がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

モノには役目を終える時期がくる なりたい将来をイメージして断捨離する

リビングの片隅にずーっと置かれたまま、1年以上も誰も触れていないモノをやっと片付けました。

DSC01774.jpg

3人の子どもたちが長い間遊んでいたゲームです。
お世話になったゲームたちも、我が家での役目をようやく終える時がやってまいりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【役目を終える時】
「モノには役目を終える時があるということを受け止めましょう」

断捨離に迷った時、私の背中を押してくれるバイブル「50歳からのリセット整理術」の著者・中山真由美さんのお言葉です。

モノは使えば使うほど愛着がわきますし、お金をかければかけるほど、捨てられずにその機会を逃してしまいます。

思えば、家庭用ゲーム機に最初にハマったのは、この私。
学生時代、友人宅でやったドラクエに衝撃を覚え、初任給で買ったのがファミコンでした。

そんな私から生まれた3人の子どもたち。
ゲームをやらないわけがありません。

ファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO64、ゲームキューブ、PS2、Wii・・・。
新しいソフトが出るたびに、新しいゲーム機が出るたびに、メーカーの戦略にまんまとのせられて買ってきましたが、とうとう我が家もゲーム機の役目を終える時がやってきました。

DSC01771.jpg

リビングの片隅に置かれたゲームソフトは、もう1年以上誰の手に触れられることもありません。

考えてみれば、次男が高校生になったころから、テレビ画面でゲームに興じるということが激減しました。
それは、DSやPSPなどの携帯用ゲーム機の登場も大きかったのですが、子どもたちが高校生になりスマホを持つようになってからは、ほとんどゲームはしなくなりました。

そして昨年次男が家を出て、我が家のゲームたちは完全にその存在を忘れ去られておりました。

もったいない。
多額のお金をかけて買ったゲームソフトがもったいないのではなく、使わずに埃をかぶったままの空間に置いておく、そのスペースがもったいない。

そんな風に考えられるようになったのも、子どもたちが巣立ったあとの第二の人生を思い描くようになったからなんです。

【ゲームの断捨離】
まずは、カラーボックスを占領していたゲーム機やソフトを全部出します。
ゲームソフトは、ひとつひとつケースの中身を確認します。

DSC01773.jpg

攻略本はごみとして処分します。

DSC01778.jpg

壊れてしまったゲーム機本体と、なんのコードかわからないモノも処分。
Wii本体は、接触がわるくて起動しにくくなっていましたので、もう捨てます。

DSC01777.jpg

ゲームソフトと説明書がセットになっているものは、BOOK OFFで買い取ってもらいます。
ゲーム機の付属品も買い取ってもらえるかな?

DSC01785.jpg

携帯用ゲーム機とそのソフト。
PS2本体は、とりあえず保管。

うーん。
でもきっと使うことはもうないと思います。
1年経って、1度も使わなければ処分します。

断捨離するときは、全部出してから、不要なもの、買い取ってもらうもの、保留するもの・・・と、分けていけば、比較的迷いがなく片付けられます。

【リセット整理】
モノを捨てると、当然空間が生まれますよね。

DSC01779.jpg

ゲームソフトを収納していたカラーボックスを、あらたに活用して整理します。

DSC01780.jpg

で、
リビングで使っていた中途半端なカラーボックスを捨てることにしました。

なんとこのカラーボックス、実は夫が学生時代に食器棚として使っていたもの!
よくもまぁ!これまで転勤族だった我が家の引っ越しについてきたものです。

ありがとう、食器棚兼本棚。

DSC01790.jpg

そしてゲームソフトを収納していたカラーボックスは、もともと2つのものをジョイントで接続していたものなので、今度は分割して使います。
他の場所で使っていたカラーボックスもみんな集合させてみました。

カラーボックスは、同じシリーズでサイズや幅がちがうものをそろえておけば、多用途に使いまわせて便利です。

DSC01789_20160312155721f30.jpg

そして、リビングはこんな感じになりました。

収納空間って、空いているからといって必ずしもそこにモノを詰め込まなくてもいいんですよね。

空いたところに、ディスプレイすればなんだかおしゃれになります。

【将来の暮らしをイメージする】
中山真由美さんによれば
「なりたい自分を想像し、それを実現させるためにモノを整えるのが、片付けの本来の在り方」なのだそうです。

2年後、おそらく娘は家を出ることでしょう。
そうなったら、いよいよ第二の人生がスタートします。

そして、3人の子どもたち全員が社会人となり独立した時には、私は今よりももっと快適な空間で暮らしていたい。

掃除が楽にできるよう、余計なモノは一切必要ないスッキリとした空間で、友達を招いてお茶したり、好きな本を読んだり、DVDを観たり。
そして、時には劇団四季を観に行って、全国各地に散らばって元気で暮らしているであろうと思われる子どもたちを、たまには訪ねる。

家に帰ってきたときも、余計なモノがないから、散らかっているなんてことはありえない。



ああー。
そんな将来の暮らしを夢見るからこそ、「気力・体力・時間」のある今こそ、断捨離しなければならないのですよね。

今年も、月に1度はターゲットをしぼり、断捨離活動をしていきたいです。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

13 2016 | 2 comments 

-2 Comments

不死鳥 says..."2回目です"
以前インコの記事でコメントした不死鳥です。
「なりたい自分を想像し、それを実現させるためにモノを整えるのが、片付けの本来の在り方」
この言葉は目からウロコでした。
自分は以前ちょっとした事があり、金銭的に余裕がなかったので身の回りで不要な物を思い切って売ったり捨てたりしましたが、今、若干生活が落ち着いてくると、手放して後悔した物がいくつかあります。
買うときもそうですが捨てるときもしっかり考える必要がありますね、高価な物や貴重で手に入りにくい物等はなおさらです。
2016.03.13 11:20 | URL | #99DFA69w [edit]
そらはな says..."Re: 不死鳥さんへ"
こんにちは♪
たしかに、勢い余ってなんでも捨ててしまうと、後悔することもあるかも・・・ですね。
私も、目の前のモノを将来使っている自分が想像できるかどうかで、モノを捨てる判断をするようになりました。
自分なりの目安ができると、断捨離もスムーズにいくのではないかとおもっています(#^^#)
2016.03.13 21:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。