がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

2016年断捨離第一弾はダイニングチェア でもテーブルはリフォームして使います

ダイニングチェアを捨てます。
25年間使いました。もう十分、お値段以上に使い倒しました。

DSC01444.jpg

しかし、ダイニングテーブルは残します。
まだ使えるものは、感謝して使っていきたいと思います。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【2016年断捨離第一弾】
昨年からスタートした我が家の断捨離。
今年もどんどん進めていきたいと思っています。

断捨離とは、不要なものを断ち、使わないものを捨て、モノへの執着から離れること

もともと、何かの収集癖もなく、モノにはさほどこだわりはない私ですが、インターネットな世の中でなんでも簡単に手に入る時代。
衝動買いやなんとなく買いをしていると、すぐにモノがあふれてしまいます。

理想は、ホテルのような生活感のない部屋なのですが、もちろんそんなことは無理。
しかも、自分一人ならまだしも、家族がいるのですから、いろんなモノがあふれてくるのは当然です。

だからこそ、本当に必要か否かで、しっかり考えていかなければなりません。

2016年、断捨離第一弾は、ダイニングチェアとなりました。

DSC01445_20160124110218bb2.jpg

10年くらい前に、椅子の布地を自分で張り替えたのですが、これも裂けてきました。
座布団を上にのせて隠していたのですが、もういいよね。
こんなに使った・・・いえ、座ったのだから。

DSC01446_20160124110220565.jpg

しかも、背もたれの部分の木も外れてきて、やはり10年くらい前に夫が変な細工をしたのです。
金具を直接打ち付けて固定するという・・・なんともみっともないリフォーム。

ま・・・、そんなところも、気にせずに使っていたダイニングチェアですが、25年も経ったのですから、役目は十分に果たしました。
このダイニングセットは、結婚して最初に買った家具でした。

【ダイニングチェア購入】
ずっと前から、ダイニングチェアを買うなら、回転する椅子と決めておりました。
友人宅へ遊びにいったとき、ダイニングチェアが回転して、座るのがとても便利だったからです。

ニトリで目星をつけていて、似たようなチェアをセシールで購入。
お値段も座り心地もとてもいいです。

結婚当時買ったダイニングセットは、たしかテーブルとイス4脚のセットで10万円くらいしたような記憶がありますが、今は機能性のよい優れたものが、半分くらいの値段なんですね。

【テーブルのリフォーム】
チェアはボロボロになりましたが、テーブルは頑丈なつくりで、いまだ健在。
だったら、買う必要もないので、リフォームして使うことにしました。

DSC01395.jpg

以前は、黒いダイニングテーブルに黒いチェア。

今回買った椅子は、ナチュラルブラウンなので、テーブルの脚もナチュラル色に変えました。

DSC01400_20160124110216f96.jpg

シールつきの紙をホームセンターで購入して、ダイニングテーブルの脚に張り付けるだけ。

DSC01450_20160124214334095.jpg

そこそこ、椅子と合います。
これで十分です。

テーブルの天板は黒いままですが、テーブルクロスをかけて使うので、かまいませんとも。

DSC01449.jpg

使ってみて実感。
やっぱり椅子は回転したほうが、立ち上がるときも座るときも便利だということが、よーくわかりました。

セシールオンラインショップ

使えるものはぞんぶんに使い、不要になったものは、思いっきり捨てる決断も必要ですね。
今年も、断捨離続行でいきます。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

25 2016 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。