がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

子離れできない親 子離れのためにできること そして老後

連休中に帰省していた次男が、あわただしく帰っていきました。
中学の友人のところだ、サッカー部の仲間のところだ、高校の友人のところだ・・・と、帰省中も家にはほとんどいなかった次男。
それでも次男の元気な姿をみることができて、安心しました。

DSC08390.jpg

さて、子離れできない親が増えているという話を聞きますが、私の場合は意外とあっさりすんなりしたものです。
もっとも、まだ3番目の娘が家にいるから・・・ということもありますが、子どもはいつかは家を出ていくもの。

娘が家を出たら、嫌でも(←嫌でも?)夫と2人の生活になります。
そうなったら・・・どうしよう?なにしよう?


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【長男が家を出たとき】
3年前、長男が大学生となり家を出ました。
大学は関東地方なので、引っ越しの時は家族みんなで車で行き、3日間でバタバタと引っ越し作業をして、帰ってきました。
秋田と関東の移動は10時間くらいかかったので、帰りは疲れ果て、長男をアパートに残してくるときも
「じゃあね、元気でね!」ってな感じで、ゆっくりと感傷に浸る状況ではありませんでした。

東北道をひたすら北上しながら、長男へメールを送りました。

・今までは、親が全面的に守って応援してきた社会的、生活的、経済的なことを、これからは自分で考え自分で行動し、自分で解決していかなければならないこと。
・一人暮らしをすることで責任を持ってやらなければならないこともたくさんあること。
・しかし、学生なので経済的な自立はまだできないし、社会的にも未熟であること。
・だから、悩んだり困ったりしたときは、いつでも無条件で相談にものるし応援もすること。

こんな感じのメールを長男へ送信したとたん、感極まって涙が出ました。

後部座席では、次男と娘がグーグー寝ていて、隣では夫が運転中。
私の涙は、家族の誰も知りません。

でも、私が泣いたのは後にも先にも、この時だけ。
翌日、長男のいない朝を迎えたとき、最初に思ったことは
「楽だな・・・」でした。←おい

3人の子どもたちを、毎朝起こして朝ごはんを食べさせて学校へ送り出すまでの1時間。
早く準備しなさい、忘れ物はないの?お弁当、ここにあるからね、学校へ出す返事机の上だよ、今日は何時ころ帰る?
3人の子どもたちそれぞれの予定を把握して、常になにかしゃべっている朝は、よく言われる「戦場のよう」ではなく、私の「一人スピーチ独壇場のよう」でありました。

長男一人がいなくなっただけで、こんなに楽になるんだなぁ・・・と、素直に思いました。

【次男が家を出たとき】
次男は東北地方の大学へ進学しました。
長男のときよりは、家から近い距離にあるということもあり、引っ越しも気楽な感じでした。
行こうと思えば車で日帰りできるような距離なので、何かあったらすぐに飛んで行けるということで、安心感もありました。

よって、寂しいとか泣いたというのは、一切無し。←こら

やはり、次男が家を出て最初に迎えた朝に思ったことは
「静かな朝だ・・・」でした。

DSC08387.jpg

【お友達の話】
次男と小中高と同じ学校で仲良しの友達Tくんは、学部はちがいますが次男と同じ大学へ進学しました。
連休中にTくんのママと会ったとき
「(次男の)アパートにどのくらい(の頻度で)行ってる?」と聞かれ
「えーっと、引っ越ししてから1回、自転車を持って行っただけかな」と答えたら、とても驚かれました。

Tくんママは、毎週息子さんのアパートに行っては、掃除洗濯などをしているそうで。
Tくんママのエネルギーとパワーに私もびっくりしましたが、そこにいたTくんがお母さんに向かって
「もうやめてほしいんですけど・・・」と。

うん、わかる。Tくんの気持ちがよくわかります。
もちろんお母さんの心配する気持ちもとてもよくわかります。
初めての一人暮らし、そして自炊。母としてはそりゃあ心配です。

だけど、Tくんの気持ちもとってもよくわかるんです。
高校を卒業し親元を離れての初めての一人暮らし。
うるさい親もいないし、何時まで起きていようと、友達のところへ泊まろうと、何をしようと、誰にも断らずに自由にできる。
自由がこんなに楽しいなんて!!

そう、私が高校を卒業して親元を離れたときの気持ちと同じなんだよね。
たまに親がきてくれるのはいいけれど、毎週毎週こられたら、たまったもんじゃない。
そう思っているんじゃないかな・・・。

だけどTくんママがちょっとだけ寂しそうな顔をしていたので、あわててフォローしました。
「Tくん、お母さんがきてくれてありがたいじゃないの」
Tくんとうちの次男が顔を見合わせて、苦笑いをしました。

嗚呼・・・。
Tくんママのフォローになってない・・・。

【子離れできない親】
以前、臨床心理学の先生とお話する機会があり、子離れできない親のパターンというのを聞いたことがあります。

■子どもの犠牲になる親
子ども第一、子ども優先で、自分の時間、生活を犠牲にしてまで子どものためにやってきた親。

子どもが小さいうちは、手をかけてやらないとなんにもできないので、子ども第一、子ども優先というのはしかたがない。
しかし、子どもの成長とともに子どもにかける時間の比重を少しずつ落としていかなければ、親は子どもから離れられなくなってしまう。

子どもはどんどん成長していって、親の元から離れようとしているのに、親は「今までこんなにあなたのために尽くしたのよ」という気持ちが全面に現れて、ますます離れられなくなる。

「親はいなくとも子は育つ」
そして
「親の心 子知らず」・・・なのかな・・・。

■子どもは自分のものだと思う親
母親のお腹の中で大きくなった赤ちゃんは、生まれた瞬間から親とは別の人格をもった1人の人間となります。

自分の理想通りの子どもに育てたい、自分の果たせなかった夢を子どもに託したい。
そんな想いは、親ならみんな持ってると思いますが、そのうちに現実に気が付く(笑)。

しかし、いつまでたっても現実に気づかず、親の想いを押し付けられた子どもは、シアワセにはなれないような気がします。
自分の子どもであっても、親とはまったくちがう一人の人間。親と同じように感じたり思ったりするわけがないのですよね。

【新しい土地に種を蒔く】
子どもが家を出て遠くに住むようになってわかったことがあります。

見知らぬ土地に子どもが住むということは、なんだか「種を蒔く」という感覚に似ています。
その土地に種を蒔くことで、それまでまったく縁もゆかりもなかった土地に、新たな芽が出る。
その芽が、「ちゃんと育っているかな、水は足りているかな、花は咲いたかな・・・」と気になって、時々その地を訪れるようになる。

自分が蒔いた種によって、その地がまた自分にとっても大切な土地となる。
そんな感情がこみあげてきます。

子どもは家を出て寂しいけれど、見知らぬ土地が自分に縁のある土地になるんです。
なんだかとってもワクワクします。

その縁で、私もそこへ出かけるチャンスが生れます。
劇団四季と出会ったのも、大学生になった長男を訪ねたことがきっかけでした。
このとき蒔いた種は、劇団四季という大きな花を咲かせました。 (えっ?クサい?)

【子離れするためにできること】
私は、元来サバサバした性格だと思っています。
何か悩みがあっても、一晩寝れば忘れる・・・かも。

いや、結局物事なるようにしかならないのだから、あれこれ余計な考えをせずに、その時できる最善のことをやればいいのだ・・・こんな感じで、いつも考えています。

そして、3人の子育てをしながらも、今まで自分の好きなことをやってきました。
仕事をずっと続けてきたこともそうですし、今は劇団四季にハマっちゃって、困ったな・・・。わははは。

子どもに対しては、子どもが自分で考えた好きな道へ進んでくれればいいと思っているし、そのためにはできる限りの必要な援助はしたいと思っています。
この援助というのは、親が代わりにやってあげるということではなく、子どもをサポートするためのもの。

そして、サポートする大部分は「お金」なんですよね。
子どもが社会的に経済的に自立するまでは、親としての責任だと思っています。

もちろん、お金は湯水のようにあるわけでもなく、限られた収入の中で必要なことと無駄なことをしっかりと子どもに伝えた上でのサポートです。
必要最低限、子どもが生活するのに困らないような環境を整えてあげれば、子どもはどんどん一人で成長していくし、子どものほうが早く「親離れ」したがりますもんね。

話しがあちこち飛びましたが、親が子離れするためにできること。
それは、自分の人生を自分のために生きること ・・・なんじゃないかなぁ。

あと3年したら、娘も家を出るでしょう。
夫と2人の生活が始まります。

もっと自由に劇団四季に行くことができる日を夢見て、ワクワクしています。
・・・夫との生活を考えるんじゃー・・・?

【老後のおまけ】
さあ!問題です。

ハナはどこにいるでしょーか?

DSC08377.jpg





正解は・・・・







こっこでーす!
ここです



DSC08378.jpg

老後は、インコブログを始めるかもしれない・・・。
・・・夫との生活を考えるんじゃあないのか・・・・?



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 私のこと
06 2015 | 14 comments 

14 Comments

りんりん says...""
我が家は一人息子なんですが、、、、
実際一人暮らしするまでは寂しかった。でも、居なくなったら楽で楽で、、、この連休で帰ってきたときの感想は、、、元気ならなによりだけど、いろいろと面倒で。。
夫と二人なら献立も楽。結婚した時はガッツリ食べたい主人だったけれど、時がたてば身体は省エネ型になっている。余分なエネルギーはお腹につくわけで、すっかりダイエット食のようなメニュー。二人分なら20分もあればの状態です。お米があまりにも減らないので、息子にもたせました。私のまわりには離れられない母親の方が多かったので、自分の心境にちょっとびっくりです。
2015.05.06 11:35 | URL | #- [edit]
ささ says..."子離れ準備中です"
こんにちは。
只今、子離れ準備中です。
まだ中、小学生の子供達ですが少しずつ、私とは違う考え方をするようになってきた我が子に、一言二言、、被せるように意見を押し付けてしまう事多数な私。
GWは、テューバ合宿で刺激を貰ってきたようですが、今日こそ勉強を!の期待をよそに部活の子達が我が家に押し寄せるようです。。
女子多数の部活故に、聞き耳を立てたいけど、今日は勉強会の会場となるようなので
、イオンのGWスクラッチ最終日!少しだけ席を外そうと思っています。

ママ友の学校情報は、有り難くもあり探り合いと諸々のしがらみが窮屈なので、そらはなさんのブログを参考にブレない自分になりたいです。

部費がかかる部活のせいか、成績と部活を天秤にかけられている子が多いのには驚きです。部活動を無条件に応援したい私は、ママ友いわく子供に甘いらしいです。
2015.05.06 12:04 | URL | #- [edit]
節約パパ says..."いい親ですね。"
そらはなさん
お久しぶりです。

とっても良い親ですね。
私の理想です。

私は自分の趣味も大切にしつつ娘と一緒に出来そうな事は一緒に楽しめればと思っています。
手が離れる頃には思いっきり自分の趣味を堪能できるよう準備する予定なので子離れはできると思ってますがこればっかりはその時になってみないとわかりませんね(笑)
2015.05.06 21:01 | URL | #GCA3nAmE [edit]
みるく says..."ぜんぜんわかんなかった!^^"
ハナちゃん、あんなところにいたなんて(笑)
保護色ですね^^♪
全然今回の趣旨とは関係ないですがお部屋きれいだー*:.。☆..。.(´∀`人)

毎週・・・絶対無理です、私も(笑)体力的に^^;
でもうちの長男、休みの日はほぼ家にいるので社交性がないので
ホントに家を出られるのか心配ではあります^^;

メールを見た長男君もちょっとじーんと来たのではないでしょうか^^

夫と二人の生活かー・・・やっぱり私も嵐のファンクラブに入ろうっと(笑)
2015.05.06 22:34 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: りんりんさんへ"
りんりんさんは、息子さんが家を出る前までは、とてもとても寂しがっていましたよね(^^)たしか・・・。
それが、いなくなっても案外大丈夫なもんですよね。
私も体が楽で楽で・・・。
これって、歳をとって衰えてきた体力に合わせて、子どもが一人立ちしていってくれてるんですよね。
私も、ついつい次男がいたころと同じように晩ごはんを作っちゃって、余ってしまうことも多々あり・・・。
もうちょっと買い物のしかたを考えなくては・・・。

人間って、環境に慣れるもんだし、ちゃんと適応して生きていける・・・って思いました。
2015.05.06 23:32 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ささ さんへ"
チューバ合宿、お疲れ様です(*^_^*)
子どもたちが、部活仲間と楽しくやっているのをみるのは、親としてもうれしいですね。
うちの娘もゴールデンウィークは一日中部活でした。

私も、さささんと同意見ですよ。
部活にお金がかかるのはしかたがないこと。それを承知で入れたのだから、その後あれこれ言ってもしかたないですよね。
子どもが決めて入ったからには、応援してあげなくては。
とか言いつつ、娘から「オーボエ用のリードケース買って」と言われ、「いくらするの?」とついつい聞いてしまうあたり・・・、まだまだ未熟な親であります。
2015.05.06 23:39 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 節約パパさんへ"
いやいや、節約パパさんのように家庭の中のことも全面的にやってくれるダンナ様がうらやましい。
節約パパさんは器用なので、お子さんの手が離れたら、家一軒は簡単に建ててしまいそう・・・。
2015.05.06 23:44 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
ぷちお久でございます~。
ハナちゃん可愛い~、私も飼ってみたいです。
でもわんことの共存が出来るのだろうか・・・それが心配です。

ブログのタイトル、私の事か!と思いました。
子離れの先輩のお話、身に染みました。
T君ママ、私の近い将来を暗示しているかのようです。

いやいや、子離れしなくっちゃね。

2015.05.07 10:45 | URL | #- [edit]
やじまっぷ says..."子離れしそびれ~"
こんにちは
そらちゃん、はなちゃん、暖かくなって元気いっぱいでしょうか?我が家のセキセイインコの「そら」も、毎日、何度もゲージの中から、出せアピールを繰り返しては、部屋中、元気に飛び回っています。
長女は、地元の学校の大6生、長男は、この春から、予備校通いで、子離れしそびれてしまった私です。
来年、上手くいけば、二人いっぺんに、関東方面へ手離すことになります。(富山在中)そらはなさんのように、言葉がけをして離せるように、今年は、家族みんなで、頑張りたいと思います。
いつも、楽しいブログをありがとうございます。
とても参考になります。
2015.05.07 13:39 | URL | #- [edit]
ありかママ says...""
ハナちゃんを探せ!面白かったです(^^) 家の中にインコのいる世界もいいですよね(^^) うんうん

子離れ そらはなさんは自分が人暮らし経験者なんですね
私は 一人暮らししたことないの
多分 怖くて出来ないと思う^_^;

子離れなかなか出来ないと言ってる私ですが 実際は忙しくて 感傷に浸ってる暇なしです(^^;;
2015.05.07 21:09 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
なぜかハナはソファーのあの場所がお気に入りなのです。
たしかに保護色となってるから落ち着くんでしょうかね・・・?

嵐のファンクラブ!いいじゃないですかー!\(^o^)/
私の友達も嵐ファンはたくさんいますよ~。
で、嵐はちょくちょくテレビでもみることができるからいいですよねー。
劇団四季は、その舞台に足を運ばないと観れないんですよねぇ。
これはこれで、自分にとっては希少価値なので、観たときはテンション上がりますけどね。

でも、足腰が弱って遠出できなくなったら、そのときは自宅でできる趣味をみつけないとなぁ・・・。
2015.05.07 23:09 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
おかえりなさいませ~。そしてお疲れ様でした。

私もねー、猫が好きなんですよ。
長男が猫アレルギーだったので飼えなかったのですが、長男が家を出た今、猫飼いたいなぁ・・・って思うこともあります。
でも、やっぱり鳥との共存は難しいかもしれませんね。
よく動画では、インコと猫が仲良くしているのを見るんですけどね・・・。あれは稀なケースなのかな・・・?

えりあママさんは、大好きな岡田くんもいますし、自分の好きなことをやっているので、子離れできているのではないですか?
一緒に住んでいたら、それはそれで心配であれこれ手を出してしまうのは、あたりまえかも・・・。

私は息子たちの姿が視界に入ってこないので・・・、「楽だなー」なんて考えてしまうのですよねー。
たまーに気づいて、あわててLINE入れたりしてます(^_^;)
2015.05.07 23:15 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: やじまっぷさんへ"
そうそう、インコの「出してアピール」されると、かわいくって出したくなっちゃいますよね♪
ソラも今では、びっくりするくらい元気になり、そろそろ老鳥かと思っていましたが、まだまだ吐き戻し全開です(^_^;)

娘さんは、関東地方で就職ってことなんですか?
そして息子さんは晴れて大学生となるんですね。
富山から関東へどんどん遊びに行けちゃいますね♪

北陸地方って一度も行ったことがないので、私にとっては未知のあこがれの土地です。
いつか行ける時があればいいなぁ・・・。
2015.05.07 23:23 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
ハナを見つけてくださいましたか?(*^_^*)

ありかママさん、一人暮らしをしたことがないってことは・・・ずーっと地元暮らしってことですよね?
一人暮らし、いろいろ不安なこともありますが、なにより自由なので、私はとっても楽しかったです。

そうそう、忙しくしているくらいが、子どもとの距離もとれていいと思います。
私は今月中に、次男のところへ扇風機を届けにいってまいります。
車で行ける距離だと、こうやって運送屋のようになってしまうもんですね・・・(-_-;)
長男のときは、すべて送っていたのになぁ・・・。
2015.05.07 23:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。