がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

美女と野獣 仙台公演20周年特別記念カーテンコール これからも一生懸命生きていこう

これはもう神様がめぐり合わせてくれたチャンスだと思いました。
大好きな美女と野獣の仙台公演が決定しただけでも震えるほどうれしかったのに、まさか20周年記念日を仙台で迎えるなんて!

DSC00888.jpg

20周年記念特別カーテンコールは、まさに心ときめく夢の世界でありました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【20周年記念特別カーテンコール】
幕が下りると、そこにビーストとバラのマークが浮かび上がってきた時点で、私の涙腺決壊。

DSC00898.jpg

20周年記念特別カーテンコール。
地方に住んでいると、特別カーテンコールに行けることはまずないのだから、ここはしかと脳裏に焼き付けておきたいのに、涙が出る、出る。視界がぼやける。
まったく、この時ばかりは、自分の涙腺の弱さを恨みました。

一輪のバラを持ってルミエールが登場し、客席に挨拶。
その一輪のバラをバトンとして手渡しし、ミセスポット、コッグスワース、タンス夫人、チップなどのキャストが次々に挨拶。
そして「ビー・アワ・ゲスト」からの「人間に戻りたい」。
上からはハートがふわふわと舞い落ちてくるという演出。

はぁーーーっ。
人間って、あまりにも感動して涙が出ると、唇がワナワナと震えるんだということに、初めて気が付きました。

「20th」というオブジェが舞台上に運び込まれ、スタンディングオベーション&拍手、拍手、拍手。
手が痛くなるほど拍手しました。
カーテンコール、何回やったかしら?
15~16回くらい?

こんな素晴らしい舞台に、こんな感動する舞台に、出会わせてくれて本当にありがとう。
拍手しながら、何度も何度も心の中で繰り返しました。

一緒に観に行った友人は「ありがとぉーーーーっ!」って声に出して叫んでいたけど、私はもう唇がワナワナして声が出せませんでした。これ、ほんと。

【美女と野獣になぜ魅かれるのか】
劇団四季美女と野獣観劇、通算4回目となりました。
2012年の東京公演が、初めての劇団四季との出会いであり、私にとって美女と野獣は思い入れがとても強い。

DSC00893_2015112520290831d.jpg

すべては3年前の、「ついでに劇団四季でも観ておく?」的なところからスタートし、最初に観た美女と野獣に心を持って行かれてしまいました。
もし、最初に観たのがライオンキングだったら?
もし、最初に観たのがウィキッドだったら?

たぶん、ここまではまることはなかったかもしれません。

美女と野獣4回目にして、なぜにこんなに心惹かれるのか、ようやく気付きました。
それは、美女と野獣に使われている楽曲が大好きだからなんです。

オープニングの朝の町の「変わり者のベル」にワクワクし、お城での晩餐の「ビー・アワ・ゲスト」に興奮し、ミセスポットが歌う「美女と野獣」の美しいメロディーに切なさを覚え、何度も繰り返し観たディズニーアニメ。

それが劇団四季によって見事に再現されていて、いや、それ以上に仰天する演出で、感動・かんどう・カンドーで涙が止まりませんでしたもん。

アラン・メンケンさん、ブラボーです。
こんな素敵なすばらしい楽曲を、世に送り出してくれて、本当にありがとうございます。

【やっぱり劇団四季が好き】
東京公演で観た美女と野獣は、アニメの登場人物のイメージそのまんまで、どうしてここまでそっくりな声が出せるんだろう?と、ずっと不思議に思っていました。
そういう声質の人を選ぶんでしょうけど、それ以上に役者さんの努力と練習と鍛錬の賜物なんでしょうね。

DSC00890_201511252029086ef.jpg

実は、仙台公演の1回目を観たとき、ルミエール役の岩城雄太さんが、自分の中のルミエールのイメージとちがっていて、どうしてもそこだけがしっくりこないのが残念に思っていました。
私のイメージのルミエールは、紳士的でありかつ、エロさがある熟した感じのルミエール。

岩城さんは、もちろん歌は上手だし、一生懸命やっているし、好感度いいのですが、若くて爽やかさがにじみ出るんですよ。
うーん、爽やかすぎるルミエールが、なんかちがうなぁ・・・。

しかし、今回3回目の岩城ルミエールを観て、最初観たときよりも固さがとれて、セリフも滑らかになっていて、馴染んできたなぁ・・・という印象を受けました。
よかったですよ、ルミエール。

新しい人、若い人も、どんどん育てていかないとね。
劇団四季は、まだまだこれからもずーっと観に行きますから、多くの役者さんたちがどんどん熟していってほしいと思います。

佐野さん演じるビーストは、しびれるくらい素敵な歌声で、酔いしれます。
佐野ビースト、ずーっと観て行きたいけど、佐野さんも50歳を超えるのだとか!!

今回、お城の階段をよじ登るシーンで、ちょっともたついて登るのに時間がかかったところにハラハラしました。
ビーストの衣装やヅラ髪なども合わせると20kgもあるそうで、それらを身にまとっての動きは、50歳超えでは天晴としか言いようがありません。

佐野さん、がんばってください。
まだまだビーストの歌声、聴かせてください。

でも、佐野さんを超える若いビーストにも、これからどんどん出てきてほしいなぁ。

・・・って、オマエは浅利慶太か・・・ってなくらい、生意気なことを言ってごめんなさい。

とどのつまり、私は劇団四季が大好きだ!ということを言いたいのです。

DSC00896.jpg

私、モノにはあまり執着がなくて、グッズなどもほとんど買わないのですが、今回は美女と野獣のバックチャームを購入しました。
前回、娘と観に来たとき、買おうかどうしようか悩んでいたら、娘に
「お母さんの原点はここ(美女と野獣)なんでしょ?買えばいいじゃん」
と、いう言葉に後押しされて、20周年記念公演の日に買ったというわけです。

心がささくれだったら、このチャームをみて初心に戻ろう。
劇団四季の役者さんやすべてのスタッフの方々の、一生懸命な姿に心を打たれたように、私も毎日一生懸命生きていこう。

美女と野獣20周年、おめでとうございます。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 劇団四季
25 2015 | 11 comments 

-11 Comments

ありかママ says...""
そらはなさん 本当に美女と野獣が大好きなんですね
読んでいて私までうるっと来ました(*^^*)
私も美女と野獣には 特別な思い入れがあります
そうそう 楽曲が大好きでアニメは数えきれないくらい観て
劇団四季さんのは3回だけですけど チャンスがあればまた行きたいな〜
仙台へ飛んで行きたいな〜
2015.11.26 09:14 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
自分でも、本当に美女と野獣が大好きなんだなー、と再認識しました。
歌もダンスも舞台セットも全部好きです(^^)
仙台公演は、あと1か月で終わっちゃうけど、また機会があれば行きたいです。
ありかママさんも、お母さんのことと仕事と無理をなさらずに、またコンサート楽しめるといいですね。
2015.11.27 08:07 | URL | #- [edit]
あかね says...""
初めまして。劇団四季が大好きな大学生です。私も美女と野獣が一番好きな作品で、今回は20周年記念公演が見たかったのとビーストの佐野さんに会いたくて、仙台まで遠征しました。佐野さんのビーストは今回が3回目でしたが、歌声が素晴らしく、一幕の愛せぬならばを聞いた瞬間、「仙台に来てよかった。」と思いました。演技も素晴らしく、大好きな俳優さんです。以前友人と観劇した後に「私たちもあんな歌が上手でかっこいいお父さんがほしかったね。」と話し合っていたのもいい思い出です(笑)
ほかのキャストさんや特別カーテンコールも素晴らしく、とてもいい思い出になりました!そらはなさんのブログを読んでいて、感動が思い出されたので、私もまた美女と野獣を見に行きたいと思います!
2015.11.28 14:51 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: あかねさんへ"
初めまして♪
まっさきに思ったのが、大学生ですでに劇団四季のすばらしさを堪能できてうらやましい!ということでした。
本当に!佐野ビーストはステキですよね(*^_^*)
「愛せぬならば」の哀愁漂う静かに歌うところと、クライマックスのバルコニーで歌う心の叫びの声!
本当に本当に感動しますよね!
私、今回の20周年記念公演で仙台に行くのは最後だったのですが、やっぱり美女と野獣が大好きで、せっかく仙台にきているのなら、やっぱりもう1回観たい!と思い、劇団四季未経験の友人を誘って1月に再び仙台へ行ってきます。
あはははは、どんだけ仙台往復すればいいの?ってくらい、通います。
あかねさんは、お若いのでまだまだこれからもたくさん劇団四季の舞台が観れますね。
私は、足腰丈夫なうちに・・・(-_-;)行ける時に行きたいと思います。
2015.11.28 23:21 | URL | #- [edit]
あかね says...""
そらはなさん、お返事いただき、ありがとうございました!とても嬉しかったです(^^)

私も佐野さんの愛せぬならばの最初は静かに歌い、バルコニーを出てから歌いあげるところは本当にいつも感動します!王子様に戻った時の佐野さんのキラキラした雰囲気も大好きです(*^_^*)

そらはなさんは1月にも行かれるんですね!うらやましいです!ぜひ楽しんできてください!(o^^o)
私は看護学生で来年の2月に国試があるので、しばらくは観劇の予定はないのですが、3月に卒業旅行で友人と東京のアラジンと福岡の美女と野獣に行く予定なので、それまで勉強を頑張ろうと思います。来年から看護師として働きだしてお給料をいただいたら、観劇回数がどんどん増えていきそうで、今から怖いです(笑)
2015.12.02 20:25 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: あかねさんへ"
東京のアラジンと福岡の美女と野獣!!
なんて豪華な観劇なんでしょ!!!
しかも卒業旅行で!!!
卒業旅行って一度きりのものですから、存分に楽しんできてくださいね。

・・・ということは、あかねさんはうちの長男と同年代なのかな・・・?と、今思いました。

国家試験がんばってくださいね。
いつも通りにやれば必ず合格しますよ♪
初給料は、やっぱり劇団四季かな・・・?

実は私はあかねさんと同業者です(*^_^*)
2015.12.03 07:58 | URL | #- [edit]
とかちか says..."行きたい!"
あかねさんとのやり取りを読んでて無性に観たくなりました!
どうしよう。。。
東京に戻るまで我慢って思ってたのにw

実は、佐野ビーストはビーストの時は好きなんですが、
王子に戻る時にアレレってなっちゃいまして(一緒に観劇した全員)。。。
なんか、王子というより王様っぽくて(ごめんなさい!)。。。
でも、お二人のやり取りを読んでたら、佐野さんがいいんだと、それを確認したくなりました。
実際、ビーストの時の佐野さんに涙しましたもん。

あ~、行きたい!

お二人の仕事も親近感沸きます。
私はお二人をサポートする仕事です♪
2015.12.07 19:58 | URL | #- [edit]
あかね says...""
友人も観劇が好きなので、卒業旅行は観劇旅行にしました!(o^^o)卒業すると離れてしまい、なかなか会えなくなってしまうので、思いっきり楽しんでこようと思います。

私も2012年に大学に入学したので、そらはなさんの息子さんと同い年ですね。
そらはなさん看護師さんなんですね!看護師さんとして働いておられるかたに応援していただき、励みになりました!勉強頑張ります!
私は実習で大変な仕事だと感じて自分が看護師として働いていけるのか、今からとても不安なのですが、観劇で息抜きしつつ、頑張ろうと思います(>_<)そして、初任給はぜひ劇団四季と両親への感謝に使いたいです!(^^)
2015.12.07 20:16 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: とかちかさんへ"
あはははは。
実はめちゃくちゃ同感です。
佐野ビースト・・・。
人間に戻るとあれ?ってなるお気持ち、よーくわかります(^_^;)
「王様」って表現、いいですねー。
私の友人なんて「美女とじ○ぃ」って、言ってのけましたもんね(-_-;)
でも、いいのです。
だってあの美声!!
ソロの歌を聴いて感動するって、なかなかないもんね。

とかちかさん!
仙台公演は1月で終わって、次はいつ東京に戻ってくるかわからないんですよー。
行けるときに行きましょう!(と、あおる)

とかちかさんも医療従事者なのですね♪
2015.12.08 08:42 | URL | #- [edit]
とかちか says..."煽られて。。。w"
そらはなさ~ん。
1月のチケット取っちゃいました!
まだ観たことない母と叔母と三人で行きます。

冬道を仙台までは怖いのでバス旅です。
11時前に着いて、お昼ご飯食べて観て、終演後は駅近くのバス停まで急ぎ17:05発の最終に乗って帰ります。母たちにはチョッとハードだけど、どうしても見せたいですもん。

おお~、後一月じゃありませんか!!!
いつも、チケット取ってから三ヶ月あるのに、近くて嬉しい。

私は、図書室で愛を育む二人の様子がとても好きです。
また見られる。
嬉しい!!!!!
2015.12.12 19:44 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: とかちかさんへ"
おおおお!
チケット、取りましたかー。
お母様と叔母様に良い孝行ができますね。
私も1月は高速バスで行きますよ。
先日観に行った友人の話では、北澤ビーストと渋谷ルミエールだったそうで、これはこれでまた印象が変わって楽しめたそうです。
演じる役者さんによっても、雰囲気が変わり、これも劇団四季を楽しむ醍醐味であったりします。

3年前の東京公演では、ビーストが駄々をこねるシーンってなかったような気がするのですが、時間を経てから観ると、ビミョーに演出が変わっていたりして、これもまた楽しいです(*^_^*)
ホントに楽しみですね♪
2015.12.13 13:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。