がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

満期となった定期預金の預け先

いまや定期預金ですら、その金利は雀の涙。
うちのセキセイインコのソラの涙よりも少ないかもしれません。(見たことないけど)

DSC00393_201601272117564ef.jpg

定期預金が満期となったので、その預け先について考えました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【3か月生活できるお金】
突然仕事を失った場合、とりあえず3か月生活できるお金があればいいという話を、若いころ聞いたことがあります。
それがずーっと心の中にあったのか、とりあえず普通預金の口座にはいつでもお金を引き出せるようにと、50万円くらいのお金は残しています。
別名、「万能貯金」とも呼びます。

50万円じゃ、大学生を2人抱える我が家の場合は、2か月ももちませんけど・・・。

夫と私と2人が同時に職を失うということは、まずないと思われますが、何事も「絶対」ということはありません。
いつでも、不測の事態に対応できるのは、やっぱりお金なのかな・・・と思うのです。

3か月生活できるお金「万能貯金」が100万円を超えたら、定期預金へ。
そして再び、3か月生活できるお金をコツコツ貯める。

結婚してからこれまで、ずーっとそんな感じでやってきました。

【ペイオフ制度】
バブル崩壊で、経営破綻に陥った銀行がいくつかありました。
銀行でも潰れるんだなぁ・・・、と、当時思ったものでした。

もしも、自分がお金を預けている銀行が破綻したら、どうなってしまうんだろう?
そんな不安もありますが、実はペイオフ制度といって、普通預金や定期預金は、1つの金融機関につき1,000万円とその利息分は保証されているんですよね。

そうかー、1,000万円までは大丈夫なんだー。
じゃあ、1,000万円を超えるようになれば、預け先の銀行を分散させなきゃならないのねー。
・・・と、若かりし頃の私は、思ったものでしたが、そんな心配は無用でありました。

まず、銀行口座はゆうちょ銀行のほかにも、地元の銀行や給与振り込み口座などで、必ずいくつか口座を作る必要があります。
そして、1か所の金融機関に1,000万円も貯まる前に、車の買い替えやマイホーム資金などで、お金は定期的に減っていくので、大丈夫でした。(いや、大丈夫じゃないけどね)

さらに、子どもたちが大学生となってからは、学資保険だけでは間に合わず、やはり貯金は減っていきました。
ペイオフ制度をあれこれ考える必要もなかったわけです、はい。

【定額貯金】
とりあえず定期預金へ。
しかも手堅いゆうちょ銀行定額貯金へ。

それが一番確実にコツコツとお金を貯める道だと思っていました。

もちろん今でも、ゆうちょ銀行の定額貯金にはお金を預けています。
平成20年に預けた定額貯金の金利は0.4%。

20代のころの定額貯金の金利が5%だったのを覚えているので、0.4%なんて低いっ!と当時思ったのですが、それも今となってはすごく高い!

現在、定額貯金を10年間預けてもその金利0.04%ですから、わずか8年の間に金利は1/10になってしまったのです。

【ネットバンク】
長男が大学生になってから、恐ろしく出ていくお金に不安になり、あれこれ調べているうちにたどりついたのがネットバンクでした。

最初は、長男の家賃振込手数料が400円も500円もとられるというバカバカしさにほとほと腹が立ち、友人に教えてもらったのがすみしんSBIネットバンク。

月3回までは振込手数料が無料だったので、迷わず口座開設したのですが、これをきっかけにネットバンクの金利は地元の銀行よりもかなり高いということも知りました。

*現在は、条件により振込手数料無料回数がちがいます。

仕事をしている私にとって、24時間いつでも好きな時間にお金を振り込んだり、、普通預金から定期預金へ預け替えることも可能なネットバンクはとても魅力的でした。

【定期預金満期のお金】
ネットバンクに預けていた定期預金のお金が満期となりました。
満期となったお金は、そのまま利息とともに普通預金口座に振り替えられます。

以前は、そのまま普通預金口座にお金を入れたままにしていました。
急に何か必要になるかもしれない。
とりあえずいつでも引き出せるように、普通預金に入れておこう。

だけど、特に決まった予定がない限り、急な出費ってないのです。
家計簿をきっちりつけるようになり、1年間のお金の流れが把握できるようになると、前もってお金を積み立てておくという術がわかるようになったので、突然の急な出費は、まずない。

家電製品がある日突然壊れた・・・なんていう場合も、普通預金口座にある「万能貯金」から出せばいい話。
あとは、夫や私が急に倒れた・・・とか?交通事故にあったとか・・・?そんな場合?
それだって、とりあえずは「万能貯金」。

なので、満期となった定期預金は、その時利息の高い定期預金へすかさず移し替えるようになりました。
普通預金に黙って入れておくよりも、例え雀の涙くらいの金利でも、より高い定期預金のほうがいいですもんね。

【定期預金中途解約】
ところで、定期預金って、中途解約できるって知ってましたか?

例えばゆうちょ銀行の定額貯金も、「6か月以上経過すればおろすことができます」と、郵便局の方は言いますが、6か月経たなくても中途解約できるんです。

中途解約すると、金利が普通預金の金利と同じになってしまうということ。

すみしんSBIネットバンクの定期預金は、中途解約金利というのが適応されますが、あまりにも早期に中途解約をすると、普通預金の金利よりも低くなってしまうこともあるそうです。

なるべくならば、満期まで預けるのが一番なんですが、中途解約もできるってことを覚えておくと、ちょっとだけ心の負担が減ります。

それでも、今年中にまとまったお金が必要となるので、定期預金に入れるのはちょっと悩む・・・という場合。

私は、イオン銀行の普通預金へ入れてしまいます。
イオンカードセレクトならば、普通預金の金利が上乗せになり、0.12%となるのですから。

ゆうちょ銀行普通預金の金利が0.03%ということを考えれば、4倍のお得。
大切なお金を大切に扱うには、ホント頭を使わなければならないのですよねー。

神経を研ぎ澄まして、アンテナを張り巡らして、まだまだボケるわけにはいきません!と思う、今日この頃なのです。






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : お金の話
28 2016 | 2 comments 

-2 Comments

丘の上の住人 says..."ゆうちょなら・・・"
ゆうちょなら、「定期」じゃなくて、「貯蓄預金」がオススメです。
定期と違って出し入れ自由ですし、普通預金よりも金利が高いですよ〜。

条件は、入金10万円以上(10万以下なら普通預金と同じ金利になる)。
ただ、その通帳からは振込出来ません。

ネットバンクに比べたら、微々たる差なんですけど・・・
ほんと、最近の金利って低いですよね・・・^_^;
2016.01.28 08:02 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: 丘の上の住人さんへ"
貯蓄預金というのがあるんですね。
知りませんでした。
世の中、まだまだ知らないことが多すぎです。
調べてみますね。
情報ありがとうございます(^_^)
2016.01.29 08:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。