がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

大失敗!適当にやると真鯛は臭かった

うむむむ。。。。
テレビで観ておいしそうだな・・・と思った真鯛の酒蒸し料理。

DSC05162.jpg
見た目豪華でおいしそう、しかも簡単に作っておりました。

スーパーで真鯛が売っていたのを見たら、もう作りたくてしょうがない。
見よう見まねで作ってみたけど、これがイマイチ大失敗でした。

真鯛は下処理をきちんとしないと臭い。

作る前にちゃんと調べましょう。
反面教師な私の備忘録。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【春は真鯛が旬】
最近、よくスーパーで見かけるのですよ。
きれいな桜色した真鯛。

「タイの尾頭付き」とか「メデタイ」とか「腐ってもタイ」とか。
なんとなく高級魚のイメージもありますが、スーパーで1尾298円で売っていました。

あれ?なんか意外と安い。
真鯛は1年中獲れますが、産卵期の春が一番オススメなんだとか。

じゃあ、買う。
この間、テレビでやっていた鯛の酒蒸し料理。
あれ、作ってみよう♪

【真鯛の酒蒸し】
鯛のウロコってすごく痛い。
DSC05163.jpg
ペットボトルのキャップで滑らすようにこすると、簡単にウロコがとれます。
背びれはとても固いので、手にささらないよう注意です。
注意してても、刺さってしまうのですが・・・。

DSC05165.jpg
えーっと
テレビでは内臓をきれいに取り除いたあと、臭みとりのためにネギの青い部分をお腹につめてたよなぁ。
とりあえずお腹に入るだけネギを詰め込みました。

DSC05166.jpg
フライパンに入れてお酒をふって、蓋をして蒸し焼きに。
簡単です。

DSC05168.jpg
10分後。
白目をむいた真鯛。
怖い~。

DSC05169.jpg
醤油、砂糖、酢、生姜のすりおろしを混ぜてタレを作ってかける。
真鯛の上に白髪ねぎ、豆苗(冷蔵庫にあった緑のものが豆苗だっただけ)をてんこ盛りにして、そこに熱したごま油を回しかける。

ジューーーと音がなって、すごくおいしそう♪
これは豪華です。

おもてなし料理にいいかもしれません。

【真鯛は臭い】
DSC05171.jpg
さっそくいただきます。

・・・・・。

うーーーむ。
なんか臭い。

よく火を通したし、お腹にネギもつめたし、酒も生姜も使っているのに、なんで臭みがあるのかな・・・?

そうして食べて実感してから、真鯛について調べてみました。
ってか、ふつう作る前に調べるよね・・・。

【真鯛の下処理】
●先に水洗いをしてはいけない
鯛の臭みの原因は、魚の水分によるもの。
キッチンペーパーで水分をとるだけでもかなり臭みはおさえられます。

最初に水洗いをするのは逆効果。
身が水分をすってしまい、ますます生臭くなります。

●塩をふって30分以上おく
塩が真鯛の身の余分な水分を出してくれます。
ザルなどに入れて水分が下に落ちるようにすることで、生臭い水分が再び真鯛に移るのを防ぎます。

●霜降りにする
熱湯に真鯛をくぐらせます。
表面の色が変わる程度でOK.

その後水洗い。
このとき、内臓周囲の血をきれいに取り除く。
血が残っていると生臭みの原因になります。

【何事もチャレンジ精神】
・・・・って!
これってブリの下処理をするとき、やっています。
ブリは生臭い感じがアリアリとわかるので、必ずやっていましたが、真鯛って白身魚だし、タンパクな感じであまり生臭みはないと思っていました。

今まで真鯛を丸ごと買って料理することがなかったので、知らなかったよ~。

いやいやいや。
何事も経験ですな。

そして、真鯛の酒蒸しを見よう見まねで作ろうとした私のチャレンジャー精神のおかげで、またひとつ経験値があがりました。

人生、何にでも興味をもってやってみることって大事だなー。(←そーなのか?)





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

08 2014 | 3 comments 

-3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.08 16:46 | | # [edit]
えりあママ says...""
こんなデカい鯛が298円って超お値打ちですね。これは買いますよ!!買わなきゃいけません。
凄い豪華料理じゃないですか!! 
あの鱗厄介ですよね、包丁で削るとピンピン飛んで行くし、キャップを使うの良いですね~~
真鯛の下処理も勉強になりました。どうもありがとうございます。
あとは安い鯛を手に入れるだけだーー!
2014.06.08 22:34 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
真鯛のウロコって、ピンピン飛んできて、腕なんかにくっついているままにしていると、後でぎゅーって腕が痛いんですね。
みると腕でウロコが固くなって腕の皮膚をひっぱっているんですよ。
怖い、怖い。鯛は死んでもウロコが生きてる~。

そのうちまた、鯛の下処理をしっかりして料理してみたいと思います。
2014.06.09 23:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。