がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

ベルトに求めるもの 羽田空港での忌々しい出来事を通して学んだこと

ベルトに求めるものはなんですか?
おしゃれなファッション性?

DSC06285.jpg

私は機能性。
これで十分です。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【空港で辱めを受ける】
携帯を出して、手提げかばんとともに手荷物トレイに入れます。
そして、堂々とゲートを通過・・・。するはずだったのに、頭上から非情にもダメだしのブザーの音。

えっ?マジで?
さっさと保安検査場を通るつもりが、なにやら危険物持ち込みを疑われてしまいました。

「お客様、こちらで洋服をもう一度チェック願います」
と、空港の保安検査場のお姉さん。

焦ります。
めちゃくちゃ焦ってあちこちのポケットを探ると、なんと10円玉が出てきたではありませんか。
やだなー、もう。
ポケットから小銭が出てくるなんて、おっさんみたいじゃん(←すみません、勝手な偏見です)。
とはいえ、ブザーの音の原因がわかったので、再度ゲートを通過。

しかし、再びブザーの音。
げーーーっ!なんで、なんで?
もうね、後ろに並んでいる人たちの視線が背中に突き刺さって、痛いんですけど。

冷や汗をかいている私に向かって、保安検査場のお姉さんは冷やかに私に言いました。
「お客様、ベルトを外していただけませんか?」

えええーーーっ?ベルト?
ここで外せってか?
背中に刺さる視線を浴びながら、ここでベルトを外せってか!!

嗚呼、無情。
保安検査場のお姉さんは容赦ないのね。

【ちょっと言い訳】
私がつけていたベルトはレザーベルト。


こんな感じのものだったのですが、実はこのベルトをつけたまま秋田空港の保安検査場は通過できたのです。
なので、帰りの羽田空港でもベルトをつけたままでした。

大勢の視線を浴びながら、ベルトを潔く外すこの私は、堂々とした立ち居振る舞いとは真逆で、心臓は小鹿のようにふるえておりました。
ベルトを外してようやくゲートを通過することができました。

秋田空港ではなにも引っかからなかったのに、羽田はベルトをしたままではダメなんですね。
空港によって、保安検査場のレベルがちがうのですね。
田舎ののどかな空港とちがって、羽田はより厳重に監視しなければならないのですね。

いろんなことを学んだ5年前の出来事でした。

【ベルトに求めるもの】
あの時のレザーベルトはもうありません。
忌々しい空港での辱めを受けて、腹が立って捨てたわけではありません。
金具のついたベルトって、トイレに行くときにめんどうなんですよ。

そんなわけで、今私が使っているベルトはゴム製のもの。



センターバックルがないので、お腹の周りが出っ張らない。
なにより、トイレに行くときも、いちいちベルトの金具を外す必要がなく、ベルトをしたままジーパンの上げ下げができるんです。
めっちゃ楽ちんなのです。

ベルトは見せるもんじゃありません。
トップスをインにして着るわけじゃないので、ふつうベルトは見えない状態。
ジーパンが下にずりさがってこない程度にとめられて、着脱が簡単で、なおかつゴム製なので軽い。
もう何も言うことありません。



このゴム製ベルトならば、保安検査場のお姉さんも何も言いますまい。
来月は、羽田空港でジタバタすることもありますまいっ。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 私のこと
27 2014 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。