がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

それ散財ではありません 家計簿の必要性

家計簿をつけたら、食費がすでに3万円超え。
今月はあと3週間もあるのに、どうしよう。

DSC01269_2016010422274685b.jpg

お正月についつい財布の紐が緩んでしまったという人も多いのではないでしょうか。
いや、これ、私のことなんですけどね。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【散財とは】
お菓子もケーキもたくさん買いました。
いつもよりジュースも多く買いました。
外食することも多かったし、いろんなものを作ったし、やっぱりお正月は散財しちゃうよなぁ・・・。

なんて思いつつ、私がこのお正月にお金を使ったのは本当に散財なのかな?という疑問。

散財とは・・・
不必要なことにお金を使うこと。

ならば、お正月で使ったお金は散財ではありません。

帰省する息子たちにおいしいものを食べさせたい。
家族みんなで新年をお祝いしたい。
ケーキもお寿司も、みんな家族の喜ぶ顔が見たかった。

だからお正月に出ていったお金は、すべて必要なことに使ったのだから散財ではありません。
必要な量だけの食料を買い、息子達が帰ったあとは、またいつもの日常、食生活に戻ったのだから、無駄にお金をつかったのではないのです。

【家計簿の必要性】
お正月も終わり、家計簿をつけていたら、食費がすでに3万円を超えておりました。
我が家の食費の予算は、3万5千円程度。

今月はあと3週間も残っているのに、どうしましょう。
・・・と、慌てたくもなりましたが、これも十分想定内。

なぜなら、1年前の今時期の家計簿が、同じような数字を示していたからです。

昨年の1月の食費は72,000円。
長男が帰省し、次男と長女はそれぞれ大学受験、高校受験真っ只中でありました。
それでも、お正月はいつもよりちょっとだけ贅沢な食卓を囲んだものです。

昨年の1月も、いつもの食費よりも2万円ほど多くかかっていましたので、今年も1月の予算は5万5千円程度を組んでいます。
残り3週間、2万円もあれば十分に日常の食生活が送れるというものです。

私にとって家計簿は、つければいいというものではありません。
過去にさかのぼって反省したり、未来の予算を組むための指標となります。

家計簿をつけずに家計管理をすることは、絶対に無理かもなぁ。←
ある程度お金に余裕がある方は、ざっくりとお金をくくればいいので、家計簿なんてつけなくても済むんだろうなぁ。←うちの姉

私にとって家計簿とは、我が家の将来の道先案内人となってくれる、なくてはならないもの。
家計簿、絶対に必要です。

⇒我が家の1週間節約晩ごはん

【散財と活財】
散財とは、不必要な無駄なお金を使うこと。
節約とは、無駄を省くこと。

ならば、散財の反対にあるのが節約?とも思ってしまいますが、どうもしっくりきません。

そうなんです。
家計簿をつけていれば、散財なんてすることはないのです。

我が家にとって必要なお金を使うことは、活きたお金の使い方をすることなんです。
「散財」の反対語は「活財」とでも言いましょうか。

お金は使ってナンボですもんね。
今年も、次男の大学授業料に仕送り、長女の部活費用に塾代、そして、老後資金の貯蓄に、私の劇団四季!
たくさん活財するところがありすぎです。

活きたお金の使い方をするために、今年も家計簿をつけて家計を締めていきたいと思います。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

05 2016 | 4 comments 

-4 Comments

saburoku says...""
こんにちは!初めてお便りします。今年50歳の主婦です。
我が家の子供は3人とも大学生。一番上がこの春ようやく6年間の大学生活を終えます。長かった~
まだ二人残ってますけど・・・
この正月の食費は同じく、7万超えました(汗) もんもんとしていたところに、そらはなさんでも同じ状態かと知って、すごくほっとしたのです!
もうすぐ国家試験を控えている息子に栄養のあるものを食べさせたいとか、就職したら来年はもうこんなふうにそろって正月を迎えられないかも・・・などと変に思い入れてしまい、気がつけば散剤と相成りました。
老後は子供たちに頼らずにと思っているので、そのための貯蓄をしたいのですが、今はどうしても余裕がありません。
あせる気持ちが処理できずにいたところに、そらはなさんのブログに出会って考え方を学び少し気持ちが静まり、楽しく過ごす意味がやっとわかってきたように思います。
近々、四季デビューをもくろんでおります。
初心者にお勧めのものなどありましたら、教えてください。
2016.01.05 12:01 | URL | #uf4EZIj2 [edit]
そらはな says..."Re: saburokuさんへ"
はじめましてでなんですが・・・師匠と呼ばせてください。
だってお子さん3人同時に大学生!
しかも6年生ってことは、薬剤師かDr.か医療系ですよね?
すばらしすぎます~!!!
saburokuさんなら、お子さんたちがみんな卒業されたら、雪だるま式に貯蓄ができますよー。
今は、ひたすらじっと耐えましょう。お互いに(^-^;
でも、自分の楽しみもないとやってられませんもの!
劇団四季!ご一緒したいくらいですわぁ~!

おススメは、ディズニー系がわかりやすいと思います。
チケットのとりやすさなら、やっぱりライオンキングですかねぇ。
美女と野獣はストーリー的に大好きで、アラジンはびっくりするくらいど派手なショーで。
ああ!もうすべておススメです。
50代としては、マンマ・ミーアもぜひぜひ!(^^♪
2016.01.05 20:27 | URL | #- [edit]
saburoku says...""
師匠と呼ばれるには、あまりに直感的に生きていて、理論に基づいて生活されているそらはなさんを見習いたいなと思ってるんですよ~

この我が家最大の経済危機、氷河期とも言っていいタイミングで病を得てしまい仕事ができなくなってしまいました。
すぐにどうこうなる訳じゃなく、かといってどんなに生活習慣を整えたところで改善する性質のものではないので、毎日を徹底的に有意義に(間違ってもやけをおこして散剤することなく!)暮らすと心に決めたんです。
自分がどれだけできるか、ちょっと楽しみでもあります。

唯一自宅通学の大学2年末娘は、高校で吹奏楽部で受験ぎりぎりまでめいっぱい活動していました。そらはなさんの娘さんも吹奏楽部ということで、なんだかいろいろ他人とは思えず、勝手に親近感を覚えてニンマリしています。

今は真ん中が就職活動真っ最中、次は末娘と怒涛の2年間を迎えます。
ここからはもう親が直接何をしてやれるわけではなく、本人がこれまで見聞きして体験したことを土台に、何ができるかを考えていくしかないのでしょう。
とはいえ、見守るだけというのは、かなり精神的にきつくなるでしょうから、私は私の軸足をしっかり持って・・・
というわけで、劇団四季です!!
本当に初心者なので、そらはなさんのおすすめしていただいて助かりました。
マンマ・ミーアと美女と野獣は近場でやってないので、アラジンのチケットを狙ってみます
p(^o^)q
2016.01.06 12:16 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: saburokuさんへ"
直観って大事ですよね。
私も、けっこうエイって飛び込むことがあります。
でも、理由を考えてから進むのも好きなんですよねー。

毎日を自分のために有意義に過ごすことも、子育てがひと段落した世代には、とても大事なことなんだと思います。
子どもは必ず親元から巣立っていくものですもんね。
子どもに全力を注いでいたら、それこそ空の巣症候群になりかねませんものねぇ。

家族を支えるところはしっかり支えて(←しっかりできてないけど)自分の楽しみのための時間もしっかりとって(←これはしっかりできている)、平均寿命まで生きたとしてもあと30年以上!
これからが本当の自分の人生なんだと思っています。
そのためにも、家計管理という土台があってこそなんですけどね。

アラジン!いい席はなかなか取りずらい状況ですが、ぜひぜひ!
今月、来年のアラジン先行予約があるので、1年以上先のチケットを取る予定です。
2016.01.06 23:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。