がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png





-- -- | 

年金確保支援法 就職退職をした人は要チェック 申し出をして気づいたこと

平成24年に年金制度が改正されたのをご存知ですか?

「年金確保支援法」
未払いの国民年金保険料をさかのぼって納められるのは過去2年分まででしたが、これが過去10年分まで納められるようになったというもの。

DSC08227.jpg

ま、私には関係ないけどねー。
これまでちゃんと年金保険料は納めてきてるしねー。

なーんて思っていたら、まさかのその渦中にまきこまれておりました。







19 2015 | 2 comments 

40歳から介護サービスが受けられる 月に必要となる金額は?

介護サービスを受けるなんて、まだまだ先のお話だと思っていました。
でも私、介護保険の第2号被保険者なのですよね。

6be596645037dfe6a3e73a89519f5c12_s.jpg


保険料は毎月支払っているのに、60歳とか65歳にならないと公的な介護サービスは受けられないものだとばかり思っていました。
今さらながら、ちょっとだけ介護保険の勉強をしておきます。






01 2015 | 4 comments 

年金を増やすワザ 追加納付で得する人

私が20歳になったとき、国民年金納付は義務ではありませんでした。
よって私の両親は、まだ学生であった私の国民年金保険料を納めることなく、私は22歳で就職して初めて厚生年金保険料を納めました。

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s.jpg

さて、国民年金保険料は40年間きっちり納めて初めて、満額の年金をもらえることになります。
ということは、私がもらえる年金は満額よりもちょっと少ないのです。






06 2015 | 4 comments 

年金は老後生活を保障するものではない

ねんきん定期便が届くようになったのは、今から5年前。
2009年から郵送で個人通知がくるようになりました。

DSC06988.jpg

このねんきん定期便は、年金受給者になるまで毎年自分の誕生月に送られてくるそうですが、さらにはネットでいつでも最新の年金情報を知ることができるねんきんネットサービス。

先日、このネットサービスを利用してみたのですが、確信しました。
年金って、老後の生活を保障するものではないのですね。






24 2014 | 2 comments 

親の年金をあてにする子どもたち・・・

高齢の母親が、怪我をして入院していましたが、無事に退院できる運びとなりました。
しかし、痴呆もすすんでいるため、仕事をしている家族は日中つきっきりで看ることができません。

3f532ac3718e64ba61bd3f9f3e6e518d_s.jpg

そこで病院側は、介護施設を紹介しました。
しかし、結局その母親は介護施設に入りませんでした。

理由は、お金です。






19 2014 | 8 comments 

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。