がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

親の老化に気づいたら 絶対にやってはいけないことを意識する

新年早々、ちょっと嫌なことがありました。
実家の母が、自分の物忘れを私のせいにしたこと。
それに対して、私が母を否定して怒ってしまったこと。

e5f3ab4acb0211255d56d588619d8579_s.jpg

アラフィフ世代は、教育費貧乏に耐えるとともに、親の老化についても真剣に向き合っていかなければならない時期なのですね。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【親の物忘れ】
2015年1月1日正午、実家の母が血相を変えてやってきました。

実家の両親とは二世帯住宅なのですが、生活は完全に別々にしています。
二世帯といっても、お互いの家の一部を廊下でつないでいるだけなので、家計も食事も日常の暮らしもまったく別にしています。

その日、姉夫婦一家がやってくるということで、私は朝からキッチンに立ち大忙し。
お正月は、私が一手に料理を作り、それを実家でみんなそろっていただくという形が出来上がって、もう何年になるかなぁ。
昔は、母がお正月料理を作って私はちょこちょこお手伝いをするだけだったのですが、母も80歳を過ぎ体力的にも気力的にも衰え始めました。
そんなわけで、今では私がすべてお正月料理を作っています。

DSC07126.jpg

キッチンに血相を変えてやってきた母は
「姉さんたちが急に来たんだけど!アンタ、何にも言ってなかったでしょ!」と言うのです。

「はっ?1日にお姉さんたち来るよって、言ったじゃん。」

「そんなの聞いてない。アンタが言い忘れたんでしょ。」と母。

「あのさー、年末にも伝えたし、長男が帰ってきて焼肉食べに行ったときも、1日はお姉さんたちくるよ・・・って言ったよね」

私がいくら説明しても、母はもうパニック状態なのです。そして
「急に来るから、なんの準備もしていない、いったいどうするんだ」の一点張り。

毎年、お正月は私がすべて料理を準備してるでしょ。お母さんはなんにもしなくて大丈夫なんだよ。ほら、もうすぐ料理が出来上がるから大丈夫だよ。
と、私が説明すると
「来ること知らなかった。今日来るって知ってたら、昨日のうちにいろいろ買い物に行って準備できたのに」
「だいたい、心構えってもんがあるでしょ。急に来たらびっくりするよ」
「ああー、急に来てなんにも用意していない、いったいどうしたらいいの」
とあたふたする母。

そしてしまいには
「アンタが言い忘れたんでしょ、姉さんが来るってこと、アンタ言わなかったでしょ。」と怒り出す。

はい、はい。
100歩譲って私が伝えるの忘れてたとしても、今現在姉夫婦一家は実家に到着し、そしてお正月料理は私が準備してるんだから、もういいでしょ。
「お母さん、毎年私が料理をすべて準備してるよね。今日も全部作ったんだからいいでしょ」と母に再度言ったら

「アンタは何にも姉さんたちが来ること言ってなかったよ。アンタが忘れたんだよ」と繰り返す母。
さすがの私も、むっか~ときて、言ってしまいました。

「私はちゃんと伝えました。お父さんとお母さんが居間にいるとき、2人に話したよ。忘れたのはお母さんだよ。」と。

ただし、思わず叫んでしまいたいところを、息を吸っておさえました。
極めて冷静にゆっくりと母に話しました。
ふぅ。
怒りで鼻息が荒かったけど、声を荒げることだけはなんとか回避。
ああ、私も成長したもんだわさ。

たぶんここで私が声を荒げていたら、母もますます怒っていたかもしれませんが、母は首をかしげながらいったん退室しました。
しかし、その5分後、再びやってきて言いました。

「アンタ、姉さんたちくること言ってなかったでしょ」

【物忘れと認知症のちがい】
一般的な物忘れは「約束した時間をうっかり忘れてしまうこと」
それに対して認知症の場合は「約束したこと自体を忘れてしまうこと」だそうです。

ドキっとしました。
もしや母は認知症の始まりなのではないか?

思えば母も83歳。物忘れだってひどくなるのは当たり前だし、認知症がいつ発症してもおかしくない年齢です。
そうかと思えば、年末にお歳暮をいただいた親戚に、御年賀としてお返しをするから、商品券を買って送ってほしいと私に頼みにきます。

そういうことはちゃんと覚えてるんだ・・・とホッとするのもつかの間、今後はもっと注意深く親の言動を見守っていかなければならないと強く思いました。

年老いた親の言動でちょっとあれ?と気になるようなことがあったら、その様子をメモしておくことが大事だそうです。
それが認知症の早期発見にもなり、治療法もあります。

ブログに書くことで、私も覚えておくようにしたいと思いました。

【高齢者との接し方】
一般的に歳をとると、老人特有のガンコさや怒りっぽさが出てくると言われ、これまでとは接し方が難しくもなります。
増して自分の親ともなると、ついついイライラしてしまうことも多くなりがち。
親はいくつになっても親であり、自分の先を歩く道しるべの存在なのに、その親がガンコでわがままで怒りっぽくなってしまったら、情けないやら哀しいやら・・・。

そしてそんな親を感情的に否定したり、怒ってしまったりします。
親を怒るというのは「もっとしっかりしてよ」という子どもの叫びだったりしますが、そういう態度はまったく逆効果なのですよね。

耳も聞こえにくくなる、目も見えにくくなる、物忘れもひどくなる。
そんな状態に、一番イライラしているのは、歳をとった親自身なのにね・・・。

お年寄りと接するときは
・大きな声でゆっくり話す
・わかりやすく説明する
・せかさない
・相手のペースに合わせる
・話をきく
などということが大切ですが、「否定をする」ということは絶対にやってはいけないことだそうで・・・。

例え間違っていたとしても、「うん、うん、そうなのね」と否定しない。
物忘れゆえの発言も多々あるのだから、本人はうそをついているわけではない。
よって、否定されたらお年寄りは大きく傷つくと思うのです。

どんなに年老いても、たとえ物忘れがひどくなったとしても、さらには認知症になったとしても、人としての感情も意思もあるのですから。

・・・・って、わかっていても。
ああーーー。
「忘れたのはお母さんでしょ」って否定しちゃったよ、私。
だって私が伝えなかったのが悪いと、すべての責任を押し付けられたような気がして、腹が立ったんだもん。

後で姉とこっそり話をしたら、姉もちゃんと電話で母に1日に行くことを伝えていたそう。
そりゃそうだよなー。いつも姉が遊びにくるときは、母に電話してるもんなぁ。
その時母は
「1日にくるの?おじいさん、神社の仕事で忙しくて途中でいなくなるよ」なんて話していたそうなんですよね。

「ごめんね、なんか私がしっかりお母さんに言わなかったから伝わってなくて・・・」と姉に言うと
「歳だから物忘れもひどくなるって。そういうときは、お母さんの話をうん、うんって聞いてればいいんだよ」と姉。

ああ、お姉さん、さすが介護の仕事で毎日お年寄りを相手にしているだけのことはあります。
母を否定してしまったことに、ちょっと反省した2015年の幕開けでありました。


*追記
2016年春、父が急逝し、母の認知障害は一気に進みました。

認知症の始まり?私を泥棒だと言った母・・・そりゃないよ





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク


関連記事

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 親のこと
03 2015 | 14 comments 

-14 Comments

ありかママ says...""
そらはなさんのお姉さん介護のお仕事なんですね
わぁ 親近感湧きました♪

でもねそらはなさん いくら介護の仕事してても 毎日顔を合わせてるのと たまに来るのとでは違うのよ

私も介護の仕事の時は 天使のようなありかママなんだけど 毎日顔を合わす母親相手だとつい イライラってきます。そして否定もしちゃいます。後で 自己嫌悪に陥りますよ(-。-;

私の母親も84歳です 去年から急に手がかかる様になりました。物忘れもひどくなってきています。でも 人格は穏やかなままなんで 助かっています。
私も 認知症については 毎日の言動や行動を注意して見ています。

なかなか お手本通りにならないのが介護です。私達の人生最大の試練かもしれませんね

2015.01.03 22:53 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
ああ・・・我が家とおんなじですよー。
言った言わないはしょっちゅうです。なので「あ、そうだった?」とこちらがとぼけておきます。相手してるとさらにエスカレートするので、同じ土俵に立たない事にしました。所詮水掛け論ですもんね。
83歳、うちの父が急に怒りっぽくなったのがその位の歳だったと思います。年中癇癪を起して機嫌を損ねると一週間くらいは私に怒鳴り散らしてました。
よくそこまで怒りのモチベーションが保てるもんだわと呆れてました。そして母も父と同じ道を辿り、2人で私を敵視してました。母に言われるとホントに傷つきますよね。もうちょっと年齢が上がると怒ると疲れるみたいで、今は癇癪を起しても続かなくなりましたよ。
見守るのは精神的にもきついですけど、もうちょっと長い目で見るのも良いかと思います。
それぞれの家庭での対処法も違うので、あくまで我が家の場合ですので、勝手な憶測で書いては失礼ですね。ごめんなさい。気になるようならお医者様に相談が一番ですね。

2015.01.04 00:03 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.04 19:20 | | # [edit]
ぷーち says..."あけましておめでとうございます。"
いつもそらはなさんのブログを楽しみにしています。
 子供も年齢も同じくらいなので、興味のあることも同じで、毎日更新される内容も私の生活に
ドンピシャです。 なかなかコメントできませんが、こんな毎日楽しみにしているファンもいます。

元旦からたいへんでしたね。義母もこの大晦日同じでしたので「わかる~」とうれしくなりました。
違うといっても譲らないし、わけわからないし、私は悔しくてイライラ~認知症の始まりです。
 まともにこっちが相手にしていると、怒りがこみあげてきますね。

 そらはなさんのブログから毎日学びがあります。今年もよろしくお願いします。
2015.01.05 09:12 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
介護のプロのありかママさんでも、やっぱり身内のことになると別なんですね~。
人間が年老いていく姿は、まるで子どもに返っていくようですよね。
小さな子どもならば親があれこれ手を出し口を出し、そして成長の喜びもあるからこそがんばれるのだと思いますが、親がだんだん老化していく姿は、やっぱり子どもとしては哀しさや情けなさも伴うから、ついつい当たってしまったりイライラしてしまったりするのかな・・・。

自分の親の姿をみて、私はかわいい年寄りになりたいと思いました。
忘れてしまったことや覚えていないことは、素直に「忘れちゃったー、ごめんなさい」と言えるよう、そんな年寄りになりたいわぁ。
これが簡単にできないから、みんな苦労するんでしょうけどね。
2015.01.05 23:38 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
いつもえりあママさんがおっしゃってますよね。
「同じ土俵に上がらない」って。
そうなんですよね。
ムキになるから、イライラしたり怒ったりするのですよね。

私ももっとオトナにならなくては。
うまくかわして、うまくのせて、さらっととぼける。
これが理想ですね。
ああ、でも自分も感情をもっているからこそ、難しいのですよねぇ。
2015.01.05 23:42 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ぷーちさんへ"
あけましておめでとうございます♪

ブログにいつも遊びにきてくださりありがとうございます(*^_^*)
なるべく毎日、何か気づいたことをブログにまとめるようにしていますが、忙しくなるとなかなかパソコンに向かうこともできなくて・・・。
でも、ぷーちさんのうれしいコメントは、とても励みになりました。

義母さんもそろそろ物忘れがひどくなってくるお年頃なんですね。
私も、母のことついつい否定して怒ってしまったけれど、そのあとやっぱり自己嫌悪なんですよね・・・。
年老いた親よりも、もっと自分が上手に対応しなければなりませんねぇ。
そしてそんな親の言動からも、自分はこうはなりたくないと学ぶところがあります。
なんでもプラス思考でとらえていきたいものです。
2015.01.05 23:55 | URL | #- [edit]
麻衣 says..."初めまして。"
初めまして。40代の麻衣と申します。
1年近く前の記事に突然のコメントをお許し下さい。
最近、母の物忘れが激しく、娘としてどう接していいのか分からず、検索していましたら、そらはなさんの記事にヒットいたしました。記事を読んでいて涙が出ました。今朝、母を怒鳴ってしまい自己嫌悪でした。私は出来た人間ではないのでイラつく事が多いのですがそらはなさんの記事に深く頷いた所です。
否定せず優しく接したいものです。
突然のコメント失礼しました。
また拝見させていただきます。
寒くなってきましたので風邪などお気をつけくださいね。
2015.12.01 11:55 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 麻衣さんへ"
はじめまして♪
過去記事読んでくださりありがとうございます。
私の友人は、母親の我がままぶりに我慢ができず、頬を叩いてしまったと言っておりました(^_^;)
みんな、みんな、いろいろな葛藤を抱える時期なんですよね。
母親はいつでも自分の前を歩いていってほしいのに、そうではなくなったときに、自分自身もショックで哀しくなってイライラするんだと思います。
私ももう少し大きな器で親のことみてあげないといけないのに、現実はなかなか・・・。
それでも、気の強かった母が、ずいぶん丸くおとなしくなったものだと、最近思います。
年老いた親とうまくつきあっていきたいものです。
2015.12.01 21:23 | URL | #- [edit]
みぃ says...""
違う。お姉ちゃんは一緒に住んでないから言えるんだよ。一緒に住んでる私達てあるからこその出来事なんです。
2015.12.31 21:43 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みぃさんへ"
そうですねー。
一緒に住んでいるかいないかで、ストレスの大きさはちがいますよね。
まぁ、うちの姉も認知症のお姑さんと一緒に暮らしているので、いろんな苦労はあると思っています。
お互い相手の立場になって考えることができればいいなあ・・・とおもっています。
2016.01.02 11:16 | URL | #- [edit]
しまちゃん says..."気持ちが落ち着きました"
わたしも母と同居してます。
コメント中の麻衣さん同様にこちらにたどり着きました。
最近、ますます感情的になり、手をつけられなかったりする母がいます。こんな母だった?いや、ちがう。。わたしも年をとっていく母親の様子をどうしたものかと。
そらはなさんとおなじような事があり、全く同じ態度をわたしもとりました。
大好きな母親が嫌いになりそうだったり、親が年をとっていくのが目に見えてく現実を頭では分かっているのに受け入れるのがうまくてきなかったり。
自己嫌悪、日々葛藤してます。
年をとるのはこうゆうもんだと、それくらい気持ちを大きくもてたらとおもいます。ブログを何度もみて、気持ちが落ち着きました。ありがとうございます。
2016.03.01 22:20 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: しまちゃんさんへ"
こんにちは♪
しまちゃんさんのお母さんも、うちの母と同じ状況だったのですね。
なんだか安心しました。自分一人じゃないって、心強いものですね。

「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」
たまにふと、この言葉を思い出します。
私もいつかは年老いて母のようになるかもしれない。
そうならないためにも、毎日心穏やかに暮らしたいものですが、認知症になったらどうしましょう。
だって、自分で自分の言動を覚えていないのですもんね。

私も、母との付き合いは日々葛藤だらけですよー。
2016.03.02 22:45 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.26 03:22 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。