がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

5円寄付すると1万円が当たるかもしれないキャンペーン

永い間、机の引き出しに眠っていた携帯電話2台を、ようやく処分してきました。

DSC05328.jpg

ソフトバンクのお店で、不要になった携帯電話をリサイクルすると、1万円が当たるかもしれない。
そんなキャンペーンをやっています。

他社の携帯でも破損している携帯でもOKです。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【携帯電話】
もう何年も机の中に眠っていた携帯電話ですが、とっくにバッテリーは切れているので、中のデータに何が入っているのかも、もはやわかりません。

DSC05314.jpg

おそらく機種変更したときは、写真などの画像を保存していたくて、そのまま持っていたのでしょう。
しかし、新機種が出るたびに、画質はどんどんよくなります。
そんなわけで、昔の携帯に保存していた画像もいつしかお蔵入りとなってしまいました。

【だれでもリサイくじ】
●不要になった携帯電話をソフトバンクのお店へ持って行く
●他社携帯・破損携帯もOK
●「だれでもリサイくじ」という応募券がもらえる
●リサイくじへアクセスし応募券に書かれている番号を入力
●当たりはずれがその場でわかる

DSC05329.jpg

残念ながらハズレ。

しかし、応募することにより、ソフトバンクがアフリカ・コンゴの子どもたちのために5円を寄付するそうです。
応募すればするほど、寄付の額も増えるというわけ。

【リサイクルするわけ】
携帯電話にはレアメタルが含まれているというのは知っています。
アフリカのコンゴはレアメタルが豊富に埋蔵されている国だそうですが、携帯電話や家電の普及でレアメタルの価格が高騰してるんだそうです。

レアメタルを巡っての争奪は、20年以上も続いていて、子どもたちや多くの人たちが亡くなっています。
うーーん。
とても悲しいことですね。

日本では使わなくなった携帯は、家庭にまだまだたくさん眠っているそう。
うん、我が家もそうでした。
携帯をリサイクルすることにより、レアメタルの高騰をなんとか止めて、コンゴなどの国の争いを減らす手助けをする・・・という目的で、ソフトバンクはリサイくじを始めました。

こういうきっかけでもなければ、私も携帯をわざわざお店に持ち込むようなことはしなかったと思います。
私がくじを引いたことで、アフリカに5円寄付したんだもんね。
くじは外れたけれど、ちょっとだけ気分はいい♪

【携帯に穴をあける】
お店に持ち込んだ携帯は、私の目の前で携帯に穴をあけました。
機械を使って、携帯のど真ん中に穴をあけるので、中のデータが漏れるということもなく安心です。

しかし、なんて厚い携帯なんでしょ。
昔はみんなこんな感じだったんだよね。
わずか20年足らずで、ものすごい進化を遂げた機器をこの目で実感してきました。

そんな私は、いまだガラケーなのですが・・・。
いつかこのガラケーにも穴をあける日がくるのかな。

ところで・・・
リサイくじの応募券は、携帯1台につき1枚もらえます。

私、2台の携帯を持ち込んだのに、応募券が1枚しか入っていませんでした。
ま、いっか。
わざわざ応募券もらいに、またお店に行くのめんどうだし。

でも、私がリサイくじに応募すると5円の寄付になるんだよなぁ。

もしご家庭に眠っている携帯がある方は、アフリカに5円の寄付をしませんか?
もしくは、1万円が当たるかも。

もといっ!
5円寄付するのはソフトバンクでした。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

21 2014 | 2 comments 

-2 Comments

えりあママ says...""
え!!
そうなのですか! 当たるかもしれないのね。
じゃなく5円寄付できるのね~。
行って来ます、ええいきますとも。
情報ありがとーーー。
2014.06.21 17:47 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
そうそう!
5円の寄付に行ってください。
アフリカの子どもたちを救ってください。

しかし・・・
孫社長もアイディアがすごいです。
2014.06.21 21:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。