がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

光コラボレーション?一人暮らしの子どもを不適切な勧誘から守るために

「これ、どうすればいいの?」
次男から連絡があったのが数日前。

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s.jpg

LINEに添付された画像には、なにやら怪しい勧誘文書。
見るとすぐに「怪しい」と感じる私ですが、大学生で一人暮らしをする次男には、「急いで連絡をしなければならないような気にさせる」そんな文書に見えます。

離れて暮らすわが子を、怪しい勧誘から守るのも、親の務めだと思っています。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【怪しい勧誘】
「入居者各位」と書かれたその手紙。

おそらくアパート入居者のすべてのポストに投函していったと思われますが、手紙の上部には赤字で「重要」と書かれています。

「NTTフレッツ光をご利用の方へ」
そんな大きな文字が目に飛び込んでくるのですが、この時点で関係ない勧誘の手紙だと判断できるのは、次男のネット環境は他社のWi-Fiを契約している親だからわかること。

さらにその下に大きな文字で
「受付期間 ○月○日 まで」
と、書かれていれば、なんだか急いで連絡しなければならないような気にさせられます。

ほんと、うまくできてます。

小さな文字で書かれた文章をよく読んでみると、
・現在利用の光回線よりも低価格で利用できる
・現在利用の回線や機器はそのまま利用できるうえに、さらに価格は安くなる

なんて、書かれていますので、まるでNTTが新たに開始したサービスとも勘違いしがち。

受付期間が限定されているうえ、なんだか安くなるらしい・・・?
・・・と、とりあえず記入されている連絡先に電話をかけたら、その後はおそらく電話勧誘がしつこくなるのかな・・・?なんて思いました。

【一人暮らしの子どもを勧誘から守るため】
さてさて、大学生のわが子。
一人暮らしは初めてですから、これまで親がある程度ブロックしてきた様々な勧誘や誘惑を、一人で対処していかなければなりません。

もちろん最初は無理でしょう。
人は、いろいろな失敗を繰り返しながら、学んでいくこともたくさんあります。

しかし、私が学生だったその昔よりもはるかに、巧妙に仕組まれた勧誘はたくさんあるわけですよね。
オレオレ詐欺に、いまだに騙される方がいるように・・・。

次男が大学生となったとき、何度も何度も次男に言い聞かせていたことがあります。

・お金が絡む事柄は、絶対に自分で対処せずに、必ず親に連絡すること
・契約や印鑑を押すようなことも、絶対に一人でやらないこと
・保険証や学生証を安易に他人にみせないこと


次男が大学入学前に、何度も教えていたのにはワケがあります。
それは、長男が大学1年生のころ、一人で光回線を契約してしまった・・・という、大失敗の経験があるからです。

⇒未成年者の契約 嫌です!1円たりとも支払いません


次男へも、この時の話は聞かせておりました。
身近な兄の失敗談は、次男の心に深く刻まれたようです。

次男が大学生になってから10か月。
この間、何かわからないことがあれば、次男はすかさず文書を写真に撮ってLINEに添付してきます。

おかげで、今のところ怪しい何かに巻き込まれることもなく済んでいるのですが・・・。
最近思うのですよね。

おいおい、次男。
なんでもかんでも親に丸投げにしないで、自分でも文書をよく読め!
自分で読んで把握してから、親に連絡をよこすように・・・。

きちんと親に連絡をよこす次男を褒めたいけれど、やっぱり成長とともにステップアップしてもらわなければねぇ・・・。
今年、20歳になって選挙権を持つとは、とても思えない・・・まだまだ、社会的に未成熟な次男であります。

【光コラボレーション】
ところで、次男のもとに届いた勧誘のお手紙。
「光コラボレーション」の勧誘でしたが、調べてみると、総務省がわざわざ注意喚起の文書を発表していました。

2015年2月以降、多くの電気通信事業者が光コラボレーションという光回線サービスを開始し、安易な手続きによりNTT東西日本からの乗り換えが可能になったらしい。
しかし、契約を巡るトラブルが多発中らしい。

そんなトラブルに巻き込まれないよう、総務省が悪質な電話勧誘の例を出して、注意喚起しています。

⇒光コラボレーションモデル不適切な電話勧誘にご注意ください

もしも、次男がよくわからないまま、とりあえず受付期間という期日に焦って問い合わせをしたら、その後はしつこい電話勧誘攻撃となるんでしょうね。
そして、まだ社会的にも精神的にも未成熟な次男は、相手の言葉にうまくのせられて、契約してしまう、あるいは契約したとは知らずに契約している・・・・そんな事態になりかねないのだろうなぁ。

今より安くなります、お得になります。
そんな言葉を鵜呑みにすることなく、自分で調べて情報を集めてみる。

社会の中で一人で生きていくには、アンテナを張り巡らしていなければならない・・・ってことも、子どもには教えていきたいなぁ。

4月から社会人になる長男へも、今一度念を押して確認しようと思いました。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
20 2016 | 2 comments 

-2 Comments

さな says...""
こんにちは

私のマンションにはJ:COMからよくそういったのがポスティングされてます(決まった期間が書かれていてその中で希望日時を選び記入してドアに掛けといてくださいという内容)
その後に営業のかたが毎日来るパターンがしばらく続きます
これが数ヶ月ごとにで
本当に嫌になります

ネットで調べると沢山でてきますが本当にしつこくて…でも無視するしかないので
ひたすら無視してます。。。

2016.01.21 11:56 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: さなさんへ"
やっぱりしつこい勧誘があるんですね~。
うちは、時々光回線の勧誘の電話がしつこく集中的にかかってきますが、今はなにもありません。
売り込みキャンペーン時期とかあるんでしょうかね?(-_-;)
次男には、その手紙は捨てていいと話しました。
今後もきっと、こういう類の勧誘はあるんでしょうね。
社会人になる前の、いい社会勉強だと思えば・・・まっ、いいか!
2016.01.21 22:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。