がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

親の年金をあてにする子どもたち・・・

高齢の母親が、怪我をして入院していましたが、無事に退院できる運びとなりました。
しかし、痴呆もすすんでいるため、仕事をしている家族は日中つきっきりで看ることができません。

3f532ac3718e64ba61bd3f9f3e6e518d_s.jpg

そこで病院側は、介護施設を紹介しました。
しかし、結局その母親は介護施設に入りませんでした。

理由は、お金です。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【親の年金をあてにする子ども】
介護施設で働く友人から聞いたお話です。

せっかく病院側が紹介してくれた介護施設に入らなかったその母親は、他のリハビリ施設がある病院へ移りました。
介護認定も受けて、実際に介護施設に支払うお金は月々3万円。

その3万円を払うのが嫌で、介護施設に入ることを家族が断ったそうです。
病院に入院となれば、後期高齢者であるため、入院費は一切かからない。
しかし介護施設であれば月3万円かかる。

月3万円を払うとなれば大変なことです。
しかしですよ。
その母親の年金があるじゃないですか。

その年金の中から3万円を払えばいい話。
単純に考えればそうなのですが、その子どもたちは母親の年金をあてにして生活していたんでしょうね。
親の年金を自分たちの生活費として組み込んでいれば、月に3万円だって払うのをしぶるわけです。

時々ニュースでも耳にします。
親が亡くなったことを隠していて、何年も年金を受け取っていた・・・という話を。

そんな子どもを情けないと思うのか。
しかし、そんな子どもに育てたのは、その親でしょう・・・と思うのか。

今の働く世代の社会情勢はさらに厳しくなっており、年金をもらっているお年寄りのほうが、はるかに悠々自適な生活を送っている場合もあります。
親の面倒(介護)をみているのだから、その親の年金をどう使おうと勝手でしょう・・・と思うのか・・・。

P1050484.jpg

【自分のことは自分で】
子どもが社会に出るまでは、親が経済的社会的にすべて責任を持つ。
子どもが独立したら、子どもは子ども、親は親、それぞれが自分の生活をし、お互いに金銭面では頼らない関係でいたい。

子どもが社会人としてスタートするまでは、全面的にバックアップします。
それが親の責任であり、そのためにも子どもが生れたときから計画的にお金を貯めてきたつもりです。

しかし・・・
予想以上にお金がかかり、教育貯金としてはちょっと足りなかった部分もありますが・・・・(汗)。

現在私が節約生活をしているのも、すべては3人の子どもたちに借金を背負わせることなく、社会に送り出すため。
そして、子どもたちが独立しても、その節約生活は続くと思います。
それは、老後子どもたちに迷惑をかけないで暮らしていきたいから。

親も子どもも自分のことは自分で。
これが理想です。

【節約ではなく倹約でもなく】
なんとなく節約っていうと、日々切り詰めて生活しているように聞こえるので、本当はあんまり節約って言葉は好きではありません。
倹約のほうがしっくりきます。

節約とは「無駄をはぶいて、切り詰めること」
倹約とは「金や物を無駄遣いしないように努めること」

切り詰める生活は、ストレスになりそうなので、やっぱり私には倹約のほうが合っているかもしれません。
お金は無駄遣いしない。
そして自分のため、家族のために「活きたお金の使い方・賢いお金の使い方」をする。

よって、倹約よりも賢約がいいな。

good⇒better⇒best 的な感じで
「節約」⇒「倹約」⇒「賢約」
「節約」の最上級は「賢約」みたいな・・・。

と、一人でブツブツ言ってみました。

【親の介護と自分の老後】
実家の両親は80歳を過ぎましたが、今のところ元気で暮らしています。
しかし、近い将来必ず介護が必要となります。

お互い生計は別にしているので、自分の親がいくら年金をもらっているのか、いくら貯金があるのかもわかりません。
親が介護が必要になったとき、果たして私は親の分まで経済的に面倒をみれるだろうか・・・という不安はどこかにありましたが、親の年金を親のために使うことはできそうです。

⇒老後に必要なお金は月20万円では足りないのか

そして、そんな実家の両親のように、私も子どもには迷惑をかけないようにしたい。
教育費貧乏が終わっても、老後のために賢約生活は続けていくんだろうなぁ。

で・・・
いざ、私が老後生活になったとき、我が子たちが親の年金を思いっきりあてにしてきたら、どうするか・・・。
シャレにならないお話ですが、そんな風に育てた自分の責任でもあるのですよね。

とりあえず、来年は就活が始まる長男に、お盆に帰省したらちょっとばかりお金のお話を語りたい・・・と思った次第であります。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

19 2014 | 8 comments 

-8 Comments

ありかママ says...""
はじめまして えりあママのブログから そらはなさんを知り拝見させて頂いてました よろしくお願いします^_^
私は訪問介護の仕事してます。
本当に信じられない様な子供さん達が沢山います
私の行っていた中で1番信じられなかった事例はお金が必要な時だけ連絡してきて、自分の居場所は決して教えなかった息子さん
毎月40万も送金して(私書箱ですよ)利用者さんは貯金がゼロになりました。最後には通帳を取り上げ逆に毎月5万円だけ送金してきた。
働かず引きこもり、母親の年金のみで生活している家庭も沢山あります。本当にため息がでますよ
私も子供達に対する考えはそらはなさんと同じ様に考えてます。
でも、シングルマザーだったり低所得だったり、色々な事情で子供達が学費の負担をしてる友人も沢山いる
その子供達は、たくましいです。立派です。我が子はどこかあまちゃんで心配になる事もありますよ
利用者さん達も80歳90歳
私からみたら後30年以上あり、どんな風になっていくのやら
忘れてならないのは子供達に対して平等に思い遣ってあげること かな
初めてなのに長くなってごめんなさい いつも楽しみに拝見しています
2014.07.19 08:26 | URL | #- [edit]
みるく says..."そうですね・・・"
そらはなさん、こんばんは^^

今日の話もものすごくためになるお話でした。
ありがとうございます。

ホントに親のお金をあてにする子供にはなりたくないし、
その逆もしかりですね・・・

そらはなさんの域までくると賢約ですが、
私はまだ「無駄を省いて切り詰める」ところから始めねば、汗

それができてからの「倹約」ですね^^

よし!頑張ります(*´∇`)ノ 
2014.07.19 21:20 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
なんか世知辛い話ですね。。。
世の中お金だけじゃないと思うんですけどね。
そんなむごい事したらバチが当たると私は信じてます!!
友人も親の介護で兄妹喧嘩が絶えなくなったと話してました。原因はやっぱり年金をどう分けるかだったそうです。
友人は凄く優しくて常識がある普通の人なんですがね、何かが狂ったのでしょうかね。怖いなと思いました。
2014.07.19 21:28 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
こんばんは♪

節約も倹約も賢約も、どこかで自分の逃げ道を作っておかないと、息が詰まると思います。
私の逃げ道は劇団四季なんですけどね・・・(^_^;)

みるくさんは、お子さんがまだ小さいのに、お金に関しての意識をしっかり持っていますから、大丈夫ですよ。
私も子どもが小さいときに、もっとお金に関してしっかり勉強すればよかったなぁ・・・。
2014.07.19 22:47 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
うーん。
お金って使う側が管理できないと、お金に支配されてしまうものなんですよね。
世の中お金じゃないって言いますが、お金はないよりはあったほうがずっといろんなことが可能になりますもんね。
私もお金に支配されないよう、お金をきっちり管理できるようになりたいです。

えりあママさんのお友達も、きっといろんな大変な思いをしたんでしょうね・・・。
2014.07.19 22:50 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
はじめまして♪

時々えりあママさんちでお名前は拝見しておりました。
こちらこそよろしくお願いします。

親に自分の連絡先を教えないなんて!!いったいどういうつもりなんでしょうね。
そして、そんな息子に40万円!!もの仕送りをしている親も、いったいどういうつもりなんでしょう。
仕送りしなきゃならない事情があったにせよ、やっぱり切なくなってしまいます。
きっとその親御さんも心を痛めながらの仕送りだったんじゃないでしょうか。

うちの子どもの友人たちも、ほとんどが奨学金を借りていますね。
そしてみんな立派です。
みんなみんな、就職できますように・・・願いはひとつです。

ありかママさんは、お仕事でいろんな家庭のいろんな事情をみてきていらっしゃるので、たくさんの知識と経験がありますよね。
またそういう情報を教えていただければうれしいです。
2014.07.19 22:59 | URL | #- [edit]
まろん says...""
やっぱりお金なんですねえ。私たち夫婦は今のところ、両方の親のお金をあてにせずに暮らしていますが、それもたくさんではないけれどもお金が少しでもあるからこそ。とにかく親が元気でいてくれてありがたいと思えるのもそうですよね。今月どう暮らしていこうかしらなんて状態だったらやっぱりあてにしてしまうのかも。いや、お金が手元にあってもお金にいやらしい人はいやらしいのかも知れないですね・・・。ママ友にも訪問介護してる人がいますが、痴呆症なのに一人暮らししてる利用者さんがいるらしいです。もしかすると裏にお金の絡んだ事情があるのかも知れませんね。ご本人ではなく周りの。
2014.07.19 23:48 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: まろんさんへ"
こんばんは♪
お金、お金って言いたくないけど、お金で成り立っているのも事実ですもんね。
子どもがようやく社会人になっても、今度は親の介護があるのですよねぇ。
永遠にお金の問題はついてくるんでしょうね。

しかし、痴呆で一人暮らしって・・・。
雪国は冬は暖房で火を使うし、除雪の問題だってありますから、一人じゃ心配で置いておけないです。
火事になったら、自分だけではなく周りにも迷惑かけちゃいますもんね。
お金と教育と介護と老後・・・・。
ああ~。永遠に尽きない話題だわぁ。
2014.07.20 22:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。