FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車購入 浮いたガソリン代で次の買い替えのための車積立を始めます

ようやく新車が我が家にやってきました。
今まで乗っていた車よりも一回り小さくなりましたので、ガソリン代は半分になる見積もりです。

DSC00308.jpg

わーい。
浮いたガソリン代で何をしよう・・・なーんて、浮かれている場合ではありません。

10年先の車の購入のために、積立を始めたいと思います。
【車購入代金】
車は絶対現金一括払いをします。
車のローンほど無駄な支払はないと思っていますから。

「ディーラーでローンを組むと特別金利が適応されます」なんていうチラシを見ましたが、通常7%の金利が4%になるというもの。
例えば200万円の車を買ったとして、金利7%で60回払いにすると、利息だけで約38万円ものお金を支払うことになります。
金利4%になったとしても、利息は20万円超

もったいなくてローンは組めません。
今回の新車購入も、現金一括払いをしました。

【ガソリン代】
今まで乗っていた車は、8人乗りのワンボックスカー。
子どもたちが小さいころは、海だ、山だ、キャンプだ、スキーだと大活躍してくれた車で、とても愛着がありました。

しかし、今年で12年目となる愛車も、来年になれば自動車税や重量税が値上がりしてしまいます。
というわけで、今回新車購入のきっかけとなりました。

新しい車は、一回り小さい車なので、燃費は以前よりもだいぶ良くなると思われます。
今まで、ガソリン代は月に1万円、長男や次男が中高生のころは、サッカーの遠征でずいぶん遠出したので、ガソリン代は月に2万円を超えることも多々ありました。

しかし、今後はガソリン代は5,000円もかからないと思われます。
ならば、浮いた5,000円はどうしましょう。

もちろんこれは、最初からないものと思い、そのまま積立に回したいと思います。

DSC09224.jpg

【投資信託積立】
ただし、ふつうに銀行に積立したところで、普通預金の金利0.03%の時代。
ほとんど増えません。

ならば、最初からないものと思うお金ですから、投資信託積立をしたいと思っています。
仮に、毎月5,000円を投資して、3%で運用できたとしたら・・・。
普通預金の利息の100倍になるわけですよね。←単純思考です

今までガソリン代として1万円の予算を組んでいたのですから、この半分を投資に回しても家計のバランスはとれると思ってます。

【車を買ったら】
納車の日、ディーラーで現金一括払いをしてきました。
ネットバンクとゆうちょの定額を解約して、支払いました。

営業マンの方が、現金を数えているのをみながら、私は10年後に車を買い換えるには、今からいったいいくらお金を貯めていけばいいのか、考えていました。

10年先なんて、どうなっているかわからない。
病気で寝たきりになっているかもしれないし、生きているかもわからない。
だからといって、10年先を考えないようにするのでは、自分で自分の首をしめているのと同じです。

限られたお金の中でやりくりするには、先を見通せる力も必要なんだと思っています。
そして10年後には、仕事はしていない可能性が大であり、さらに収入は不安定になっていますもんね。

それでもこの田舎で生活していくには、車は必要不可欠。
だから、毎月地道に5,000円ずつの積立でも、やらないよりはやったほうがずーっといい。

毎月5,000円でおいしいものを食べるよりも、10年先のどうなっているかわからない方に、やっぱり私は投資したい。
だから、今日も明日もこれからも、無駄を省いて節約はずーっと続くのだなぁ・・・。

コメント

非公開コメント

そらはな

2010年春、夫が転職し収入は大幅ダウン。
2012年4月から大学生となった息子に仕送りをするため、貯蓄はほとんどできない家計となりました。
高校生の次男に中学生の長女、今後家計はさらなる厳しさになるでしょう。
教育費の捻出に老後の生活資金・・・節約生活で貯蓄のできる家計をめざします。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

自己紹介

名前:そらはな
1965年生まれ・女性
秋田県在住
夫と3人の子どもの5人家族でしたが、この春、長男が大学を卒業し社会人となりました。
よって我が家は、4人家族となりました。
残る2人の子どもたちは、まだ大学生の次男に高校生の長女。
3人の子どもを奨学金を借りずに社会に送り出すことが目標なので、我が家の節約生活はこれからもずーっと続くのです。
しかし、自分の残りの人生も楽しく快適に過ごしたい。
メリハリある家計管理をしつつ、人生楽しんだもん勝ち!という気持ちで、常に好奇心旺盛でいたいと思っています。
自分の備忘録として、そしていつか子どもに伝えたい家計管理として、ブログに記しています。

⇒そらはな詳細 プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。