

「資源有効利用促進法」の施行により、各メーカーが自主回収及び再資源化するよう義務付けられました。
PCリサイクルマークのあるPCは、無料で回収・再資源化してくれます。
リサイクルマークのないものは、有料となります。

2.PCリサイクル専門ショップに回収してもらう

PCの回収、破棄、リサイクルを無料でしてくれる業者があります。
着払い伝票で送るので、無料でPCの処分ができます。

3.地元の民間業者に頼む

廃品回収業者などですが、当然有料です。

【PCリサイクル専門ショップ2回目】
今回、PCを回収してもらったのは、パソコン処分.com

パソコンのデータをすべて消去してくれ、修理、クリーニングなどを経て、中古PCなどの原料や素材としてリサイクルしてくれます。
数年前にテレビで紹介されているのをみて、PCを処分する決断をしました。

この時は、我が家で初めて買ったPCがずーっと埃にまみれて眠っていたのですが、どうやって捨てていいかわからず何年も保管していたのですよね。

家庭用で使っていたPCなので、たいしたデータも入っていないのですが、それでもやっぱりデータの流出で悪用されたらいやだなぁ・・・という気持ちはあったので、PCは初期化(工場出荷時の状態)して回収してもらいました。

あれから何年も経っていますが、特に個人情報が洩れて困ったということはなかったので、きちんとPCがリサイクルされたと信じています。

今回も、もちろんPCは初期化してから送りました。

【PCリサイクル専門ショップに依頼した理由】
なんとなく、メーカーに回収してもらったほうが安心感はありますが、メーカーに回収を依頼するのがけっこうめんどうなのです。

SONYの場合だと、回収申し込みをネットでしてから3~6日程度で「エコゆうパック伝票」が自宅に届き、梱包したPCに伝票を貼り付けて、近くの郵便局へ持ち込む・・・・というのが流れのようです。

パソコンを処分したい!と、思い立ったその日に回収してもらえないのが、なんだか歯痒い・・・。

その点、パソコン処分.comでは、自分で思い立った日にコンビニに持ち込んで、クロネコヤマトの着払い伝票に記入して、コンビニにパソコンを置いてくるだけ。
郵便局の窓口は、日中しか対応してくれませんが、コンビニなら24時間いつでもOKですからね。

DSC02109.jpg

パソコンを買い替えたときの箱に入れて、着払いで送ってきました。
ついでに、大昔に使っていたガラケー2台も一緒に処分してもらいました。

パソコンファームでは、不要となったパソコンを入れた段ボールの空きスペースに、家電製品などどんなに詰め込んでも一緒に処分してくれるようで、こういうのを利用して断捨離するのもいいなぁ・・・と思いました。

ゴミを捨てるのも、上手に情報収集して賢く生活していかなければなりませんね。

コメント

なお

パソコンファーム、我が家もお世話になりました。やはりテレビで観て「これだ!」とすぐに送りました。処分に困っていたパソコンが数年に渡って埃にまみれて眠っていました(笑)
ありがたいですよね〜、ホントに。
気がかりな事が少しずつ断捨離出来ると、心もスッキリです。

そらはな

Re: なおさんへ
無料で回収します・・・と言われると、それって騙されているんじゃないか?と疑ってしまうのですが、テレビでしっかりきっちり処理されているのを観て、私も安心しました。
捨てたいけれどどうやって捨てたらいいかわからない・・・で、家の中に置きっぱなしになっているものって、けっこうありますよね。
めんどくさがらずにその都度処分していけばいいんですよね。
断捨離は、モノだけではなく心も本当にスッキリしますね(#^^#)
非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。