がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

大学生の自炊応援 残された期間はあと半月

これまでほとんど料理なんてしたことのない次男へ、自炊特訓期間として、晩ごはんを一緒に作るようにしています。

DSC07909.jpg

初日は、麻婆豆腐。
ほら、アレです。
市販のタレにお豆腐を入れて作るだけの半レトルト食品を使っています。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【初めての自炊】
大学生で一人暮らしを始める子どもの、一番心配なことは食事。
だって、これまでほとんど料理をしたことのない次男。
たしか小学生のころは、一人でインスタントラーメンくらいは作っていましたが、中学生、高校生になるにつれて、部活と勉強が忙しくなり、自分で料理を作るなんてことはしなくなりました。

私も特に教えてきませんでした。
部活、塾、勉強・・・、とてもじゃないけど、料理なんて教える時間がいったいいつあるでしょう。

とにかく志望する大学へ合格するまでは、子どもの食生活、健康管理は私が引きうけたっ!ってことで、やってきたのですよね。

なので合格したとたん、我が子へ自炊のあれこれを教える期間はあまりにも短い。
短いのですが、それでもできることは極力やって、なんとかかんとか自炊できるように、家から送り出さなければなりません。

【一緒にキッチンに立つ】
まずは実践する。これに尽きます。
出来る限り、一緒に晩ごはんを作るようにします。

そして、料理をまったくやったことがない次男が、スタート地点で嫌にならないように、「料理は簡単なんだよ~」ということを刷り込みます。

今は、半レトルト食品がたくさんあります。
卵を混ぜるだけ、とか、キャベツを切って入れるだけ・・・とか、ちょっとだけ自分で切ったり混ぜたりすることで、自炊感をかもしだしつつ、味付けは出来上がっているものに全面的に依存する・・・というような、便利な商品がたくさんあるではないですか。

【豆腐の切り方もわからない】
次男作、初日の晩ごはんは麻婆豆腐にしました。
マーボと言ったら、丸美屋~♪っていうやつ。

でも、ちょっとだけ手を加えます。
生姜とにんにくとネギをみじん切り(私)。

フライパンで炒める(次男)

豚ひき肉投入し炒める(次男)

麻婆豆腐の素を投入(次男)

煮ている間に豆腐を切る(次男)

しかし、次男に「豆腐を切って」・・・と言ったら、切り方がわからない。
「さいの目切」にしてと言っても、「さいの目ってなんだ?」

麻婆豆腐なんていつも食べているんだから、どういう形で入っているか当然わかっていると思っていましたが、そうではないのですね。
全てが初めて、作るのと食べるのではまったくちがうのですよね。

それでもなんとか豆腐を切って、ライパンに入れ、あとは丸美屋さんの総力が結集されたお味のおかげで、次男初の麻婆豆腐はとてもおいしく出来上がりました。

DSC07908.jpg
次男が麻婆豆腐を作っている間、私は中華クラゲの和え物と、かきたま汁を作りました。

「料理って簡単なんだな」と、得意気に話す次男。
そうそう、それでいいのです。
料理=めんどくさいという図式が出来上がらないよう、簡単にできるものから教えていかなくては。

次男と一緒にキッチンに立つことで、料理の合間にお皿を洗って効率よく片づけていく術や、排水溝の掃除の仕方などなど・・・、料理だけではない、いろんなことを教えていくことができます。

あと半月。
次男がこの家を出るまでに、私はどれくらいいろんなことを教えることができるかな。

必要最低限のことは教えて、あとは学食頼み・・・ってことになりそうですが・・・・。



実写版 我が家の食費と晩ごはん
⇒1週間の晩ごはん~3月9日 トマトソースはしっかり煮詰めるべし





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
12 2015 | 8 comments 

-8 Comments

えりあママ says...""
ああ、そうですね。
住むところも大事だけど、なにはともあれ食べることが一番大事だものね。
生きる基本ですもんね。 そらはなさん、ホントに忙しいですね。
うちの子、たぶん何にも出来ません。もし勤務地が遠方だったら・・・怖いです。
今からうちも指導しておかなくてはいけませんね。


2015.03.12 23:04 | URL | #- [edit]
ありかママ says...""
そらはなさんの次男君もいよいよ独り暮らしですね
うちの次男も後半月です

一緒にお料理 微笑ましいです(^^)

我が家の次男は お料理は心配ないんです カレーとか私より美味しく出来るし レシピがあれば他の料理も殆ど作れます。
生活能力もかなりあると思う。
小学生の時から好きだったんですよね
家のお手伝いは なんでも出来ます
長男はひどかったな〜
やっぱり教えたんだけどね
これも 向き不向きが有る様です(^^;;

後 半月 私も色々教えるけど
「なめとんのか?」
と 言われます もう私の出番はなさそうです それも寂しいわ
2015.03.12 23:19 | URL | #- [edit]
はな says...""
そらはなさん、素晴らしいお母さんです。私は息子がいないから想像するのが難しいけど、お料理やキッチンの片付けまで教えつつ息子さんのやる気を損なわないようにしている所はさすがだと思います!
٩(*❛▽❛)۶・゚:✩ *:゚
全ては次男さんの新生活を案じての親心かと思いますが、そらはなさんの息子さんならきっと徐々にしっかりと独り暮らしをされて行く事でしょう♪
応援してます♡...*゜
そうそう、ESSE買いました!そらはなさん、横顔可愛い~、そしてお若いわ~
(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡
2015.03.13 12:04 | URL | #A4wcLwfI [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
いつかは、みんな自分で経験しながら、なんとか生きていけるようになるんでしょうけどね。
誰だって最初ははじめてなのですからねぇ。
でも、長男がしっかりしていたのでほとんど心配なく家から送り出せたのに、次男ときたらほんと世間知らずで、本当に不安になります。
その不安を掻き消すために、今、私が必死に教えているのかもしれません。
2015.03.13 23:44 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
うわー。
ありかママさんの次男さんは、すばらしい。
どのように育てたら、そのような生活能力が身につくんでしょう。
やっぱり、その子の持って生まれた個性ですかねぇ。
同じように育てたつもりでも、兄弟姉妹で全然ちがいますもんね。

ありかママさんは寂しいでしょうけど、次男さんは安心して送り出すことができますね。
あと半月、次男さんとの生活楽しんでくださいね。
2015.03.13 23:51 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: はなさんへ"
子どもたちがある程度大きくなったので、いまさらこんなことをやっておけばよかった、こんなことを教えておけばよかった・・・ってことがたくさんあります。(なので今になってあせってやっている)
はなさんは、娘さんにこれからたくさんたくさんいろんなことを教えてあげることができますね。
子どもが小さかったころは、早く大きくなってーと思っていましたが、今は大きくなって巣立って行く子どもたちをみて、ちょっとだけ寂しかったりします。

ESSE、買われたのですね。
横顔で失礼いたしました(^_^;)
2015.03.14 00:01 | URL | #- [edit]
みるく says..."娘さん、高校合格おめでとうございます!"
そらはなさん、私この記事見てなんかじわっと涙が出てくるんですけどー(ノω・、)
完全に自分にシンクロさせて見てしまいます。
あと少しだからあれもこれも・・・ってすごくわかりすぎます、ダメだ泣きそう・゚・(ノ∀`;)・゚・

自炊を料理は簡単なんだってすり込み、笑をするお母さん。さすがです^^
ちゃんと素直について料理をする次男君もイイ♪

うちの長男は大丈夫大丈夫ー♪とか言ってやらなそうだな(笑)

娘さんも高校合格!おめでとうございます^^

あ!さっきESSE買って来ましたよー^^
ブログの姿見で少し映ってたそらはなさんとまた感じが変わって素敵でした☆
こんなに女子力あるのに家計力もある女性がお母さんなんて羨ましい^^
ますますファンになっちゃいました( *´艸`)
2015.03.14 22:00 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
ありがとうございます(*^_^*)

みるくさんの息子さんは、お母さん思いのしっかり者ですから、生活能力は高いですよね。
将来はしっかりお母さんのこと助けてくれそうです。
うちは、まだまだこれから鍛えなければならないことがたくさんあります。
子どもたちがこれから生きる世の中が、ずーっと平和であってほしいのですが・・・。
なーんて、子どもに料理を教える話から、なんだか世界平和にまで思いをはせてしまった・・・。
2015.03.15 10:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。