がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

冷えとり靴下 穴が開く理由がようやく判明

そろそろ冷えとり靴下夏用が欲しくなってきました。
冷えとり靴下って何枚も重ね履きするのが基本だけど、ちゃんと夏用と冬用があるのです。

DSC00386.jpg DSC00812.jpg
左が冬用シルク、右が夏用シルク。

冬用のシルクは軍手を薄くした生地のよう(失礼か?)。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【冷えとり靴下に穴が開くワケ】
冷えとり靴下を履いていると、靴下に穴があく。
足裏には身体に通じるツボがたくさんあって、シルクを履くことによって自分の体の悪いところの毒出しが始まるんだって!!

⇒冷えとり靴下診断で身体の不調がわかる

私も最初は面白半分で自分のシルクの靴下のどこに穴が開くのか楽しみにしていたけれど、冷えとり靴下を履いて2か月経った今でもシルクの靴下は丈夫で、穴なんか開きやしません。

もっとも冷えとり靴下は24時間常時履くのが基本らしいので、私のように夜だけ履いていたのでは穴なんか開きませんよね。
でも、足裏から毒が出るなんて、いったいどーゆーことっ?

冷えとり靴下に穴が開くのは、物理学的に考えて摩擦によるものだと思います。
シルクはタンパク質でできている繊維です。長時間履いていれば穴も開きます。
実におもしろい(by ガリレオ)

DSC00813.jpg

【重ね履きには納得】
でもね、靴下の重ね履きというのは納得できます。
衣類を重ねることにより、布と布の間には空気の層ができるので、それが体温によって温められるんですよね。
羽毛が空気を何層にも含んで温かいのはそのためだもんね。

だから冷え症の人が、頭寒足熱で足元を温めるために靴下を重ね履きするのは賛成。
実際私も靴下を重ね履きすることにより、足元は以前よりもずっと温かくなりました。

【シルクを身につけることも納得】
そもそもシルクは、蚕からとった動物繊維。タンパク質を主成分とします。
シルクは軽くて通気性がよくて吸湿性がよいもの。
そんなタンパク質の繊維を直接肌にまとったら、皮膚の保護にもなっていいと思います。

私も冷えとり靴下を履くようになってからは、足のかかとのカサカサがずいぶん改善しました。
そしてなんといっても気持ちいい!これに尽きます。

履き心地がサラサラしていて、それでいて温かい。
夏は裸足だと足裏がペタペタするし、かといって靴下を履いているとムレる。
でも冷えとり靴下ならばとっても快適なんですよね。

【冷えとり靴下ではなくシルクの靴下】
冷えとり靴下っていうから、めんげんだの毒出しだの好転反応だの、なんだか胡散臭い言葉がついてくるんですよねぇ。
ふつうにシルクの靴下って言えば、なんら抵抗ありません。

シルクはとってもいいです。
履き心地快適です。
足裏もサラサラで気持ちいいです。

なので、もう一組夏用の冷えとり靴下・・・・もとい、シルクの靴下を買おうと思います。

【シルクの欠点】
シルクについて調べていたら、欠点として「虫に食われやすい」とありました。

ああ!納得!
冷えとり靴下で穴が開くっていうのは、毒出しのせいではなくて、虫に食われたんだったのかぁぁぁぁ。



以前買ったシルクの靴下がずっと売り切れだったんだけど、ようやく再販が始まりました。
安くて助かります♪







sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 冷え
24 2013 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。