がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

給料日後の銀行行脚 時間の節約にもなる定額自動振込と定額自動入金サービス

長男の家賃振込に利用してきた住信SBIネットバンク。
他行振込手数料の恩恵は、この4年間で十分授かりました。

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s.jpg

子どもが大学を卒業したら、今度は自分のために他行振込手数料無料を存分に使いたいと思っています。
そのためにも、来年から変わる住信SBIネットバンクのサービスを理解しておかなければなりません。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【SBIネットバンク スマートプログラム】
2016年1月から、住信SBIネットバンクのサービス内容が変わります。
一部では改悪とも改善ともささやかれていますが、私にとってはどう変わるのか・・・?ということで調べてみました。

これまでは、条件に関係なくSBIネットバンクに口座を開設すれば、誰でも月3回までは他行振込手数料が無料だったのですけどね。
おかげで、都会のハイカラチックな銀行に振り込まなければならない長男の家賃振込も、4年間無料で行うことができました。

田舎には、都会のハイカラな銀行は無いので、どうしても他行振込手数料が発生するのですよね。
私が口座を持っている地元の銀行3つを比較してみても、一番安い振込手数料は1回540円です。

毎月振り込むだけで540円!
4年間では25,920円もの無駄な手数料を払わなければなりません。
ああー、もったいない!

来月から始まるとされる住信SBIネットバンクのスマートプログラムは、口座の残高や利用しているサービスによって、ランクが決められます。
ランク判定チャートに従って入力してみると、私の場合はランク2。

なので、来年からはATM引き出し利用回数が月5回までは無料。
他行振込手数料は月3回まで無料。

なんだ・・・。
これまでとまったく変わりありませんでした。

ということは、スマートプログラムがスタートしても、住信SBIネットバンクの口座残高が100万円あれば、今までと同じように使えるということなんですね。

【他行振込3回】
ATMでの引き出しは、月に1度まとめてやっていますので、これは5回も使うことはまずありません。
問題なのは、他行振込手数料無料回数。

これまでは
●長男の家賃振込
●長男への仕送り
●次男の家賃振込


これら3つを行っていました。
といっても、毎月定額をゆうちょ銀行またはイオン銀行のATMより、SBIカードを使って入金するだけ(無料)。

あとは住信SBIネットバンクの定額自動振込サービスを使って、銀行側で自動的にお金を振り分けてくれるのです。
パソコン上で、振り込む日と金額、振込先を指定すると、自動的に振り込んでくれるので、大家さんへの入金も忘れることがなくてとても便利です。
自分で銀行に行けない日でも、自動的にやってくれるので本当に助かります。

次男の家賃は、次男のゆうちょ銀行口座から引き落としなので、私がこちらからゆうちょ銀行のATMを使って次男の口座に振り込めばいいのですが、少しでも手間暇かけずに作業したいので、SBIネットバンクの定額自動振込サービスを使っています。

【定額自動入金サービス】
さらに!
SBIネットバンクでは、定額自動入金サービスもあるのだということを、このたび初めて知りました。

自分の他行口座から、指定金額を自動的にSBIネットバンクへ入金してくれるというもの。
利用可能な他行銀行を確認すると、私のお給料が振り込まれる銀行がちゃんとあるではないですか!

毎月給料が振り込まれると、銀行のATMへ出向きお金を引き出して、それらをゆうちょ銀行またはイオン銀行のATMを使ってSBIネットバンクへ入金しておりましたが、これらの作業がもう不要となるんですね。

私は家にいるのに、自動的にお金があっちやこっちの口座へふりわけてくれるのですね。
なんともまぁ、ありがたいです。

しかも、SBIネットバンクの口座に入っているお金は、イオン銀行のATMで月5回まで無料で引き出せるのですから、もう時間外や日曜祝日関係なく、1年中いつでもお金の出し入れが可能になるんですもんね。

さっそく、定額自動入金サービスの申し込みをいたしました。

残念な点といえば、定額自動入金サービスが利用できるのは、あくまでも引落口座と入金口座の名義が同じじゃなければならないってこと。
当たり前のことなんですが、つまりは夫の給料の口座からは、自動入金サービスはできないってことなんです。

夫のお給料が出たら、夫の銀行口座には足を運ばなければいけないんだなぁ・・・。

それでもこれまでは
①夫の銀行口座
②私の銀行口座
③ゆうちょ銀行
④イオン銀行
と、4つのATMを渡り歩いていたのが、②の私の銀行口座へは出向かなくてもよくなるんですもんね。
時間の節約にもなって助かります。

来春、長男は大学を卒業予定です。
長男の家賃振込と仕送りは、定額自動振込サービスから外さなくてはなりません。

この2枠が空いたら、次男の仕送りと車関係積立を自動振込にしようかな・・・?
などと考えています。

本当に便利な世の中になりました。






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

04 2015 | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。