がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

月額1万円以上の支出増?高校授業料無償化終了

大学生の長男、高校生の次男、中学生の長女と3人の教育費にかかるお金がとてつもなくかかっている我が家は、現在収支のバランスがいっぱいいっぱいな状態。
でも、来年になるとこのままではバランスが崩れそう。

なぜなら高校の授業料の無償化が終わってしまうからなんですよね。

<次男が高校1年生でかかったお金>
無題

⇒子どもが高校生になる前に貯めておくべきお金


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【高校授業料無償化は4年で終了?】
民主党が平成22年4月から始めた高校授業料無償化は、公立高校を対象にしたものでしたが、私立高校に通う生徒にも支援金支給という形で補助が出ていました。
所得に関係なく無償化が行われたため、バラまきと批判する人もいましたね。

我が家は当時高校2年生だった長男が2年間無償化の恩恵を受けることができたので、とってもありがたかったです。
現在高校1年生の次男も、今年は授業料がかかっていませんが、いよいよ来年度から授業料がかかるかと思えば・・・むむむぅ~・・・ちょっと苦しくなります。

安部首相は「法律の見直し規定も踏まえ、所得制限の導入も含め、真に公助が必要な人への制度となるよう検討する」と述べていますが、どうやら平成26年度からは高校授業料無償化はなくなると思って構えていたほうがいいですね。

【世帯年収900万】
高校授業料無償化は、最初世帯年収700万円以下が対象という案が出ていたようですが、現在はまだ検討中で世帯年収900万円以下という基準も出ているようです。

世帯年収900万円というのは、対象世帯の4分の1にあたるそう。この基準を決めるのって案外難しいですよね。

私のお友達で夫婦そろって医師という家庭がありますが、2人のお子さんは現在医学部と薬学部に通う私大生。ハンパない教育費がかかっていると思います。
年収がいくらであろうと、各家庭は世帯収入の中でやりくりできるように生活水準を決めているのだから、今まで無料だったものが有料になると、やはり家計の見直しは必要になってきますよね。

あ・・・我が家は900万円には当然及びません・・・。

【高校の授業料っていくらだった?】
ところで高校の授業料って、そもそもいくらだったのかしら・・・。
長男が高校1年の頃の記録が残っていないので曖昧なのですが、たしか毎月2万円くらいは高校に納めていたように記憶しています。

現在高校2年生の次男が、今年1年間で高校に納めるお金は91,500円。
授業料は無料ですが、学年積立(模試代他)やPTA会費、体育後援会費などなどのお金です。
月割りにすると7,625円。

つまり授業料は月に1万円以上の額だったのかなぁ。
来年度は、月1万円分をどこかの予算を削ってもってこなければならないですね。

アベノミクスで日経平均株価はじわじわと上がってきているけど、我が家は給料にはちっとも反映されていないぞーーーっ!
物価はすぐに反映されるのに、給料にはいつ反映されるのさっっっ!!

【追記】
2014年4月から、高等学校等就学支援金制度として、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯で年収910万円)未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給しています。






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 高校生
22 2013 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。