がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

劇団四季 一度は観たほうがいい舞台

いよいよ来週は劇団四季の「ライオンキング」を観に行くよっ♪
絶対感動するっ!
観る前からわかるっ!
そして私は号泣だ~。


昨年、一度くらいは観ておこうか的な軽いノリで「美女と野獣」を観て、どっぷりハマってしまいました。
この歳で、こんなにハマるものがあるなんてね。
人生の楽しみをまた見つけちゃったから、まだまだ死ねないね♪


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【劇団四季にハマる47歳】←ワタシ
「美女と野獣」に魅せられて・・・。
なにがすごいかって、もうぜんぶ!(←説明になっていない)

舞台のクオリティの高さ!
すべての役のレベルの高さ!

主役級のベルや野獣やガストンがすばらしいのはもちろんですが
すべての脇役たちの演技もハンパなく完成度が高い!

ベルが森で迷ったときに出てきたオオカミたちの演技にマジで感動しました。
それだけすべてにおいて完成された舞台なんです。

舞台が始まると同時に、頬を伝わる温かいものが。
あれ?私泣いてるの?・・・と思ったのもつかの間
その後は涙が出るなんて生易しいものではなく、大号泣ですよ。

人間って感動するとこんなに泣けるんだね。
「お母さんくらいだよ、そんなに泣いてる人」と娘に言われようがかまいません。
だって、マジで感動したもの。

帰ってきてからも余韻にひたりたくて買ってしまいました↓



【ライオンキングを観るならおすすめの座席】
●1階I~L列(前から7~10番目)
●1階通路側

あまり前だと全体を見渡せない。
プライドロックという高い場所もあるので前すぎると首が痛くなる。
ライオンキングは冒頭が一番感動するらしい。
これは動物たちがプライドロックに集合するために、なんと客席の通路を通って舞台に上がるのだとか。
通路側の席は、その臨場感が味わえるという。

うっひょーーー。
ほんとに楽しみ♪

だって、私の座席は1階L列の通路側なんだもん♪
今から想像して震えるよ・・・。

ちなみにこんなサイトを見つけました。

⇒NAVERまとめ 劇団四季のライオンキングを観たあとに見ておきたい動画

観る前に、見ちゃったけど、ますますテンションあがったわぁ~。
チケットはネットでさくさくとれるので、ほんとにありがたいです。






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 劇団四季
19 2013 | 2 comments 

-2 Comments

ゴン says..."ライオンキング大好き!"
宇宙花さんこんにちは♪
実は一昨日凄い発見をしたのです。たまに寝る前にベットで10分位スマホでブログをみるのですが、ゴンがブックマークをしてるブロガーさんって3人しかいないのです。そのうちの一人が宇宙花さんだったんですよぉ!!!スマホ画面だと自己紹介とか確認しないでブログだけ「うん、うん学費ね」「そうそう!ライオンキングね!」って。

コメントのお返事くれてる宇宙花さんと、ゴンが大好きなブロガーさんが同一人物だった事に背筋がゾワゾワ~っとなりました!!

劇団四季大好きですよ♪ライオンキングは始まって20秒で涙どばーーーっっと溢れます!あの後ろドアから一斉に◎×★~◆なシーンで!もう圧巻ですよね!もしかして今まですれ違ってたり!!!
2013.03.22 13:45 | URL | #- [edit]
そらはな says..."ゴンさんへ。うれしいです。"
こんばんは~。
うれしいコメントありがとうございます。
私はいまだガラケーなので、スマホ画面ってわからないのですが、スマホって記事だけ並んで表示されるんですかね?
それにしてもブックマークまでしていただいたゴンさんが、ライオンキング大好きで、私も本当にうれしい!

観た人にしかあの感動はわからないですよね。
私は来週初めてライオンキングを観るのですが、もう楽しみで楽しみで♪
実は昨日娘といっしょに、ディズニーのライオンキングのアニメをみたんです。子どもたちが小さかった頃に見て以来、何年もみていなかったので。
このシーンは舞台でどうやって再現するのかな・・・とか、想像してたらますます楽しみになっちゃって。
やっぱり冒頭のシーンは感動ものなんですね。
号泣できるように、ハンカチではなくバスタオルもっていかなくっちゃ!
2013.03.22 22:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。