がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

投資信託積立 100万円の行方は定期ではなく老後を選んだ

投資信託積立を始めて半年以上が経過しました。
まだ1年未満ですから初心者マークです。

DSC08774.jpg

わからないなりにも投資信託積立を始めて、少しだけわかったこと。
そして100万円の預け先は、定期預金ではなく投資信託積立にしたこと。
1年前の私とは確実にちがう今の自分がいます。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【投資信託積立】
投資なんて、お金が有り余っている人がやるもんでしょ。
私には関係ないわ~・・・と思っていた数年前の私。

節約を意識するようになり、お金のこともいろいろ勉強するようになりました。
とはいえ、ふだんは仕事をしているわけですから、お金の勉強といっても非情にマイペース的にやっています。
そんな中で、投資の中でも「積立」というものがあることを知りました。

それまでの私の投資のイメージは、毎日株価をチェックし大きく儲けることを目的にするもの。しかしハイリスクという影がいつもつきまとうもの。よくわからないままやっていると大やけどをする博打のようなもの。
なーんて思っていました。

投資信託積立は、毎月少額ながらも一定額をこつこつ積み立てるもの。
そうなんです。今まで私がやってきた貯蓄と同じなんですよね。
貯蓄は、預け先が銀行。
投資信託積立は、預け先が株や債券など。

ただし、銀行へ預けたお金は元本保証はされますが、株や債券は運用によって大きくお金が増やせる反面、元本保証などなにもない。ハイリスク、ハイリターンっていうやつです。

低金利時代の今、黙って貯蓄していてもお金は増えません。
投資信託積立は、多くの人から少しずつ集めたお金を、お金のプロ(証券会社など)が様々な商品に分散投資するもの。
私は毎月少額ながらも一定額をお金のプロの方に運用を託しているのです。

毎月積立感覚でお金を運用してもらっている。
半年間投資信託積立をしてきた私なりの理解です。

【初心者の投資信託積立】
投資信託積立をいざ始めようと思っても、証券会社の投資信託積立の商品があまりにもありすぎて、いったい何をどう選べばいいのかわからなくなります。

私が選んだ投資信託積立は
・外国債券インデックスファンド
・毎月1万円の積立投資
・分配金再投資のもの
・購入時手数料が無料のもの(ノーロード)
ですが、理由は上手に解説できないので、これから投資信託積立を考えている方は、ご自分でよーく調べてくださいね。
投資はあくまでも自己責任ですから。

DSC08775.jpg

【投資信託積立をやってみてわかったこと】
最初は、投資した商品がどうなったか気になってちょくちょくHPをチェックしていました。
しかし、投資信託積立はとにかくコツコツ、そして1年や2年での結果を求めるものではないのです。
5年10年と長い期間をかけてお金の成長を見守るものなんですよね。

1年や2年で値下がりしても、5年10年で大きく値上がるかもしれない。
運用期間は自由なのだから、値上がったタイミングで解約すればいいのです。
日本でバブルが崩壊し、世界でリーマンショックが起きたとき、あえて株を買った人もいます。
そして現在、日経平均株価は2万円を超えました。
本当に長い目で運用することが大切なんだなぁ・・・と、主婦な私でも思うわけです。

現在は、月に1度HPをチェックする程度。
それでも、銀行にお金を預けた場合の利息よりも数十倍の運用利益があります。
そして、「まずは投資をやってみた」ことで、これまで自分とは関係ないと思っていた株価や世界の経済状況なども、関心を持つようになったのは事実です。

最初の1歩で、いろいろなことに興味を持ち勉強する機会を持つということは、老後のボケ防止になるかもしれません。

【100万円を新たな投資信託積立へ】
毎月コツコツ貯めてきたお金が100万円を超えました。
イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通預金でも金利上乗せの0.12%なので、しばらくそのままにしていたのですが、とりあえず今年の支出の予算のめどがついたので、定期預金に入れようと思いました。

やっぱり定期のほうが微々たる額ではありますが、金利はいいですもんね。
しかし、このお金はしばらくは使う予定のないお金。
だけど、万が一何かあったらやっぱり使うかもしれない。
などと考えたとき、投資信託積立にして毎月積立てていけばいいのだという発想に至りました。

イオン銀行普通預金から毎月投資信託積立へスライドするので、少しずつ普通預金は減っていくけれど、投資信託積立は増えていく。
けれども、一気に100万円を定期に入れるよりも、普通預金に残っているお金はある・・・という安心感。
そして1年間なにもなければ、来年以降は長男も社会人になっているハズであり、そうなればこのまま投資信託積立は続行継続し、老後の資金にしたいという目論見。

こんな結論です。

思い立ったら吉日。
外国債券に投資しているので、今度は日本の株で投資信託積立を始めました。

子どもの教育資金も大事ですが、そろそろ自分たちの老後も考えていかなければなりません。
収入と支出のバランスがとれるようになったら、今度はお金を増やす力を身に着けていきたいなぁ・・・などと、教育費ピークの今だからこそあれこれ考えている最近なのです。

あくまでも素人目線な私の考えなので、投資に関してはくれぐれも自己責任でお願いします。
って、最後、丸投げな感じですみません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ








sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 投資信託
06 2015 | 1 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。