がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

身の丈に合った暮らし以上に大切なこと

「身の丈に合った暮らしをしなさい」
結婚した当時、父から言われた言葉です。

9f76cda19b5a472112f8694964d17bc1_s.jpg

身の丈に合った暮らしというのは、何よりも大切なことだと思っていました。
しかし最近、それ以上に大切なことがあるのだと思うようになりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【ある日突然収入がゼロになったら】
夫が立ち上げた会社の経営がとても順調で、収入は右肩上がりに増え年収は数千万円となりました。
億単位の家を購入し、セレブな暮らし方をしていた彼女。

セレブなママ友とのお付き合いで、ランチとお茶で1万円を使うことが当たり前のような感覚になることに時間はかかりません。
ブランドのバックに洋服、時計などなど。
彼女は、もともとブランドものに興味はなくても、周りのママ友に合わせて、そういったものを買っていきました。
毎日の晩ごはんも、デパ地下のお惣菜や外食がほとんどで、食費は月に20万円を超えるのがふつう。
とてつもなく広い家の光熱費や管理費だけで、月に10万円~20万円。

そんな暮らし方をしていても、なんら困ることはありません。
だって年収数千万円。
月収にしたら300万円?とか。

しかし、10数年続いた暮らしが、ある日を境に収入が途絶えました。
夫の会社が倒産してしまったからです。

こんな状況になったらどうしましょう。
しばらくは、貯蓄で生活できるかもしれない。
けれども、入ってくるお金がなければ、貯蓄は必ず底をつきます。

さて、あなたならどうしますか?

結論はわかっています。
まずは、収入がないのに億単位の家の管理維持費だけでも月10数万円かかるのだから、とっとと家を出て分相応なところに住むこと。

お金がないからと言って、食費を切り詰めたり、それまでのママ友の誘いをすべて断ったとしても、ブランドの洋服などは買わないようにしたとしても、そこに住んでいるだけで10数万円の維持費が発生する家には、住めるわけがありません。
もう暮らしはとっくに破綻しているのですから。

でもね、哀しいかな。
人間というのは、見栄もプライドもある生き物なんです。
一度贅沢な暮らしにつかってしまうと、生活のレベルを下げることは簡単にはできない。
自分の頭の中ではわかっていても、近所の目が気になって、引っ越すこともできない。

ギリギリのところまでそこで踏ん張って、結局は最後の最後でどうしようもできなくなって、夜逃げ同然に家を出ることになるのです。

【身の丈に合った暮らし】
身の丈に合った暮らしとは、自分の収入範囲内で生活することだと思っていました。
欲しいものでもローンを組むことはせず、お金が貯まってから買う。
それが身の丈に合った暮らし方。

しかし、彼女のように月収300万円だったらどうでしょう。
食費に月に20万円だなんて、私にすれば空が裂けてもできないこと。
しかし月収300万円の食費20万円ならば、収入のわずか6%。

身の丈に合っていると言えばそうなのかもしれません。
しかし、いざ収入が途絶えたらどうなんでしょう。

彼女の暮らし方を聞いて、身の丈に合った暮らしというのは、必ずしも収入と比例して支出を増やすことなのではないのだなぁと思いました。



【老後のための暮らし方】
イチロー選手の奥さんが、100億円を動かす財テクをやっているという話を聞いたことがあります。
イチロー選手の収入をもとに、不動産投資や経営などを展開する実業家になっているそうですね。

プロ野球の選手生命は、一般人よりも短い。
イチロー選手クラスになれば、選手を引退したとしてもその後引く手あまたでしょうけど。
それにしても、イチロー選手のすばらしいところは、賢い奥さんを見極める先見の明があったというところでしょうね。

収入のすべてを支出として散財するのではなく、有り余るお金に働いてもらうという投資をしている。
老後を見据えてのことなんでしょう。
もし、イチロー選手が怪我をして再起不能になったら・・・・?万が一亡くなってしまったら・・・・?

あらゆることを想定しての奥さんの行動はすばらしい。

身の丈に合った暮らし方だけではない、その先の暮らし方を見据えたお金の使い方。
現在だけの収支のやりくりではない、将来への備え。

私も、子育てがひと段落したら
「やったー!教育費貧乏が終わったー!これからは自分のために使うぞー!」
ではなく、老後の生活設計をきちんと考えていかなければならないのだと、強く思いました。
そして、今からできる微々たる老後の蓄えも、少しずつやっていくべきなんだということも。

ちなみに彼女というのは、知り合いが知り合いから聞いたお話なので、私は直接知らない方です。
しかし、彼女から学ぶべきことはたくさんありました。
彼女は今、窮地に陥っているかもしれませんが、そんな彼女に感謝です。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : お金の話
10 2014 | 2 comments 

-2 Comments

家族、夫の為に日々頑張る母 says..."お金の使い方、幸せの幸福度"
私の家族は再雇用2年目の主人61歳と私56歳、長男27歳、次男21歳、長男は携帯会社の店長、次男は来春it 関係の会社に勤務
私はパート2年目に、午前中の仕事、主人は退職金で、ローン完済、
毎日どうにか食べていけ家事等々主人が協力してくれ助かります!
お金ってほどほどが一番、
世の中には上には更に上がありキリがなく
見栄っ張りは私は嫌い、
今の生活水準と健康で仕事が出来る!これが私の幸せ度なんだといつも思いつついい聞かせています!
2015.08.30 20:53 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 家族、夫の為に日々頑張る母 さんへ"
はじめまして♪
世の中、上を見たらキリがないし、下もまた同じく。
収入も家族構成も環境もすべてちがうのだから、人と比べてもしかたがない。比べる必要がないのですよね。
幸せの基準なんて人それぞれですし、自分が幸せと思えるならそれでいい。
今ある幸せを心から喜んで、身の丈に合った暮らし方ができればいいと思っています。
家族が協力してくれるっていうのが、一番うれしいことですね(*^_^*)
2015.08.30 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。