がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

子どもを社会にお返しします 社会人となる息子へ引き継いだもの5つ

お正月中に帰省していた長男へ引き継いだものがあります。
これまで親がずーっと保管していたもの。

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s.jpg

わが子を社会にお返しする時が、近づいてまいりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【大学卒業】
このまま順調にいけば、長男は今月中には卒論を提出し、来月には卒論発表会。そして3月には大学卒業式を迎えます。
4年間、あっという間でした。

初めてわが子を大学へ送り出した4年前。
親にとっても、なにもかも初めての経験で、いろいろな失敗を重ねながらも、学んだことがたくさんありました。

子ども一人を大学へ行かせると、1,000万円は必要だと聞いてはいましたが、どこか他人事のように感じていた以前の私。
しかし、それは本当だったと身をもって知りました。

次男、長女とまだまだ続く我が家ですので、これまで得た経験を活かしながら、これからも少しでも無駄を省いた暮らしができればいいなと思っています。

【社会人となる子どもへ引き継いだもの】
お正月に帰省した長男へ、これまで親が管理していたものを、すべて引き継ぎしました。

■年金手帳
学生の間納付した証明書を添付しました。
総額482,800円。
これは長男へ貸したお金として、借用書を書いてもらいました。
借用書には、月々の返済計画も書かせました。

お金にだらしない社会人となってほしくないための策でもあります。

■マイナンバー通知カード
住民票がまだこちらにあるので、長男のマイナンバー通知カードは実家に届きました。
このまま長男へ渡し、住民票を移動した際に役所へ提出し、住所変更をするように話しました。
そのあと、マイナンバーカードを作るかどうかは、長男へまかせます。

これからの新社会人には、マイナンバーカードは必要となるんでしょうね。

■長男名義の通帳と印鑑
これまで長男へはキャッシュカードを持たせ、通帳はこちらで管理していました。
いつ、どれくらい引き落としたかがわかって、長男のお金の使い方が把握できましたが、これからは長男が自分で管理していかなければならないものです。

住所変更したら、通帳の住所変更もするように伝えました。

■アパートの契約書と水道光熱費の契約書
長男へ一式渡しました。
引っ越し先が決まったら、早めに不動産屋へ退去の日を連絡すること。
水道光熱関係も、それぞれのところへ連絡して、退去日に清算してもらうこと。

■保険証書
大学生協の生命保険、火災保険、賠償責任保険などの証書を渡しました。
3月いっぱいまでは保証されていますが、その後どうするか考えるように話しました。

といっても、これらのことまで頭が回らないと思うので(私も若いころはそうだった)、引っ越し先が決まる前には、一度連絡をとらなければならないと思っています。


今月中には、どこに配属になるかわかるようなので、それが決まったら忙しくなるんでしょうね。
私は引っ越しの手伝いには行けないので、長男が一人でなんとかすると言っていました。

ちょっとだけ、胸がキューっと締め付けられましたが、思えば私も就職するときは、一人で引っ越しをしたものです。
がんばれ、長男。

どうしても困ったら、いつでも飛んでいく覚悟でいるからね。

【子どもを社会に返すとき】
子どもは天からの授かりもの。
だから成人したら、社会にお返しする時なんです。

以前読んだ雑誌に書かれていた言葉に、胸がきゅんとなりました。

それは、成人になった子どもとうまく付き合えない、または、なかなか子離れできない親たちへ向けられた言葉だったのですが、なるほどなぁ・・・と思ったのです。

親にとって子どもは、20歳を過ぎてもどんなにおっさんになっても、子どもは子ども。
ところが、子どもはどんどん親から離れて新しい世界に飛び出していきたいものです。
若かりしころの私がそうであったように。

そうか。
私は子どもを授かって、育てるという機会を与えられたんだなぁ。
おかげで、親として、一人の人間として成長させてもらったんだよなぁ。
その役目が今、ようやく終わろうとしてるんだなぁ。

子どもを社会へ返す。
そう思えば、私は快く潔く、長男の背中を押してあげることができます。

「これからは、あなたの周りにいるたくさんの人に助けてもらうことになるんだよ。
だからいつも謙虚な姿勢で生きていきなさいね」

お正月を実家で過ごした長男を駅まで送っていくときに、車の中で伝えました。

「はい、はい。わかったよ」
そう答える長男が、本当にその意味をわかるのは、やっぱり今の私と同じくらいの年齢になってからなのかなぁ・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
04 2016 | 9 comments 

-9 Comments

ありかママ says...""
そらはなさん あけましておめでとうございます^o^

今年も仲良くしてね(*^^*)よろしくお願いします^ ^

そらはなさんは本当に立派です
私は 今だに子離れ 親離れを達成してないです
長男も娘も 25歳を過ぎたのに
今だに家でぬくぬくと暮らしております
また それを喜んでしまう自分もいます。
一緒に暮らせる環境にある事なんですけど 子供達を見ていると 考えが甘くて この先が不安になります。

親の背中を見て育つといいますよね
あー 保育園から やり直したい〜(笑)
2016.01.04 09:30 | URL | #- [edit]
みるく says..."あけましておめでとうございます^^"
今年もよろしくお願いいたします^^

「子供を社会に返す時」
確かにそうですね。そう思うと少しは楽になるでしょうか・・・
胸がぎゅーっとなりました。
この切なさはきっと子供達には届かないだろうな。もちろんそれでいいんですが^^

今年で学校生活最後の3年になります^^
部活引退、車の免許取得、就職活動などなど忘れられない年になりそうです^^
私も長男に返すもの、考えたいと思います。参考になりました、ありがとうございます^^


2016.01.04 13:48 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.04 14:16 | | # [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
今年もよろしくお願いします(#^^#)
ありかママさんのお子さんも、ちゃんと自立してるじゃないですかー。
うちは、家から通えるようなところに大学も就職先もなかったですし、しかも遠方で・・・。
だから、親がいなくても一人で生きていけるようにしたかったんですよね。
子どもは遠くに離れちゃいますが、応援する気持ちは同じなので、これからもいろんな意味での心配は尽きないと思っています。

私もいまなら、もっと広い心で子育てができたような気がします。
だからみんな、お孫さんができると、情熱を傾けてしまうんでしょうかねー(^-^;
2016.01.04 21:08 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: みるくさんへ"
今年もよろしくお願いします。

子どもが遠くに離れるのは、やっぱり寂しい気持ちもありますが、「社会に返す」と思えば、なんだか誇らしげにやっていけそうな気がしています。
いずれ慣れるんでしょうけど、慣れるまでの自分の心の持ち方として「社会に返したんだ」と思えば、楽かもしれませんね。

子どもに引き継ぐものは、きっとまだまだたくさんありそうですが、今後は気づいたときにその都度・・・になるのかなぁ・・・?
2016.01.04 21:11 | URL | #- [edit]
しっぽ says...""
「社会に子供を返す」
頭ではわかっていてもなぁ、なんて思っていたのですけど、つい昨日、本当にとにそうだなぁと思うことがありました。

お正月から帰省した息子たちと日帰りプチ旅行をしたのですが、親が息子たちを連れて行っているようで、道に迷ったり、父ちゃんが酔っ払ったときには息子がちゃんとフォローしてくれて、それを頼もしいと思ったのと同時に、「ああ、もう親の役目は終わったのだなぁ」としみじみ思いました。

それからもう一つ感じたのは、「息子達には充分に愛情を注いだ。息子達も受け取った。もう充分だ」と。

なんていうんですかね、「子育てはもう満足した」という気分になったんです。

もっとはっきり言えば、「飽きたな」(爆)

自分でもびっくりしました。だってついこの前のクリスマスには、さみしくてメソメソしたのに(笑)

やるだけのことをやれば、こういう気分になるもんなんでしょうか?
でもまたメソメソするかもしれませんけどね(笑)

これからは子供のためではなく、自分のためのことをもっとやって行こう、そう思ったのでした。
2016.01.04 21:36 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: しっぽさんへ"
おおおおお!
「子育てにはもう満足した」
これぞ、子どもを社会に返す前の最高の心理状態ではないでしょうか。
私は、残念ながらそこまで悟りを開く心境には、まだなれないでいます。
いや、きっとこういうのも、いつしか時間が解決してくれるんじゃないかと・・・他力本願的に思ったりもしてるんですけどね・・・(^-^;
そうだ、私もこれから残された人生、自分のために使おう!
なんて、今でも結構自由にやってるのですが、またまた決意を新たにしました。

今年もよろしくお願いします(#^^#)
2016.01.05 20:15 | URL | #- [edit]
あさママ says...""
おそばせながら
あけましておめでとうございます♬
今年も お世話になります。よろしくお願いします。
そらはなさんの 子どもを社会にお返しするとのことを受けて 子ども達が 生まれた日のこと つい昨日のように思い出しました。 いろいろ事情があり 子どもを授かった時
、子どもは 神様からの授かりもの 感謝し 大切に育て いつかはお返しする時が来る それが 社会に ということだったんだと改めて 気づきました。
いつまでたっても 子どもには変わりないのでしょうが 少しずつ 何か 変わっていってるんですね

今年は 穏やかに時が過ごせたらと思っております。黄昏時にさしかかった感じかなぁ
そして 万年ダイエッターの卒業を目指しております。
これからも お付き合いよろしくお願いします。
2016.01.07 14:14 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: あさママさんへ"
私も最近思い出すんですよ~。
子どもたちが生まれた時のことや、小さかった頃のこと。
それだけ歳をとった証拠ですね(^-^;
子どもは大切な存在ですが、これからは自分のための人生と思って歩いていこうと思います。
まだ下2人がいるんですけどね。
万年ダイエッターって、すごくかっこいい響き!(^^)!
私も何か目標を持たないとダメだなぁ・・・と思うこの頃。
今年もよろしくお願いします(#^^#)
2016.01.08 22:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。