がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

ガソリンはセルフで 年間5,000円以上の差がでます

10年以上前から、ガソリンの給油はセルフスタンドでしています。

DSC01474.jpg

今日は近くのフルサービスのスタンドに比べて、セルフのガソリン価格は7円/L安かった。
年間ガソリンコストにしたら5,000円以上の差が出ます。

私の周囲には、「セルフで給油をしたことない~」という人が意外に多いのですが、給油方法はいたって簡単。

ガソリンスタンドの店員さんに、「洗車しませんか?」とか「オイル交換はいつやりました?」とか、あれこれ勧められるのが苦手な小心者の私にとっては、スタンドの人にいっさい気をつかうこともなく、自由にガソリンの量や値段分を決められるセルフスタンドが大好きだ~。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【セルフ式ガソリン給油方法】
ほとんどのお店はタッチパネル形式になってるんじゃないでしょうか。
音声ガイダンスも流れるし、タッチパネルをみながら言われる通りにやればなんら問題ありません。
DSC01467.jpg
油種(レギュラーかハイオクか)を選択し、お金を入金すればスタンバイOKです。

DSC01468.jpg
車の給油口を開く前に、必ず静電気除去シートにタッチしてね。
携帯電話なんかを使用しながらの給油も危険です。

DSC01470.jpg
うちの車の給油口はこうなってます。
これを左に回します。

DSC01472.jpg
ほらほら、給油口はこうなってますよ。
ここにガソリンのノズルを入れます。

DSC01474.jpg
給油ノズルはしっかり奥まで差し込んでくださいね。
こうすると、満タンになれば自動停止装置が働いて、ガソリンがあふれ出すなんてことはありませんから。

DSC01475.jpg
給油が終わったら、キャップをきちんと閉めましょう。
もちろん音声ガイダンスでもちゃんと流れます。
「キャップの閉め忘れに注意してください」って。

これで終了。簡単でしょ?

【車のメンテナンスをやっていることが前提】
私は半年に1度は、ディーラーで車の点検をしています。
プロの方にきっちりとメンテナンスを依頼しているからこそ、ガソリンの給油はセルフで安心してできるのかもしれません。

定期的に車の点検をしないという方は、フルサービスのガソリンスタンドでオイル交換やタイヤの空気圧やあれやこれやのサービスを勧められて、受けたほうがいいかもしれませんね。

私は頼んでもいないのに、そういったサービスを勧めてくるガソリンスタンドがちょっと苦手です。

【ガソリンが安いとあらぬ噂も立つ】
「あそこのガソリンは灯油が混ざっているから安い」なんていう噂を聞いたことがあります。

今は数か月に一度は抜き打ちでガソリンスタンドの検査があるそうなので、そんなとんでもないガソリンを売っているなら、すぐに違法で逮捕されてしまうそう。
「○○のハンバーガーが安いのは、ミミズの肉を使っているからだ」なんて噂も、昔ありましたよね。
そんなレベルなんだと思います。つまりは安いお店に嫉妬した周囲のお店の妬みとか・・・。

周囲のお店と比べて格安にガソリンを提供しているお店は、エネオスとかコスモとかそういう看板を掲げていない無メーカーのところが多いですよね。

看板を掲げないので看板料を支払わない分だけ安く提供できるとか、その週ごとに一番安い問屋からガソリンを仕入れるので(先週はコスモ、今週はエネオスといったように)どこのメーカーのガソリンか看板は揚げることができないのだと聞きました。

ただし、安いガソリンというのは不純物が多いともききましたが、これは走行にはなんら支障ないそうです。オイルフィルターは詰まりやすいとは聞きましたが、これも定期的にメンテナンスをやっていれば問題ありません。
燃費?うーーん、これはきっちり比較したことがないのですが、極端にガソリンの減りが早い・・・という印象はありません。うちの車の場合ですが・・・。

もっとも、セルフのスタンドが安いのは、人件費が安くできる分なんでしょうけど。

うんにゃっ!
やっぱりガソリンはちゃんとしたメーカーの不純物の少ないものじゃないとダメ!という方は、自分の信頼できるメーカーのガソリンスタンドでガソリンを入れてくださいね。

ちなみに私は、10年もセルフの無メーカーのガソリンを入れていますが、車が故障したことはありません。









sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

22 2013 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。