がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

自動車保険の見直し 10年以上無事故なので免責金額を変更しようと思う

来年度の任意自動車保険の継続の案内が届きました。
来年度の保険掛け金は、約2万円。

あれ?
なんだかずいぶん安くなったような・・・?

218b4a175fa82a1101f51fd5b9a3cc93_s.jpg

保険内容を見直してみると、さらに安くできるのではないかと思いはじめました。
10年以上ぶりに、自動車保険を見直そうと思いました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【自動車保険】
任意の自動車保険に入っていないと、怖くて運転なんぞできません。
自損事故ならまだしも、自動車という凶器を運転する以上、いつ何時誰かを傷つけてしまうかもしれないのですから。

私は、社会人になった時に入った自動車保険を、いまでも継続加入しています。
過去に1度、わき見運転で対向車と接触し、その時に保険を使いましたが、その後は特に事故をおこすこともなく、現在に至ります。

相手からぶつけられたことは2度ほどありますが・・・。

⇒車で追突されました イライラしない考え方

自動車保険は、無事故歴が続けば続くほど、毎年の保険料は安くなっていきます。
その保険料も、いつしか最低額のランクになりました。

昨年度の保険料は、年間25,000円(端数切捨て)。
それが来年度は、年間20,000円となります。

対人無制限。
対物1,000万円。
搭乗者1,000万円。
無共済等自動車障害2億円。
自損事故1,500万円。

以上の補償ですが、これが高いのか安いのかはわかりません。
保険は、万が一の時のためをカバーするものですが、万が一なんて誰も遭遇したくありませんしね。

【新車割引】
昨年車を買い替え、ワンボックスカーから1,500cc以下の普通乗用車になったので、保険料が安くなったのですが、さらに「新車割引」が適応されていました。

保険料が10%割引
3年間割引が適応されるらしいので、3年後には22,000円になるということですね。

それにしても、新車割引なんて昔あったかなぁ?

あったのかもしれないし、なかったかもしれない。
それほど、以前の私はお金を大事に扱っていなかったのでしょう。

支払わなければならないお金に関しては、何にどれくらいかかるのか、何がお得で何が割引されているのか。
そういったことに関心を持たなければ、毎年口座から引き落としされる自動車保険料も、ただ無くなっていくに過ぎません。

交通ルールを守って10年以上無事故だったから、保険料も安くなっているのね。
新車となって事故を起こす確率が減るから、保険料も割引されるのね。
ありがたい、ありがたい。

そんなことに感謝できるようになったのも、やっぱりお金にきちんと向き合うようになったからなんだと思います。

【対物免責】
私が加入している自動車保険は、対物賠償免責が「無し」か「3万円」が選べます。

運転中に他人の車や物を壊してしまったとき、免責が無しの場合は、保険金ですべて支払うのですが、免責3万円の場合は、自己負担3万円で残りを保険金でカバーするというもの。

当然、免責3万円のほうが、保険料は安くなります。

10年以上無事故で過ごしてきた私にとっては、免責3万円にしておけば、年間保険料が3,000円~8,000円安くなっていたのです。(等級によりちがう)

しかし、保険に加入するときは、こういったことをまったく考えずに、「なんとなく・・・」で入っておりました。

今回、自動車保険が安くなり、改めていろんなところを見直したのですが、いかにこれまで細かい字が羅列したパンフレットを読まずにきたのかが、よーくわかりました。

若いころは視力2.0を誇った私。
こんな細かい字を読むのは、まったく苦にならなかったはずなのに、なぜに読まなかったんだ。
私のバカ。

そして、お金を大切に考えるようになった今では、老眼の目にキビシー小さな文字の自動車保険の案内パンフを、穴があくほど眺めているという・・・。
なんとも皮肉なことよね・・・、と、変なところで笑ってしまいました。

話がそれましたが、来年度からの保険は免責3万円に変更しようと思います。

保険の怖いところって、こうやって加入内容を変更したとたん、事故にあったらどうしよう・・・という想像をしてしまうところなんですよねぇ。

万が一相手の車を傷つけてしまい、賠償保険を使った場合、翌年の保険料の等級が下がり、3年間は保険料が割増しになります。
場合によっては、保険を使わずに全額自腹で払ったほうがいいかもしれないってことですよね。

いろいろ悩みどころはたくさんありますが、これもパンフをよーく読んだからこそわかった悩み。
無知なことが、どれほど損をするかということは、よくわかっておりますので、今後もパンフなどはよーく目を通したいと思います。

【ファミリーバイク特約】
ところで、大学生の次男がスクーターが欲しいと言い出しました。
なんせ田舎なもので、自転車で移動するにも限度があるんですよね。

d0e40cea89dce377ca24b05544749253_s.jpg

親としては、スクーターに乗ることで日常の危険が増すという不安はありますが、考えてみれば夫も大学生のころはスクーターどころか250ccのバイクに乗っておりました。

次男がスクーターに乗るとなれば、保険は大学生協のものに入ればいいのかな・・・?なんて漠然と考えていましたが、「ファミリーバイク特約」というのがあるんですね。

私が加入している自動車保険に、ファミリーバイク特約をつければ、次男がスクーターに乗った場合に対人・対物補償が受けられるんです。
年間保険料は免責なしで9,000円ちょっと。
免責3万円で7,000円ちょっと。

うぬぬぬ。
ここでも免責の選択かぁ・・・。

しかし、自動車保険の細かい字をがんばって読んでいて、ファミリー特約なるものも知りました。

やっぱり自分にかかわるお金のあれこれは、「よくわからないけど、ま、いっかー」ではなく、何事も探求せねば・・・と、つくづく思った次第・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

07 2016 | 1 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。