がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

学校で怪我をした!災害給付金は自己負担の100%以上戻ります

日本スポーツ振興センターの災害共済給付金制度はご存知ですか?
正式な名称を知らないまま加入している人って、案外多いと思います。

d8068511b57c038aef9329963e59d1ae_s.jpg

4月の年度始めに、学校から山のように渡される書類の中に混じっておりますが、長男が初めて小学校に入学したころは、よくわかっていませんでした。
学校で怪我などをし病院を受診すると、支払った医療費の一部が戻ってきます。

一部といっても、実際には100%以上戻ります。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【災害共済給付金制度】
全国の学校で、児童生徒総数の約97%が加入しているといわれる災害共済。
掛金を支払っているという自覚があまりない方もいると思いますが、新学期に学校から徴収される給食費やPTA会費や諸経費などなどの中に含まれている場合が多いと思います。

私の地域の場合、市が一部を負担してくれるので、保護者が実際に支払う掛金は年間460円です。
事故や怪我などに合わないに越したことはないのですが、わずかな掛金で保障が受けられるので大変助かります。

DSC04609.jpg

【給付の対象】
中学生の娘。
先日、学校で顔面を強打し、受診しました。
⇒顔面強打した!鼻骨折したかも!?その対処法

幸い大事には至らず、通院も2日で終了しました。
病院で支払った総額は、2,320円。

災害共済給付金の対象は、医療費総額が5,000円以上の場合ですが、これは医療保険でいう10割分なので、実際に支払うお金が1,500円以上であれば対象となります。

実は、娘は昨年もこの給付金の恩恵を受けております(汗)。
⇒子どもの保険 医療費<給付金のお得な保険

【手続きのしかた】
①学校へ報告
学校へ連絡すると、学校から災害共済給付金手続きのための書類が渡されます。

②受診した病院で書類に記入してもらう
月ごとに診療が終了してからの記入になります。
例えば3月20日に受診しても、書類の記入は4月にならないと記入できない。(3月末までは再受診する可能性があるため)
この書類は文書料はかからないので、無料で記入していただけます。

③受診のさいの領収書(コピー可)を添付し、書類とともに学校へ提出する

以上の手続きで、2~3か月で給付金が支払われます。

【実際に戻る金額】
かかった医療費の4割が戻ります。
えっ!
2,320円の4割ならば、928円?

・・・ではなくて、10割負担の分の4割なので、おそらく3,000円くらいが戻ってきます。

実際に支払った医療費は、2,320円。
年度始めの掛け金が460ですから、合計2,780円。

掛金を差し引いても、100%以上のお金が戻ってくるわけです。




【必ず学校へ申請を】
学校にいるときに怪我などをすれば、先生がわかっていますから、こちらが何もアクションを起こさなくても、学校から災害給付金の書類が渡される場合がほとんどです。
(先生がうっかり忘れていることもありますが)

放課後の部活中や、登下校の通学中の怪我などでも給付の対象となりますので、必ず学校へ届出をしたほうがいいですよね。

以前、長男が部活中に怪我をしたとき、部活の顧問も何も言わなかったし、当時の私も何もわかっていなかったため、災害給付金制度を使わないまま過ぎてしまったことがありました。
災害が発生した日から2年以内に請求すればいいようですが、あの頃はホントに何も知らないまま経過してしまいました。

無知って、損をすることが多いんだなぁ・・・って、今になってつくづく思います。
せっかく毎年掛金を払っているのだから、きちんと請求することも大切ですよね。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 中学生
12 2014 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。