がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

センター試験まであと4か月 子どもが追い詰められているときにかけたい言葉

最近、ことあるごとにため息をつく次男。
わかってる、わかってるよ。
あなたのため息の原因を。

f6dcfc6cb406eaaa16f05a0a28a7de31_s.jpg

ため息を聞くたびに、私もついついいろんなことを言いたくなるけれど、ここは我慢、がまん・・・。
がまんしたいけれど、ついつい言っちゃった。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【受験まであと○日】
センター試験まであと4か月を切りました。
センター試験の申込用紙もきました。
いろんな意味で、周りからじわじわと範囲を狭められているような気がします。

「あ~あ・・・。」
次男は、私と二人きりになると、必ず大きなため息をつきます。
お父さんや妹の前では決して出さないため息を、私の前では大きく何度も言うのです。

そのため息を聞くと、私も心がギューッとなります。
痛いほど、そのため息にこめられた言葉が伝わってきます。

将来、何になりたいかも決まっていない。
自分はどんなことに興味があってどんな勉強をしたいのかもわからない。
だけど、大学には行きたい。

ようやく志望する大学が決まったときには、現在の自分の学力ではちょっと厳しい。
かといって、レベルを落として他の大学に行くのもいやだ。
高校1年のときからもっと勉強しておけばよかった。
でも、今からではとても間に合わない。
でも、やるしかない。

そんな気持ちが交差して、大きなため息となって出てくるのが、嫌と言うほどよくわかります。

【目的を持って大学へ行く】
今の次男は、大学に合格することが目的となっているような気がします。
いや、その目的がなければ何も始まらないのですが、その先の目的を持たないとダメだと思うのです。

大学に入ったら、こんなことを学びたい。こんな活動をしたい。
大学での目的を持たないと、入ってからの意味を見出せず辞めてしまうような気がしてなりません。

次男に聞いてみました。
何のために大学に行くの?と・・・。

「おれは将来何になりたいかも決まっていない。わからない。
だから自分のやりたいことを見つけるために大学に行くんだ」

そう答えた次男。

そうか、そんな理由もありか・・・。
次男が大学に行きたいと言っているのだから、それを応援するしかないのですよ。
それが親というものです。

【落ち込んでいるときにかける言葉】
「あ~あ・・・」
次男がため息をついたとき、ついつい説教をしてしまった私。

だから、高校入ったとき言ったでしょ。
1年のときからきっちり勉強していないと、高校3年間はあっという間だよって言ったでしょ。
自分が行きたい大学ができたとき、入れなくて困るって何度も言ったでしょ。

ああー。
こんな過ぎたことを言ってもどうしようもないのに、何度もため息を聞くのが嫌で、言ってしまったんです。

「ああー!もう!うるせーよ!」と、次男。

だったら私の前で何回もため息つかないでよ!

「ため息くらいついたっていいだろ!受験前は誰だってそうだよ!」と、次男。

ごめん、次男。
大人げないのは私でした。

次男だって、いつでもどこでも誰の前でもため息をついているわけではないのです。
私の前だけでため息をつくってことは、ストレスのはけ口を求めているんですよね。
ほんとに、ごめんよ、次男。

さてさて、子どもがこうしたストレスのサインを出したとき、親はなんて言ってあげたらいいのでしょう。
おれはこんなに今大変なんだよ、つらいんだよ・・・というサイン。

きっと、励ましの言葉は逆効果。
かといって、聞こえないふりも逆効果。

「あ~あ・・・。」
と、次男が言ったら、
「どうした?ため息なんて」
と、現状をありのままに聞くのが一番なのではないかと思うようになりました。

ため息をついている現実を認めてあげることで、親がちゃんとあなたのことを受け止めているんだよ、ということを子どもが実感できる。
その先の話は、子どもが言いたければ何かを話すだろうし、言わなければそれ以上聞かない。
それでいいんじゃないかな。

結局、勉強するのも次男。受験に向かうのも次男であり、自分でなんとかするしかないのですからね。

いろいろ言いたいことは山ほどあります。

大学の第一志望を変えたら?
もしダメだった場合はどうするの?
その先のことをちゃんと考えているの?

そんな言葉を呑み込んで、今度次男がため息をついたら聞いてみます。
「どうしたの?ため息なんかついて」

次男、なんて答えるかな・・・。

あ~あ・・・。
ため息をつきたいのは、私のほうなんですけどね・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 高校生
26 2014 | 15 comments 

-15 Comments

かあこまま says...""
痛いほどわかります。。。
うちの受験生もピリピリしてます。
周りが推薦や指定校など次々きまっていき・・・
イライラする気持ちはわかるんです
わかるけど私が話しかけても
関係ないやろとかほっといてとか反抗されると
こちらもキレてしまいます。
言うてはならない
「あんた何様??私、あんたのお手伝いさんちゃうで」
昨夜言っちゃいました~(笑)
はやく嵐が過ぎ去ってほしいですよね。




2014.09.26 07:29 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
そうですか・・・次男君の溜息、心に刺さってきますよね。
昔働いてた時に「溜息ついてると幸せが逃げちゃうよ」と言われたことがあります。
ああそうなんだ、そういう考えがあるんだと救われたことがありました。
おばちゃんにはこの言葉は通用するけど、18歳の男の子には無理かな?? 
そらはなさんも溜息ついたら幸せが逃げちゃうよ!!

母はいつもと変わらず笑顔で美味しいご飯を作ってあげるしかないですね。
2014.09.26 13:30 | URL | #- [edit]
こっこちゃん says...""
こんにちは。ため息・・・気持ちわかります。
でも、息子のため息に「どうした~?」って答えるには
自分自身に余裕があるときじゃないと、私は無理です。

友人に「高校受験より大学受験の方が大変よ~」と言われましたが、
確かに、進学先によって(レベルだったり学部だったり)将来が
変わるかと思うと親子ともに「ため息」でそうです。

我が家はの当面の問題は、食費です。
ちなみに、そらはなさん家の食費は、大人の昼食代込ですか?

子供が高校生で運動部と、昼食が半端ない・・・(弁当+パン+学食・・的な)と聞いたのですがそれも込みの食費ですか?

だとしたら素晴らしいですね。
ウチは小・中学生+夫婦なのにやっぱり今月も8万超えです。

数年後、中学生と高校生になったら、10万越えもありそうで、
ほんとに今から意識しないとマズいと思う今日この頃です。
2014.09.26 14:10 | URL | #- [edit]
はつはる says...""
はじめまして。
そらはなさんと家族構成や年齢が近いこともあり、いつもブログを楽しく拝見しています。
去年の私を振り返り、また来年起こるであろう状況を考えながら読ませてもらいました。胸がキュンとなりました。
子供の人生なんだけど、つい口を挟んでしまう。
そのあと後悔して、自己嫌悪に陥る。
本当に受験は親も子も修行だなあと思います。
私も来年「どうしたの?」と聞いてあげられるようになりたいな。
ちなみにうちの次男も大学に行きたい理由が同じでした^^
2014.09.26 16:17 | URL | #- [edit]
ありかママ says...""
こんばんは
わかります 私も言ってはいけないと言葉を飲み込むのに 次の瞬間口から出てしまうんです
子供のため息は なんて言ってあげればいいのかわからなくて 胸が痛くなりますよね。
でも わかってくれていると思う
それが親子だものね
多分ため息つく事で気持ちを吐き出しているんですよね
お母さんに気付いて欲しいんだよね
ただ それだけなんだと思います
たいした声かけは出来ないよ
「なんか食べる?」
くらいかな(⌒-⌒; )
2014.09.26 18:38 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: かあこままさんへ"
あ~~。
わかる・・・(笑)
あんた何様?って言いたくなるお気持ち・・・。
うちは、第一志望の大学が「倫理」の受験が必須で、しかし今まで次男は倫理をやってこなかったのですよ。
これが最大のネック。
やっぱり高校入ったら、ある程度大学の方向性は絞っておかないとダメだなーと、今回またまた学んだ出来事でした。
2014.09.27 11:06 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
そうですね。
ため息つくと、幸せが逃げちゃうって・・・私もそう思います。
今日もため息をぐっとこらえて、鼻息で出しました。
はははは、そっちのほが怖い?

おいしいご飯つくって、体調管理。
私にできることはこれくらいですね。
受験の日に風邪をひかないようにしなくちゃ!ですね。
2014.09.27 11:08 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: こっこちゃんさんへ"
たしかに!
自分に余裕がないと「どうした?」って聞けないかも!

我が家の食費は、すべて込の費用です。
食費の中から、次男のお弁当と私のお弁当をつくります。
夫はおにぎり2個でいいと言われているので、毎朝それだけ作ってます。
お弁当用の冷凍食品は買いません。
高くて買えない・・・というか、晩ごはんに作ったものをちょっとずつアルミカップに分けて冷凍しているので、それで十分です。
次男の食べ盛りは、中学生のころで、高校になったらそんなに食べなくなりましたね。
部活をやっていたころは、自分のおこづかいでたまに学校でパンを買ったりしていたそうですが・・・。

友人のお子さんは野球部で、とにかく体重を増やせと言われていたそうで、でかいお弁当とでかいおにぎり3個を毎日持たせたって言ってました。
とりあえず、お腹がすいたら米を食べさせたそうですよ~(^_^;)
2014.09.27 11:22 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: はつはるさんへ"
はじめまして♪

来年受験生がいるんですね。
子どもがやりたいように自由にやらせてきたつもりですが、マイペースな次男は今ちょっとだけ焦ってます。
だけど、親がいくら先のことを心配してあれこれ言っても、聞く耳を持っていないときは、上の空なんですよね。
そして、今後悔している・・・。
私ももうちょっとうるさく言ったほうがよかったのかしら?
いや、でも言っても当時は聞かなかったよな・・・
なんて、日々自問自答。

ケセラセラ・・・。
なるようになる・・・じゃないけれど、次男が自分の足で歩いていくしかないと思ってます。
はつはるさんの次男さんと大学に行きたい理由が一緒で・・・なんか安心しました。
そういう理由もありですよねっ?(^_^;)
2014.09.27 11:27 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
「なんか食べる?」
まさにこれでいいんじゃないかと思いました。
お腹が満たされたら、ポツポツ話すかもしれないですしね。

子どもが悩んでいる姿をみるのは、親にとって本当につらいものですね。
早く方向が決まればいいな・・・。
それだけです。
2014.09.27 11:30 | URL | #- [edit]
みるく says...""
「やりたいことを見つけるために大学にいく」
なんだか次男くんの想いとそらはなさんの想いが
わかりすぎて涙出そうになりました(ノω・、)

うんうんと共感してしまいました。

去年はうちも中学受験でまさにそんな感じでした。
大学受験となるとまたプレッシャーもひとしおでしょうね。

私もたぶんそらはなさんと一緒でついお説教しちゃうと思います。
だから言ったやん!と・・・^^;

そして後で反省するんですよねぇ。
再来年、長男はどういう決断をするのか・・・
親としてしっかり受け止めてため息をついた時には
「どうした?」って声をかけてあげられる器の大きいハハになりたいです^^
(むりかー><、笑)
2014.09.27 11:54 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.09.27 11:54 | | # [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
おおーっ!
お子さん、中学受験を経験されたのでしたら、もうどんと来いでしょう。
うちは田舎なので、高校受験といっても選ぶ高校の選択肢はほぼ決まってますし、高校まではほんとに何も考えなくても自動的に進学できるので・・・。
大学受験は、本当に自分で考えて自分で決めてもらわなければ困りますもんね。

ああ・・・。
来年の春には、いったいどんな展開が待ち受けているのやら・・・。
ほんと、器の大きい母でいられたらいいのですが・・・(^_^;)
2014.09.28 16:25 | URL | #- [edit]
みるく says..."うわわ!"
ごめんなさい!間違えました><;
中学受験じゃなく、高校受験、でした><;

今高校一年なのに計算が合わないじゃないかー(笑)
恥ずかしい~(^_^;)

高校も自宅近くでいいやーぐらいの感じで
工業高校です(笑)
でもまあ、本人はそれなりに悩んだようですが^^;
2014.09.28 18:34 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
いやいや(-_-;)
私もそのまま鵜呑みにしてお返事してしまい、すみませんでした。
最初、下のお子さんが中学受験したのかな・・・と思ったのですが、みるくさんの下のお子さん、まだ小学生ですよね。
いやはや、失礼しました。

2014.09.29 23:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。