がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

子どもがバイト活動を始めた 社会にお返しする時が近づいているんだなぁ

車の免許取得のために帰省中の大学生の次男。
先日、履歴書を書いていました。
夏休み明けにはバイトを始めるそうで、面接に行くとのこと。

b2f49d5164c2d535feeb53a1d70ec564_s.jpg

次男を社会にお返しする時が、近づいているのだなぁ・・・。
そんなことを想い、少しだけ寂しい気持ちにもなりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【バイトは社会勉強】
春から大学生になった次男。
夏休み前までは、学生生活や一人暮らしに慣れるまで、マイペースでやってきたようですが、いよいよバイトを始めるとのこと。

高校まで続けたサッカーはスッパリ辞め、今は軽音楽サークルに入って、ギターを弾きならす毎日。
それも良し。
次男が自分で決めた道ですからね。

そして、欲しいギターがあるそうで、バイトしてお金を貯めて買いたいとのこと。
「欲しいものがあったら、お金を貯めてから買いなさい」
いつも私が言っていることが、少しは身についているようで、それも良し。

「バイトの先輩は、奨学金をもらいながら自分で学費を稼いでいるんだって・・・・」
そんなことも知った次男。
世の中のいろんな事情が、少しずつわかってきたようで、これも良し。

大学生、一人暮らし、そしてバイト生活。
これから次男は、もっともっといろんなことを学んでいくのでしょうね。

【子どもを社会に返す】
先日、立ち読みした雑誌に書かれていた言葉。←立ち読みかい!

「子どもは天からの授かりもの。
18歳とか20歳になったら、社会にお返しする時なんです」

サラッと立ち読みしただけだったのに、やけにその言葉が小さな塊となって、心にずっとひっかかっていて・・・。

それは、成人になった子どもとうまく付き合えない、または、なかなか子離れできない親たちへ向けられた言葉。

子どもを授かった時、親は一人の人間を育てるというチャンスを与えられ、その中で自分も成長していきます。
その子が18歳を過ぎたら、成長した一人の人間を社会にお返しする時なんです。
子育てが終了した親は、以前よりも心が豊かになっているので、これからの人生がより豊かになる。
子どもは大人となり一人で歩いていくのだから、親も今後の人生は自分のために生きなさい。

そんな感じだったかなぁ。
なんせ、立ち読みなもんで、自分の都合の良いように解釈しているかもしれませんが・・・。

子どもを社会に返してやる。

なんかいい言葉だなぁ・・・って思いました。
決して子どもを放り出すのではないのですよね。

社会に出た子どもは、いつでもまた親のところへ遊びに来られるのですもんね。

バイトを始める次男が、またひとつ自力で社会の中で生きていく術を得て、いよいよ次男を社会にお返しする時も近いのだなぁ・・・なんて、ちょっとだけ寂しくなったりもしました。


「志望動機ってなんて書けばいいのー?」
と、無邪気に聞いてくる次男。
そんなの自分で考えなさい!


社会にお返しするには、まだまだ未熟者で無理でした・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 大学生
13 2015 | 14 comments 

14 Comments

ようこ says...""
いいお話ですね。
その雑誌のタイトル、覚えていらっしゃいますか?

ぜひ、私も読みたいです。

大3、高3の母ですが、日々、もがいています。
2015.09.13 13:37 | URL | #dHC6fowU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.13 13:41 | | # [edit]
ありかママ says...""
そらはなさん こんばんは^ ^

社会にお返しする

子供は天からの授かりもの ですもんね
うちの子たち 三人とも成人になって
長男と娘は一緒に暮らしているけれど やっぱり扱いは変わりました。
学生の時は ただただ 私の考えを伝えてきてたように思うけど
最近は まずは本人達の考えを聞いてなるべく指図はしないようにしているの
もう いい大人だからね

確かに めっちゃくちゃ寂しい
でも 寂しさを押し付けてはいけないと思ってます
母の修行じゃー(笑)

とは言っても 26歳になってもさ
それでいいのか?って思うことは
山程あってさ 見守るのにも忍耐が半端ないですよ(^^;;

それは 多分一生続いていくのだろうね^_^;
2015.09.13 20:34 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ようこさんへ"
たしか”ゆうゆう”というシニア向けの雑誌だったと思います。
自分も、こんな雑誌に興味がわく年齢になったんだなーと、いささか驚いています。
ようこさんに言われて、その雑誌買ってじっくり読みたいと思いました(立ち読みではなく)

子ども相手に、日々もがいているのは、どこの親も一緒かもしれませんね。
2015.09.13 20:46 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ありかママさんへ"
ふむ、ふむ。
ありかママ先輩のお言葉、しかと心にとめておきます。
子どもが大きくなっても、ついつい「あーしなさい、こーしなさい」と指図しがちです。
子どもであっても、一人前の大人ですもんね。
子どもの考えを尊重する、指図はしない、そして忍耐かぁ・・・。
こりゃ、そうとう厳しい修行になりそう・・・。
2015.09.13 20:50 | URL | #- [edit]
えりあママ says...""
子供を社会に返す。。。。
今の私に厳しい言葉です。どうあがいても寂しいものは寂しい。
なかなか頭に入って来ませんが、心と頭のどこかにちゃんと留めておきたいと思います。
良い言葉をありがとうございます。
2015.09.13 21:09 | URL | #- [edit]
ようこ says...""
ゆうゆうですね。ありがとうございます。
確かに今まで手に取った事のない雑誌ですが、
今調べてみたら、十分対象年齢でした(笑)

本屋さんで見てきますね。
2015.09.13 22:21 | URL | #dHC6fowU [edit]
ねこ says...""
「あなたはとても愛されて育ってきたんだから、不幸になるというとんでもない親不孝をしてはいけない」

某大型掲示板でふと目にした言葉です。あぁなんていい言葉だろう!と思います。クサクサしてる時に思い出します。
幸いにも私は両親にとても愛されて育って来た自信があります。生活は貧しかったですけど、将来の方向を正しい方に導いてくれました。
いつもブログを読ませて頂いていて、そらはなさんの愛、感じてますよ*\(^o^)/*きっと子供達にも伝わっていると思います!


2015.09.13 22:52 | URL | #- [edit]
ちょこばなな says...""
そらはなさん、こんばんは♪

「子どもを社会にお返しする」こと、すごく考えさせられました。
うちの子はまだ小さいですが、私が未熟者のせいか毎日喧嘩ばかりしていて、
「育児は育自」ということを痛感しています(汗)
きちんと社会にお返しできるような人間に育てていけるだろうかと不安です。

その日を迎えるとき、そらはなさんのように、適度な距離感で温かく見守っていられたらいいなと思います。
2015.09.13 23:40 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.14 00:11 | | # [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
寂しいって思うのが自然で、それを隠す必要もないし、否定する必要もないですよね。
でも、寂しいって自分で表現できるほうが、前に進んでいけるような気がします(*^_^*)
子どもも、独立するっていうより、社会にお返しするっていうほうが、なんだか温かい気持ちで送り出せるなぁ・・・なんて、思ってます。
要は、自分の気持ち次第ってことなんでしょうかね。
えりあママさんの息子さんは、しっかり地に足がついて歩いていっているので、すばらしいです。
2015.09.14 07:55 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ようこさんへ"
そうなんですよ~。
自分が今まで関心がなかったので、本屋に行っても目にとまることがなかった雑誌って、意外にたくさんあるのだということに気づきました。
いろんな世代に向けた雑誌って、たくさんあるのだということがわかりました(*^_^*)
2015.09.14 08:04 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ねこさんへ"
ステキな言葉ですね。
親は、自分よりも子どもが悩んだり困ったりしているのを見るのが、何よりも辛いですもんね。
ねこさんが、ご両親のことをそのように思っていらっしゃるってことも、とっても素敵です。
うちの子どもたちも、ねこさんのように感じとってくれたらうれしいのですが・・・。
こういうのって、ある程度歳を重ねないとわからないことでもありますよね。
ねこさんのその若さで、そういうことを感じる感性ってすごいなぁ・・・と、思います。
2015.09.14 08:07 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ちょこばななさんへ"
子どもが中学生になるまでは、日々なにかしらケンカしたり怒ったりしてました、私(^_^;)
すごくイライラしていたなーって思います。

ある日、残りの人生のほうが短いと思ったら、自分でもびっくりするくらい、怒ることも腹が立つこともなくなりました。
あと、劇団四季に出会えたことも大きいですねー。
役者さんたちの一生懸命な姿をみたら、自分は何かに懸命に取り組んだことがあっただろうか・・・って・・・。

ちょこばななさんが、「育自」と自覚しているのなら、それだけで十分じゃないでしょうか。
親だって感情を持った人間ですもんね。
私も、まだまだいろんな後悔を繰り返しながら、これからも生きていくんだろうなぁ・・・って思ってます。
2015.09.14 08:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。