FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽部にかかる費用 クラリネットってお金がかかるやないかーい!

「リガチャー!リガチャー!」
と、高校で吹奏楽部に入っている娘が騒ぎ出したのが1か月ほど前。

DSC01613_201602112101026eb.jpg

あ?
りが・・・?

クラリネットの備品らしいことはわかりましたが、私にはなんのことやらさっぱりわからないので、吹奏楽部の顧問の先生に相談するように伝えました。

そのリガチャーがようやく届きました。
【吹奏楽部】
高校に入ったら、吹奏楽はやらないと言っていた娘が、入学した直後に入部を決めてきました。

ま・・・、別に反対はいたしません。
娘が自分で決めたことですもの。

春先の定期演奏会に、吹奏楽地区大会、全県大会。
その合間に、野球部の応援に、文化祭での演奏。
さらには地域のイベントでの演奏などなど。

1か月の間にほとんど休みもなく活動する吹奏楽部って、本当に忙しそうです。

半年が経ったころ、勉強が思うようにできないことで、部活を辞めようかどうしようか悩んでいた娘も、結局今でも部活は続けています。

「部活、辞めようかなぁ・・・」
娘がそう言ったときも、反対はしませんでした。
自分でよく考えて、結論を出すようにとだけ伝えました。

娘の人生ですもん。
自分で決めないとね・・・。

DSC01612.jpg

「疲れたーーーー!」
以前、娘が学校から帰ってくるなりぼやいていたので、励ます意味でいろいろハッパをかけました。

「そんなのわかってるよ!疲れたって言ったら、ただ黙って聞いてほしいだけなんだよ」
娘にそう言われて、はっとしました。

授業に課題に部活に学校行事。
時間に駆り立てられるようにして、今の高校生は本当によくやっていると思います。

その道を選んだのも娘自身。
だから自分で自分のことはよくわかっている。

だけど、家では愚痴や弱音を吐きたくなるよね。
そこに叱咤激励したら、娘にとっては逃げ場がなくなるわけで・・・。

以来、娘がいろいろ愚痴を言うたびに
「そうか、そうか」と黙って聞いています。

【リガチャー】
親の務めは、経済的バックアップ。

子どもが学ぶこと、学びたいことに関しては、可能な限り応援したいと考えているので、お金をねん出するべく、無駄を省けるところは省きたい。
だから私は節約生活をしているわけです。

にしても・・・!

リガチャー 8,650円の請求!!

DSC01611_20160211210059fc5.jpg

なんなの!?なんなの?
クラリネットって、リード以外にも備品がかかるものなの?

リガチャーとは、リードをマウスピースに固定するための締め具のこと。
マウスピースを均等に押さえつけ、音の振動をうまくコントロールするための大切なもの。

昨年末からリガチャーが不具合ながらも、だましだまし使ってきたそうですが、とうとう壊れてしまったそうで、このたび購入したというわけです。

「リガチャーが新品になったら、すごい音がいい感じなんだよ~♪」
と、喜ぶ娘。

そうか、そうか。
リガチャーね・・・。

吹奏楽無知な母も、またひとつ勉強になりました。

【吹奏楽部にかかる費用】
高校1年で、吹奏楽にかかる費用は、5万円くらいかなぁ・・・と予想していましたが、最後にリガチャーの登場で、まさかの6万円超え。

吹奏楽費用201602

毎月、部活にかかる積立費用として4,000円の予算を組んでいましたが、娘が高校2年生になってからは、月5,000円の積み立てをしていこうと「リガチャー決意」しました。

高校3年間、部活引退するまで、リガチャーが壊れないことを祈ります。


しかし!!
リガチャーも、下は3,000円代から上は15,000円以上するものまで、ほんとピンキリ。

楽器屋さんからいくつかリガチャーを持ってきてもらい、試し吹きをして、一番音がきれいに出せたリガチャーを選んだそうですが、
高校生にとって9,000円くらいのリガチャーは妥当な線なのかな。

こんな金具、型にはめて大量生産できそうなものなのにな・・・。←楽器無知なので許して


ああ、いかん、いかん。
「そうか、そうか」と、黙って話を聞いて、黙ってお金を出すのが親の務めです。

でも、せめてここでで叫ばせて。
ピンクゴールドのリガチャー定価9,612円だって!!

高い~!!

コメント

くらら

いつも楽しく読ませていただいてます(^ν^)中高大クラリネット経験者です。

吹奏楽、特にクラリネットってお金かかりますよね!お金をかければきりがないし、木管楽器は金管楽器より消耗品が多いので大変かもしれません(笑)
リガチャーは3万円くらいのものもあるので、1万円ですんでよかったね……!!って思いながら記事を読んでました(^ω^)笑

お嬢さん部活頑張ってくださいね♩

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

そらはな

Re: くららさんへ
こんにちは♪
クラリネット大先輩からコメントいただいて、大変うれしいです(#^^#)
クラリネットって、消耗品がかかること知りませんでした。
そもそも娘がクラリネットをやるきっかけは、小学生で初めて吹奏楽部に入ったとき、いろいろな楽器を吹いてみて、一番よく音が出たのがクラリネットだった・・・というわけですが、あの時、木管楽器って消耗品がかかるということを知っていれば、金管楽器に転向させたのになぁ・・・・(←うそです)。

娘が楽しそうに吹奏楽をやっているので、応援してあげたいです。
リガチャー3万円というのもあるんですか!!!
9,000円くらいのリガチャーでよかったわぁー。
非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。