がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

年賀状の保管と処分の仕方 マイルールを作る

友人が、亡くなった親御さんの遺品を整理したら、過去何十年分という大量の年賀状が出てきて、処分に大変苦労したという話を聞きました。

DSC08785.jpg

連絡手段がメールやLINEというデジタルな時代になり、年賀状の枚数もずいぶん減りました。
それでも毎年たまっていく年賀状。

保管と処分のしかたについて、マイルールを作りました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【年賀状の保管】
みなさん、どのくらい年賀状を保管しておいているものでしょう。

そもそも年賀状は、1873年(明治時代)の郵便はがきの発行とともに、年始のあいさつを簡潔に安価に書き送れるということで広まっていったそうですが、今の形であるお年玉付き年賀はがきが発行されたのは、今から66年ほど前。
長い歴史があるんですね。

それにしても、年賀状のお年玉って切手シートしか当たったことがなく、高額なテレビとか豪華賞品が当たった人っているのかなー。
今年の1等は、より多くの方が当選するように、10万本に1本当たるという「1万円」が1等賞品でしたね。
それでもやっぱり当たりませんでしたが。

いや、そもそも年賀状自体のやりとり枚数はここ数年で極端に減ってきています。
10万枚の年賀状をもらわなければ、1万円も当たらないってことか・・・。

携帯スマホの普及で、いつでもどこでも簡単に連絡がとれるようになった今、年賀状をやりとりせずともメールやLINEで済んでしまいます。
それが味気ないという方もいますが、逆に年に1度の年賀状だけのつきあいならば、もうやめちゃってもいいんじゃないかなーなんて思ったりもしています。

それでも昔お世話になった方や、親戚関係には年賀状1枚であいさつが済んでしまうのだから、これはこれで便利だと思うのですが・・・。

さて、話がそれましたが、年賀状の保管はどうしてますか?
古い年賀状はいつまで保管していますか?

【年賀状の処分を後押ししてくれるもの】
棚の奥につっこんでいた年賀状の束を取り出してみると、一番古いもので2005年のものでした。

DSC08786.jpg

11年前のものから保管していたことになります。

転勤族だったこともあり、モノはある程度経ったら処分してきたつもりなので、年賀状の整理もきっと11年前にしていたんでしょうね。
ということは、11年間一度も年賀状の整理をしていなかった・・・ということでもあります。

他人様からいただいた年賀状を整理処分するには、どうしても気が引けてしまいます。
しかし、これらの過去の年賀状を見る機会ってこれまであった?

せいぜい12月の年賀状を作る時期になって、昨年いただいた年賀状の住所などを確認する程度ではないか?
だったら保管もせいぜい2年分でいいのではないか?

風水的には、古い年賀状や手紙には人の思いが染みついているものなので、若さを吸い取り運気を下げると言われているんだとか。
!!!
そうだったのかー。
だから若さがどんどん失われていっていたのかー!

え?ちがう?
単純に自分が歳とっていってるだけですよね。
そもそも風水なんてふだん信じていませんし。

でも、「風水的に」なんていう後押しがあれば、年賀状の処分も気持ち的にぐっと楽になります。
私はまだまだ若くありたい。
運気を吸い取られたらたまったもんじゃない!

年賀状は過去2年分を残して処分しました。(決断早っ!)

【人間関係の資料として保管】
以前千葉に住んでいたころ、一緒に働いていた先輩には大変お世話になったので、引っ越し後もずーっと年賀状のやりとりはしていました。

数年前のある日、彼女のご主人から突然電話がかかってきました。

彼女が亡くなったこと。
遺品を整理していて、年賀状でやりとりのあった方に、今こうやって連絡をしているとのこと。

とてもとてもショックでした。
彼女の旦那様にはお会いしたことがなかったのですが、電話口でおいおい泣いてしまいました。

大量の古い年賀状を残された家族は、処分に困るかもしれませんが、直近の1~2年分の年賀状ならば、故人がおつきあいしていた人間関係がわかる資料となります。
あまりにも古い年賀状で、現在はつきあいのない方もいます。
やはり残された家族のためにも、あまり古い年賀状を保管しておくのはよくないなぁと思いました。

同時に、年賀状は人間関係を知る上での手段となりますから、2年分の年賀状で十分だとも思いました。

【年賀状の処分のしかた】
古い年賀状とはいえ、個人情報が満載です。
顔写真から住所、名前、電話番号、メールアドレスまで。

近年はとかく個人情報保護に敏感になりがちですが、自分はもちろん相手の個人情報もダダ漏れさせてしまっては申し訳ありません。

DSC08788.jpg

処分する年賀状は、ガムテープでぐるぐる巻きにして、さらに紙袋に入れて燃えるゴミ袋へ入れました。
本当はシュレッターにかければ万全なんでしょうけど、そこまで手が回りません。
というか、自宅にシュレッターなんてないし・・・。

郵便局によっては、古い年賀状を回収してくれるところもあるそうなので、お近くの郵便局に問い合わせをしてみるっていう方法もあります。

さてさて、年賀状の保管と処分のマイルールですが

1.年賀状の保管は過去2年分のみ
2.毎年処分する時期は春分の日まで(←これも風水的な意見)
3.処分するさいは個人情報保護に気を配る


え?春分の日どころか、もうすぐ夏至じゃん?

いいんです。処分しようと思い立った時が、片づけ時なんです。(これもマイルールに追加)





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

08 2015 | 2 comments 

-2 Comments

なお says..."処分方法"
とても良いなぁ〜と思いました。
我が家には、家庭用シュレッダーがありますが、やはり枚数的に対応不可です…
早速取り掛かってみようと思います。

私も先日、長く会ってないけれど、ずっと年賀状のやり取りだけはしていた同級生が亡くなりました。
きっと年賀状を見て、ご主人がFAXを流してくれたんだと思いますが、とても切ない気持ちでいっぱいです。
50になったばかりですが、身辺整理は大切ですね。
2015.06.08 16:51 | URL | #3qKVsDjE [edit]
そらはな says..."Re: なおさんへ"
こんにちは♪
家庭用シュレッターあるんですかー。
でも、枚数的にやるのは大変ですもんね。

同級生が亡くなるのは、なんとも哀しいです。
同じ時代を生きてきたのに、まだまだ楽しいことがたくさんあるだろうに、遺された家族の思いとか考えると、ほんとうに辛い。
でも、自分だっていつどうなるかわかりませんものね。
少しずつ、家族に迷惑をかけないよう私も身辺整理やっていきたいです。
・・・って、こうやっている人こそ、ものすごく長生きだったりするんですよねー。
2015.06.09 13:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。