がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

就学支援金判断基準 高校授業料無償化を喜ぶべきか嘆くべきか

就学支援金というのですね。
先日、娘の高校のオリエンテーションに参加して、初めて知りました。

DSC07965.jpg

長男も次男も、高校授業料無償化の恩恵は受けてきました。
ありがたいことに、年間118,800円の授業料がかかりませんでした。

しかし、昨年度(平成26年4月)から所得制限が設けられました。
この春高校入学するうちの娘は、どうなるんでしょう?


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【高校就学支援金制度】
長男が高校2年生になったとき(2010年4月)、高校の授業料無償化制度が始まりました。
1年生のときは、年間118,800円の授業料がかかっていましたが、それが無償となりました。

そして2014年4月からは、高校等就学支援金新制度となり所得制限が設けられるようになりました。

支援金と聞くと、申請して国からお金の補助が出る・・・ような感じがありますが、これは直接お金がもらえるものではありません。

生徒とその保護者は、入学式当日に学校へ申請書を提出します。
学校は、申請書を都道府県へ提出。
条件がクリアされれば、国から各都道府県に交付された費用を、学校へ就学支援金として支給します。
学校側は、その支援金を授業料に充てるので、私たちが直接その支援金を目にすることはないのですよね。

【支援金判断基準】
当初、「世帯収入910万円以上の世帯には、支援金が支給されない」と聞いていました。
世帯年収910万円以上の世帯は、年間118,800円の授業料がかかるというわけです。

先日、高校のオリエンテーションで説明を受け、就学支援金が受けられるか否かの判断基準は、世帯年収ではなく市町村民税所得割額だということが判明。

収入により税金の額も決められるのだから、どっちにしろ同じでしょ?と思ったら、そうではありません。
市町村民税(住民税)は、前年度の所得金額に応じて課税されますが、控除されるものがあります。

扶養親族が何人いるか、医療費控除や生命保険料控除なども該当するのですよね。

世帯年収が910万円以上の家庭では、市町村民税所得割額が30万4,200円以上に該当する・・・というモデルケースで算出しているので、この場合は就学支援金の対象とはならないわけですが、それぞれの家庭の事情などにより税金を控除するので、市町村民税所得割額が30万円以下になる世帯も多々あると思います。

我が家の場合は、夫の所得から3人の子どもの扶養控除や生命保険料控除などが該当。
私の所得からは、医療費控除や生命保険料控除などが該当。

よって、市町村民税所得割額は30万4,200円未満となり、めでたく娘の高校授業料無償化が決定したのです。
まぁ、無償化を喜ぶべきか、我が家の世帯年収がそれを超えないことを嘆くべきかは・・・・

ビミョー・・・。

【支援金申請のしかた】
たいていは高校のオリエンテーションで「認定申請書」が渡されます。
これらに氏名、住所等必要事項を記入します。

そして、市町村民税所得割額を証明するものとして
前年度の「市町村民税特別徴収税額通知書」のコピーを添付します。
毎年6月ころに、勤務先から配布される細長い用紙です。

で、これが細長くA4サイズの用紙に収まらないサイズなので、私は縮小コピーをしました。
縮小してもいいよね・・・?
ちゃんと、市町村民税所得割額が明記されていればいいよね?(やや不安)

しかし、この申請手続きで市町村民税所得割額を理解するまで、しばし時間を要しました。

長男や次男が、無条件に授業料無償化だったことが、なんてすばらしかったことか!あらためてわかりました。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 高校生
22 2015 | 8 comments 

-8 Comments

タートル says...""
知らなかったです、無条件に公立高校の授業料は無償なんだと思ってました。オリエンテーションでインフォメーションがなければ、聞き逃しちゃいそうな私…。。我が小学生の娘たちが高校生になるのは、まだ先ですが(笑)、よ〜〜く制度のことを親もリサーチする必要があるのですね。勉強になります!!

次男さんのお引越しは済みましたか?
我が家も週末は断捨離大会、晴れて机が入り、自分の城スペースを3人に持たすことができました。あとは、新しい相棒の自転車納車を待つばかりです(笑)。

2015.03.23 08:18 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
おはようございます
うちの子は息子が高3の時だけ無償の制度が始まったので、とっても羨ましかったですよ。
その上私立高校でしたから、無償分を引かれても3万以上の学費を払ってました。

そらはなさんのお嬢さん、ありがたく受けちゃっていいですよね。

というか、世帯年収が910万もある人っホントにいるのって思ってました。
我が家は次女と旦那の年収を合わせても全然届きません!!
世間では910万って普通の世帯年収なのかな??それはそれで物凄く羨ましい、いやショックです。うちってやっぱり少ないんかと。




2015.03.23 08:56 | URL | #- [edit]
花喃 says...""
これは私も悩みました~^^;
というか結局理解出来ずに旦那さんに丸投げしてみたのですが
旦那さんも理解できず二人で頭抱えることに・・・
結局何度も何度も読み返してうちも対象だと気がついて入学式直前にあわてて書類書いて用意して~・・・って、入学よりもこっちの書類の方が面倒でドキドキでした^^;
もっとわかりやすくしてよ!って感じですよね。

追記
年収はそんなにあるわけありませんが
条件を理解するのに時間がかかったんですよ。
ほんと、日本語で書いて欲しい・・・(ワタシニハムズカシイデスヨ~w)
2015.03.23 11:15 | URL | #vs0BYC/E [edit]
バリバリ高野 says...""
勉強不足ですいません。
これって大阪は完全に無料なんですよね?
地域によって差があるってことでしょうか?
なんか不公平感がありますよね

それにしてもどうしてお役所書類って
あんなに理解しにくいんでしょうね

2015.03.23 22:14 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: タートルさんへ"
無条件に無償っていうのはありがたかったですねぇ。
だってややこしい手続き関係がいっさいなかったですもん。
所得とか税金も、自分の世帯がどのくらいなのか把握していないとだめだなぁ・・・と、今回つくづく思いました。

タートルさんのお子さんたち、大喜びでしょうね(*^_^*)
だってやっぱり勉強机って自分だけの城ですから、うれしいですよね~。

次男の引っ越しは今月末です。
まだまだやるべきことがたくさんあって(@_@;)、仕事休みたいくらいです(^_^;)
2015.03.24 07:52 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
公立高校は授業料が無償化でも、諸経費に1万円くらいは払ってましたから、やっぱり私立って高いんですね~(@_@;)

世帯年収910万円の壁・・・。
国の想定によれば、無償化の対象になる世帯は3/4だそうです。
税金の控除などを考えたら、年収1,000万円以上の世帯が4人に1人はいるってことになりますよね(゜o゜)
田舎じゃ4人に1人っていうのは考えられないけど、東京のセレブな地域ならば4人に3人くらいは1,000万円以上なんじゃないかと・・・。

よそはよそ、うちはうちなんですけどね。
うん、そう思うしかないですね~(^_^;)
2015.03.24 08:07 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 花喃さんへ"
ほんとに、手続き関係が多くて、丸投げしたくなります(-_-;)
しかもこういう制度って時代とともに変わりますから、ついていけないですねぇ。
自分で情報をキャッチしなければ、損をしてしまいますから、アンテナは常に高くしておかなければなりませんね。

あ・・・。
大学の入試から入学手続き関係の書類が、もっともっとムズカシイです(@_@;)
2015.03.24 08:12 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: バリバリ高野さんへ"
はじめまして♪

大阪って、独自に支援金をやってるんですか?
そういえば、橋本市長がなんか言ってましたもんね。
情報不足ですみません。

自治体のサービスって、地域によって全然ちがいますよね。
子育てしやすい地域と、そうでない地域があるのは確かです。

日本全国統一してほしいものです・・・。
2015.03.24 08:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。