がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

劇団四季ライオンキング リピート率が高いことに納得

劇団四季 ライオンキングのサウンドトラックCDをもらいました。

DSC02793.jpg
あ・・・正確にはTUTAYAで借りてコピーしたものね。

聴いていたら、高ぶる、高ぶる~!
めっちゃテンションあがります。

今回、2回目の観劇となったライオンキング。
1回目のときと比べて、さらに舞台はよくなっていて驚いた!
ライオンキングのリピート率が高いのも納得です。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【歌が最高だ】
オープニングの「サークルオブライフ」に身震いします。
「ナ~ チンゴンニャ~ マバギ~ ティババ~・・・」みたいに聞こえる歌ね。

その後、動物たちがプライドロックに続々と集まってくるところに、ゾクゾクします。
広大な大地と光と生命の誕生のすばらしさを実感します。

初めて四季劇場の舞台をみたとき、「えっ?小っちゃ・・・!」と思いましたが、舞台が始まるとそこはアフリカの広大な大地に見えるのです。

「命はめぐる~ サークル オブ ライフ」の後にズンって響く音に、涙がドバーってなります。まじで。
DSC02643.jpg


その後も、ディズニーアニメでみた知っている歌が続き、ワクワク感いっぱい。そしてアンサンブルの歌声のすばらしさに、感動の涙、涙。
ソロの歌声もすばらしいですが、私はアンサンブルの歌声が大好き!
涙があふれて、胸につたわっていくの。胸元が冷たいよ。まじで。

【舞台演出がすごい】
でっかい太陽が昇ってくるところは、灼熱のアフリカの大地がよくわかります。

すげーよ、太陽が暑さでユラユラしてる。

シンバがムーの大群に襲われるシーン。
ああ、こんな風に演出するんだ。すごい!ほんとにムーの大群が迫ってくるよ。

崖からムファサが落ちるシーン。
あ!ここでワイヤーが上から降りてきて、この場面で身体につけてたんだ!

ハイエナの団体、かっくいい!
ダンス、キレキレじゃん!でも、そこ3回転するところ2回転しかしてない。

死んだムファサが夜空に現れるシーン。
ムファサの顔のパーツひとつひとつをこんな風に作っちゃうんだ!

などなど、今回は2度目の観劇なので、細かいところまでチェックできます。

【前回と変わっていたシーン】
①ヤングシンバとヤングナラが「早く王様になりたい」を歌うシーン。
ヤングシンバがダチョウから降りてダンスしながら歌います。

②シンバとナラが再開して、愛を感じるシーン。
愛の妖精のような男女が3組踊りますが、衣装がちがってました。
初めてみたときは、ちょっと衣装がエロいと思ったので、今回のほうがまぁまぁ許容範囲。

③雌ライオンたちの涙
ムファサを失って悲しみにくれる雌ライオンたち。
前回は全員が目からトイレットペーパーのような涙を流していましたが、今回は1匹だけでした。
こっちのほうがいいかも。
トイレットペーパーの涙に気が散ってしまうので。
DSC02446.jpg

【2回目なのに涙・涙】
ストーリーも歌もすべて知っているのに、2回目の今回は前回より泣いた。
ムファサとシンバの父と子の語るシーンなんて、「ああ・・・このあとムファサ死んじゃうんだよな」とか思いながら二人のセリフを聞いていたら、もうめちゃくちゃ感極まった。
この場面で泣いてる人はおそらく周りにはいない。
ハンカチで目頭おさえていたら、隣に座っているお兄さんがびっくりしたようにこっちを見てた。
すみませんね、一人感極まるおばさんで。

もう歳とると涙腺弱くてダメですね。
何気ないシーンにもいちいち涙が頬を伝わり、身体中の水分が喪失したようで。

あとね、人が一生懸命やっている姿をみると感極まるの。
こんなにすばらしいダンスとすばらしい歌声。
こんなにクォリティの高い舞台を完成させるには、いったいどれくらいの練習を積み重ねてきたんだろう・・・って考えるだけで、涙が出ます。

【ライオンキングがロングランなわけ】
今年で15年目を迎えるライオンキング。
相変わらず場内は満席。

これほどまでに愛されるライオンキングは、多くのリピーターに支えられていると思います。
リピーターが新たな観客を呼び、さらに観客を増やしていくってことですね。

今回ライオンキングのCDをくれた友人も、初めてライオンキングを観劇した一人。
こうやって劇団四季仲間が増えていくと、私も最高にうれしい!

CDを聴きながら、またまたライオンキングの世界に浸ります。
また観に行きたい~!






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 劇団四季
01 2013 | 1 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。