がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

部活は入らないって言ってたのに・・・高校生 部活費用で予算組み直し

おかしいな・・・。
「高校では吹奏楽部は絶対に入らない」って言っていたのに、フタを開けてみれば入部していた娘。

DSC08135.jpg

高校での部活費用は予算に含めていませんでしたので、教育費として再度予算を組みなおさなければなりません。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【部活賛成派な理由】
私は部活は大賛成です。
長男も次男も高校ではサッカー部に入っていました。
部活をやって勉強もして、最初は体がついていかず、朝死んだような目で学校へ行っていた息子たちの姿を今でも思い出します。
勉強と部活をやるのは大変だったと思いますが、卒業式の日に校門で一緒に喜びあっていたのは、やっぱり部活仲間。
そんな長男と次男をみてきたので、部活っていいなぁ・・・と思うのです。

同じ目標に向かって練習してきた仲間とは、時にはぶつかり合い、時には思いやり、多くの時間を共有するからこそ生まれる連帯感。
試合に勝ったときは肩を抱き合って喜びあい、負けたときはお互い無言で涙する。
そんな、生涯忘れられない思い出を持って、高校を卒業していきます。
やっぱり部活のつながりってとっても強いし、とってもいい!

そんな部活大賛成の私。
実は、高校時代は部活には入っておらず帰宅部でした。

中学では「バレーボール部に入りたい」と言ったら、母から
「あんたみたいなチビは無理。あんな厳しい練習についていけるわけがない」と頭ごなしに反対され泣く泣くあきらめ、演劇部に入りました。

高校に入って「演劇部に入りたい」と言ったら、母から
「あんたは将来役者になるのか?演劇部に入ってどうするの!」と、これまた大反対され、結局入りたい部活を見つけられないまま帰宅部へ。

高校時代、何をしましたか?と聞かれたら、私には答えることができません。
ただ学校と家との往復。しかし、時間があるからといって勉強を一生懸命がんばったわけでもない。
淡々と過ごした高校生活の思い出は、寂しいかな・・・なんにもないのです。

私って、母にはさからえない子どもだったなぁ。
母がダメといったものには、強引に自分の意見を押し通すってことができなかったなぁ。

自分の子どものころのことがリンクするので、ことさらわが子には自分の好きなことをやってほしい、どんなときでも全面的に応援するから・・・そんな気持ちが強いのでしょうね。
もちろん部活も大賛成、いやむしろ絶対に入ってほしいのです。

【高校の部活にかかる費用】
「吹奏楽はぜーったいやらない」と言っていた娘が、どんな心境の変化があったのか、入学式の翌日には「吹奏楽部に入る」と言ってきました。
もちろん私は大賛成。娘が音楽が好きなことも楽器を演奏することも大好きなのはよくわかってますから。
これであなたは、高校生活で生涯大切な仲間と思い出を得ることができるのね・・・と、ちょっぴりうらやましく思ったり。

そういうことなら、教育費の予算も修正しなければなりません。
先月は、部活に入らないという前提で予算を組んでしまったので。

次男がサッカー部で3年間にかかった費用は、約25万円。
部費や遠征費のほかに、ユニフォームや練習着、スパイクなどなどかかりました。
その他、練習試合や大会では昼食や飲み物など細々とした出費もあります。
毎月1万円を部活費用として積み立てていました。

⇒高校サッカー部でかかったお金 25万円で得たものはなんだろう

さて、娘の吹奏楽部の部費は年間18,000円。
中学の吹奏楽部の部費が年間24,000円でしたから、以外と少ない。
公立高校は、文化後援会がしっかりしていて補助があるので助かります。
それでも数年前と比べて、後援会の予算もだいぶ減らされてきていると聞きました。

吹奏楽部は、サッカー部のようにユニフォームやスパイク代はかかりません。基本制服でいいのですから。
定期演奏会でおそろいのTシャツをそろえると言っていましたが、それも2~3,000円くらいでしょうか。
全県大会などバスで移動するような場合も、後援会の補助でまかなうようなことを言っておりました。

ということで、娘の部活予算は毎月5,000円を積み立てることに決定しました。

【まさかの楽器替え】
DSC08134.jpg

小学校からずっとクラリネットをやってきた娘。
高校生になったのでリードケースを買いました。
今までリードはプラスチックのケースに入れていたのですが、木製のしゃれたリード入れで、ちょっとだけ背伸びをしたい模様。
「高校でもクラリネットをがんばるよ!」と意気込む娘。

しかし、ここでまさかの展開が!
部活で新1年生たちが楽器決めをしたさいに、娘はオーボエをやることになったそうで。

「お母さん!お母さん!オーボエやるんだよ!すごいよ!まさかオーボエふけるなんて夢みたい!」
大喜びする娘。

オーボエ・・・?
どんな楽器だっけ?
どんな音色だっけ?
もしや、蛇使いのような音色のやつ?

吹奏楽に無知な母でごめんなさい。

そして、入学早々に買ったクラリネットのリードやリードケースはいったいどうするんだい?
「大丈夫!オーボエふけるようになるまでは、クラリネットも練習するから、リードも使うよ」と娘。

そーか。
そーなのか?
リードは決して無駄にはならないんだよね?娘よ。

毎日学校から帰ってきては、楽しそうに部活の話をする娘を、これから3年間全面的に応援していきます。
もちろん無駄のない節約生活は続行です。




sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 高校生
18 2015 | 14 comments 

-14 Comments

からし says...""
そらはなさんおはようございます。

まさかまさかの展開ですね 笑

からし家の子も、中学はバスケ部で「バスケはしない」
と宣言されてましたが、部活体験は全てバスケに行き、
このまま入部しそうです。
バスケットシューズ処分しなくてよかったです。

子供達の高校生活でいっぱい素敵な思い出ができるといいですね♪


2015.04.18 08:08 | URL | #- [edit]
花喃 says..."頑張れ高校生!^^"
楽しそうでなによりです^^
私も小学校時代合唱部で「中学校では絶対入らない!」と言ったのに
入学式から帰った直後に「絶対入る!」と言って母に「は!?」と言われたのを思い出しましたw
まあ合唱部でかかる費用なんてたかがしれてますから特に反対はされませんでしたが^^
ああ、そういえば娘も中学時代「テニスかっこいい!」と道具を一式揃えてはじめたのに
2年に上がる前美術の先生に誘われて「美術部の立ち上げに参加したい」って
急に鞍替えしたこともありました。
そのときは「ラケットを買ってくれたりしたババといっぱい応援してくれた父や叔父さんにきちんと事情を説明して謝って、美術部でも頑張ることを伝えなさい」と言いました。
何でも頑張って挑戦してくれるのは嬉しいけど
何をするにもお金がついてまわりますからね~。
あの時は本当にどうしようかと思いましたが、その後とても楽しそうに通っていたので結果としては良かったですけどね。
なんにせよ、卒業したときに「楽しかった!良い学校生活だった!」と思ってくれれば
親としては嬉しいですよね^^
オーボエ・・・いいな~。私も器楽部入ってみたかったな~。
2015.04.18 08:51 | URL | #vs0BYC/E [edit]
ミックス says..."部活賛成派です!"
そらはなさん、こんにちは♪

お嬢さん、部活スタートして良かったですね!
家のムスメが中学の時に吹奏~に入ってました。
熱心な指導をされる先生と仲間と部活に明け暮れていました。

高校では・・・部活のレベルが思っていたのとは違っていたみたいで
帰宅部(死語?)になると言ってましたが、
音楽とは離れられず、自分の体が楽器のコーラス部へ♪


私自身は体力系なのでテニス部でした。
その時代に体験したものはお金に変えられない貴重なものだったと
子供を育ててる今になって感じてます。

お嬢さんも3年間が素晴らしい部活生活になると良いですね♪
そらはなさんのお子さんを育てるパワーもホント凄いです!
2015.04.18 10:15 | URL | #- [edit]
丘の上の住人 says..."私も吹奏楽部でした"
はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いています。
私も高校と大学でホルンをしていました☆

木管楽器って、金管楽器と違ってリード代がかかるので大変ですよね。
良い音色のリードが欠けてしまったら、また箱買いして探さないといけなかったり・・・。大会前に欠けてしまった時なんか大騒ぎでした。懐かしいです(笑)

オーボエはクラリネットよりも繊細な楽器で部品数も倍ほどあり、リードも結構なお値段だったと思うのですが・・・。リード代を部費から出してもらえるのであれば5000円でいけると思います(^^;)
2015.04.18 12:32 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: からしさんへ"
こんにちは♪
からしさんのお子さんはバスケ部入部で決まりかな?
からしさんのお子さんも、たくさんのよい思い出ができますように。
2015.04.18 16:00 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 花喃さんへ"
わぁ~!
美術部立ち上げなんてかっこいいですね。美術部第一期生になったんですよね。
子どもがなんの部活に入ろうと、親はそれを応援したいものです。
そのとき一生懸命考えて出した答えならば、後悔しないはずです。
吹奏楽も、みんなでひとつの音楽を奏でてすばらしいハーモニーが作り出せたら、心の一致感はハンパないでしょうね。
ああ、私も学生時代に戻りたい~!
2015.04.18 16:06 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ミックスさんへ"
えええっ!
帰宅部って死語ですかー?
・・・と、変なところに食いついてすみません(^_^;)

コーラス部は、自分の声が全てですね。これもみんなの呼吸を合わせないとならないですから、完成したときの喜びは想像以上でしょうね。
ミックスさんはテニス部でしたか。
岡ひろみ派ですか?
お蝶夫人派ですか?

えっ?これも古い?
2015.04.18 16:11 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 丘の上の住人さんへ"
はじめまして♪

ホルンは金管楽器ですね。かっこいいです♪
娘が小中と吹奏楽をやって、金管・木管・打楽器と分類されることがわかりました。
はははは、低レベルなお話ですみません。

オーボエのリードってやっぱり高いのですね。なんだか見るからに高そうだなぁーとは思っていました。
リード代・・・どうなんだろう?
でも、自分でくわえて吹くものだから、やっぱり自分で購入じゃないかと、うすうすは感じています。
様子をみながら、部活費用を検討しなければなりませんね。
2015.04.18 16:16 | URL | #- [edit]
mari says..."顧問をしています"
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています(^^)
高校で吹奏楽部の顧問をしている者です。
そこそこの人数がいる学校でないとオーボエパートは必要ないので、いいですね♪うらやましいです!
お嬢さんはクラリネットを吹いてらしたとのことなので、慣れるのも早いのではないでしょうか♪
でも確かにオーボエのリードは高いです。そしてすぐ割れます(>_<)
「なんでうちの子だけそんなに高い楽器!学校の費用で買ってくださいよ!」と仰る保護者も多い中、そらはなさんのように理解してくださる保護者の方の存在は本当に助かります。
よい仲間と素敵な思い出ができるといいですね。
またお嬢さんの部活記事のせてください(^_^)/
2015.04.18 16:32 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
吹奏楽部、いいですね~^^
新しい楽器との出会い、仲間との出会い、高校生活を満喫してもらいたいですね。
その為には大蔵省としての予算編成が大事ですものね。
我が家も新しい予算を組んでる最中です。
難しいけど達成できると嬉しくなりますよね。
2015.04.18 22:12 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: mariさんへ"
はじめまして♪
吹奏楽部顧問の先生からのお話、参考になります。
小編成ではオーボエが必要ないこと・・・・、たしかにそうですよね。
人数が多くなればなるほど、いろいろな楽器の音色が加わるからこそ迫力のあるサウンドが楽しめるんですね。
そして、オーボエのリードがすぐ割れること・・・(T_T)
そうか・・・そうなのですね。
みるからに細そうなリード。練習をすればするほど消耗しますよねぇ・・・。
オーボエリード積立も考えようかしら・・・(^_^;)
2015.04.19 09:23 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
娘をみていると、私も吹奏楽をやってみたくなります。
・・・って、クラリネットの音すら出せないんですけど・・・(T_T)
楽器の編成で音色が変わるように、家庭の予算編成で家計が健全化するかどうかおおいに影響しますよね。
アタマ使います~。
子どものころに勉強したことって、こういう思考を鍛えるための訓練だったんじゃないかなぁ・・・なんて最近思ったりしています(^_^;)
2015.04.19 09:34 | URL | #- [edit]
きかんしゃトーマス says..."ホルン"
いつも楽しく拝見しております。
ホルンは、実は木管楽器なのですよ。
見た目は金管なのにね…。
2015.04.19 20:46 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: きかんしゃトーマスさんへ"
こんにちは♪

えええっ!ホルンって木管なのですか!!!
もうこうなれば、どこで区別しているのかよくわかりません。
吹奏楽って奥が深いのですね・・・。
2015.04.19 22:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。