がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

大学生に保険は必要だったのか?今だから思うあれやこれ

長男が大学入学時、大学生協の共済保険に入りました。
生命共済、火災共済、さらに賠償責任保険。

DSC01062.jpg

この4年間を振り返ってみて、大学生に保険は必要だったのか考えました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【大学生の保険】
4年前、大学入学手続きと一緒に届いた大学生協の資料。
なんせ、初めての大学生を持つ親として、右も左もわからない。

大学合格してから入学するまで3週間もない期間で、とにかく目の前に積まれた資料を細かく読むヒマもなく、大学側が勧めるものならば、とりあえず入っておけば安心じゃないの?
そんな感じで大学生協の保険に入りました。

高校生までは、何かあってもすぐに駆けつけたり親が対処するのが当たり前だったのに、一人暮らしで親元を離れるのですから、そうもいかなくなります。
遠くで暮らす息子の目に見えないことに対する不安を、大学生協の保険に加入することで、少しでも和らげたかったという気持ちもありました。

さて、長男が入った保険は3つあります。

■生命共済
保険料:12,800円(年払い)

保障
①病気で入院した場合:日額10,000円(他、手術保障、後遺障害保障あり)
②事故・ケガの場合:入院日額10,000円、通院日額2,000円など
③死亡:病気事故によるもの200万円、その他の原因によるもの100万円など
④扶養者の死亡:事故による死亡は一括500万円、その他の原因は20万円
など

■火災共済
保険料:2,000円(年払い)

保障
①賠償保障:過失による火災、水漏れなどで大家に損害を与えた場合 最高1,200万円まで
②家財の保障:火災、落雷、風水害などで家財が損害を受けた場合 300万円まで
③盗難保障:盗まれたり壊されたりした場合 50万円まで
など

■賠償責任保険
保険料:4,800円(4年間)

保障
①日常生活における賠償事故:自転車走行中相手にケガをさせたなど
②講義、行事、実習における賠償事故:実験中に器物を壊してしまったなど
③アルバイト中における賠償責任事故:相手に損害を与えてしまったなど
内容により保険金は30万円~1億程度

つまり、大学4年間で支払った保険料は
生命共済12,800円×4年=51,200円
火災共済2,000円×4年=8,000円
賠償責任保険4,800円

合計64,000円となります。

保障内容に比べ保険料は、とても安いと思います。
掛け捨てですが、安心料と思えば安いかな・・・。

特に、火災共済は大学生協のものがおすすめです。
一人暮らしで賃貸契約をするのであれば、火災保険に入っていることが条件です。

不動産屋がすすめる民間の保険屋の火災保険は、年間12,000円以上というものが多いので、大学生協の2,000円で済むのであればとても安い。

⇒ヤラレタ!不動産屋に言われるがまま加入した火災保険
↑過去の失敗例

【4年間の実績】
あと3か月で長男は大学を卒業します。
あっという間の4年間でした。
親も歳をとるわけです、はい。

そして、この4年間で大学生協の保険のお世話になるようなことは1度もなく、大変喜ばしいことでありました。
高熱を出したり、帯状疱疹になって病院を受診したことはありましたが、これは保険の対象外ですもんね。

DSC01064.jpg

大学生協から、継続加入されない方は、卒業する連絡をしてくださいと封書が届きました。
ああ、そっかぁ。
卒業なんだなぁ・・・、大学生協も卒業しなきゃならないんだよなぁ・・・。

【大学生に保険は必要か】
4年前は、とりあえず入っておけ的な感じで入った生命保険でしたが、今となっては必要なかったかな・・・と思っています。
もちろんこの4年間、長男が元気で過ごしてくれたからこそなのですが、それでもやっぱり学生に生命保険は不要かと思います。

万が一、万が一って、そうそう万が一ってないのですよ。
これまで50年間生きてきた私がそう思うのですから。

まず、病気による入院保障ですが、高額療養費制度で月額上限9万円くらいと決まっているので、貯蓄でカバーできます。
さらに、死亡保障なんてもってのほか!
子どもの命に代わるお金なんて要らないからです。

しかし、火災保険と賠償責任保険は必須。
これらは、他人様に損害を与えてしまったときの保険ですから、絶対に加入しておいたほうがいいと思われます。

今となって思うことですが、生命共済の4年分の保険料51,200円は無駄だったかもなぁ・・・。

保険に対する考え方は、それぞれの家庭でみんなちがいますから、絶対にこれが正しいとか間違っているというのはないのですよね。
我が家の場合に限っては、生命共済は必要ないかなぁと思うのです。

実は、この春大学生となった次男も、大学生協の生命共済に加入しています。
来年度の継続に関しては、次男が入っている養老保険の内容をチェックして、大学生協の生命共済はやめようと思っているところです。

長男が大学に入るまでは、お金のことは細かくチェックすることも、深く考えることもなかったのですが、何が必要で何が無駄なのかよーく考えることって、とても大事なんですよね。
自分の頭をフル回転するので、ボケ防止にもなるしね。

3番目の娘もいますし、長男、次男の時の経験を反面教師にして活かしていきたいなぁ。
まだまだ私は、ボケるヒマがありませんね。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
09 2015 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。