がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

国民年金保険料は払い方によって1万5千円相当の得ができます

年金定期便が届きました。
私のでもない、
夫のでもない、

21歳になった長男宛ての年金定期便です。

DSC06023.jpg

そっかぁ。
我が子も年金を納める歳になったんだなぁ・・・。

って!!
納めているのは親なんですけどね・・・。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【21歳男性 年金額】
年金の加入は20歳の誕生月から始まりますが、先日長男宛てに届いた年金定期便によれば、これまで納付した年金保険料は299,040円だそうです。
この実績に応じて支払われる老齢基礎年金額は、32,200円。

12か月で割ると、1か月2,683円で暮らさなければならない長男(笑)。
2,600円っていったら、光熱費も支払えませんねぇ。

長男はこれから60歳になるまでの40年間、がんばって年金保険料を納めていくことになります。

【学生納付特例制度】
20歳になったら国民年金保険料の納付は義務づけられていますが、当然大学生である長男には支払能力はありません。
よって、申請すると学生である間は保険料は猶予されます。

先日、長男と同い年の子をもつママ友と話をしたのですが、彼女は「学生納付特例制度の申請をしたから払わなくていいんだよね」と言っていました。
いいえ、払わなくていいのではありません。

「免除」ではなく「猶予」なのです。
年金保険料を納めるのを先送りする制度です。

仕事をして収入が得られるようになったら、学生の間納めていなかった保険料を払ってください・・・というもの。
仮に学生である2年間猶予されたなら、就職したら2年間は、その間の保険料にプラスして学生の時の保険料も支払わなければならないので、2倍の国民年金保険料を払っていくことになります。

これって、きつくないですか?
平成26年の国民年金保険料は一カ月分で15,250円。これも、年々段階的にアップしていきます。
2倍の保険料となれば3万円を超えた額を毎月支払うことになります。

昨年の大卒の初任給は、平均19万8千円といわれていますが、これから税金や保険料がひかれると手取り16万を切るのかな。
さらに学生の間の保険料を納めるとなったら、やっぱりきついよなぁ・・・。

そんなわけで、長男の国民年金保険料は、親が「貸す」というカタチをとっています。
肩代わりではありません。親が保険料を支払いますが、就職したら返してもらいます。
もちろん無利子で貸しますし、返済期限もありません。
長男がお金に余裕のあるときに、ちょっとずつ返してもらいます。

って、お金に余裕のあるときなんてあるのかどうかもわからない、不安定な世の中ではありますが・・・。

【国民年金保険料をお得に支払う方法】
さて、長男にかわって私が支払うことになった保険料ですが、当然のことながらいかにしてお得に支払うかを調べました。

DSC03404.jpg
⇒国民粘菌保険料を安くする最強の方法 カード払いの辞退も忘れずに

長男の国民年金保険料は、楽天カード払いで1年分の一括全納をしました。
179,750円の支払いでした。

一年分を払うことで、3,200円安くなりましたし、さらにカード払いで楽天ポイントが1,772Pもらえました。
4,972円相当のお得です。
そして、親が子どもの国民年金保険料を払うと、年末調整で税金が戻ってきます。
昨年の年末調整は、いつもよりも1万円近く多く戻ってきました。

どうせ払わなければならない保険料ですから、少しでも得する方法を考えなくては・・・。

さらに・・・
2014年から2年払いできるようになりました。

⇒もう遅い! 国民年金保険料が14,000円も得する話を知らなかった件

次男や長女のときには2年払いにしようかとも思いましたが、カード払いができないのがネックです。
口座振替しかできないのですよね。
こちらは、まだまだ検討課題であります。

国民年金保険料を40年間きっちり納めると、年金が支給になってから9年で元がとれるそうですよ。
長男に年金の話をしたとき、65歳で支給されたら74歳以上は生きるようにと伝えました(笑)。

いや、子どもの心配をしている場合じゃないな・・・。
私が74歳以上生きるように、健康管理をしっかりしなくては・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
29 2014 | 6 comments 

-6 Comments

ツツヨメ says...""
こんにちは!
ウチにも去年からきっちり届いています。
こーゆーことだけは国はきっちりしてますね^^;
うちの息子も学生なので、夫が払ってくれました。

先日、息子に会いに行ってきました。
息子の運転で空港まで送り迎えしてもらい、美味しいものを食べに行き、夢の様な時間でした!
元気そうで何よりの息子に会えてルンルンでした。
2014.08.29 15:59 | URL | #- [edit]
エス says..."はじめましてとお礼です"
いつもとても参考にさせてもらってます。
うちの子供が息子さんの一つ下なので、教育関係は特に助かります。

うちの娘にもこの夏、初めて国民年金のお知らせが来ました。
ささっと斜め読みしただけで、もともと学生のうちは免除してもらおうと決めてたので深く読みませんでした。

だけど、今日のブログを読んで初めて知ったのですが、
学生の間は、免除ではなくて猶予であって、
就職したら払わないといけなかったんですね。
あわてて送られてきた封書を詳しく読んだのですが、
確かに書かれてましたが、読む気をなくす難しい説明だったので読み飛ばしていました。
それと、少し前は確かに免除ができてたので、そう思い込んでたのも理由です。

ですけど、それは言い訳。
今日のこのブログを読んで、大きな勘違いに初めて気付いて、
一言お礼が言いたくてこれを書いてます。
払いたくないけれど(本当に払いたくないけれど(^^ゞ)
子供に借金を負わせたくないので、親が払う事にします。

そらはなさん。私も教育費貧乏です。
下にも高校生がいて、おまけにクラブにもお金がかかり、
今までこつこつためてきたお金を、すごい勢いで吐きだしている感じです。

更年期に片足突っ込んでるのですが、まだまだ働かねば!!
また遊びに来ますね。
2014.08.29 19:27 | URL | #dHC6fowU [edit]
えりあママ says...""
さすが!お得に払ってらっしゃる~~。
うちは一年分まとめて払っただけだから3200円分しかお得になりませんでした。。。残念だー!
そうかー、2年の猶予分はお給料から倍引き落とされるのね。。。それはちょっと可哀想な気もしますね。
大卒とはいえ20万も手取りがあるなんて恵まれてる人だけですよね。そこからもろもろ引かれたら貯金も難しいですよね。
2014.08.29 22:14 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ツツヨメさんへ"
たしかに・・・。
お金の請求は自分が動かなければ、国はなんにもしてくれないですけどね(^_^;)

息子さんのところへ行ってきたのですね~(*^_^*)
息子さんの車に乗っておいしいものを食べて・・・子どもの成長を感じる瞬間ですね。
そうそう、子どもが元気であることがなによりうれしいですね。
2014.08.30 06:32 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: エスさんへ"
はじめまして♪

記事が少しでもお役に立てたのなら、とてもとてもうれしいです。
娘さん、20歳になったのですね。
たしかに、書類にはあまりにもてんこ盛りに書かれていることが多くて、読む気が失せますね~。

学生の間に猶予を受けた国民年金は、社会人になっても払わないなら払わなくてもいいそうですよ(ほんとはダメなんでしょうけど)
だけど、そうすると老後に国民年金が満額受け取れなくなっちゃうんですよね。
そう考えると、やっぱり子どもの将来を案じて、払おうと思いました。
でも・・・保険料高い~!!

更年期に片足どころか、両足入ってますが(^_^;)、まだまだ毎日楽しく暮らしていきたいです。
2014.08.30 06:38 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
えりあママさんちは、もう猶予申請も必要ないでしょうけど、うちはまだ2人・・・。
ああ、恐ろしい・・・。

で、お給料から天引きされるのはあくまでも会社の厚生年金保険料であって、学生の時の分は国民年金保険料として、自分で支払うことになるのかな?
この辺は調べてないのでわかりませんが・・・。

2014.08.30 07:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。