がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

掃除機のお手入れ 半年に1度はメンテナンスをしないと汚れを床にこすりつけているという事実

掃除機で掃除をする・・・・のではなく、掃除機の掃除。
たまに掃除機もお手入れをしないと、汚れを床に塗り広げているかもしれないという事実。

DSC09838.jpg

4年目にして初めて掃除機を掃除しました。
ヤバかったです。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【掃除機のお手入れ】
掃除機も時々メンテナンスをしないと、吸引力の性能が悪く電気代がかかってしまいます。
とはいえ、私はこれまで掃除機のメンテナンスといえば、紙パックを取り換えるだけ。
しかも、紙パック交換ランプが点灯してから替えるので、半年に1度程度でしょうか。

お部屋のゴミをすべて吸い取ってくれて、そのゴミを貯めこんでくれている掃除機が、急に不憫になり、初めて本格的に掃除機の掃除をしました。

1.親ノズルの手入れ

DSC09842.jpg
掃除機のノズル。
親ノズルと言います。

DSC09843.jpg

うちの掃除機は、回転ブラシがフワフワしていて、掃除機をかけるだけで、床の拭き掃除をしたかのように埃がきれいになる・・・・らしいのです。
たしかにクイックルワイパーみたいに、床をペーパーでモップがけしたかのような感じにはなります。

そして、最近ようやくあることに気が付きました。
この親ノズル、掃除機買ってから一度も掃除したことない!という恐ろしい事実に!

床に、これまでの汚れを塗り広げていたかと思えば、恐ろしい・・・。

DSC09844.jpg

回転ブラシは、取り外しでき、水洗いできるようになっています。
モップのような働きをするんですもんね。
水洗いできなければ、不衛生ですよねぇ・・・。

この回転ブラシに重曹をふりかけて、それからお湯で洗ったら、灰色の水が出てきました。
ああ、怖い・・・。

DSC09845.jpg

回転ブラシを外した親ノズルの中は、写真のように黒く汚れておりました。
ああ、水洗いしたいー。
と思っても、ここの部分は水洗いしちゃダメなんだそうで・・・。

柔らかい布で水拭きするようにと説明書には書かれています。
洗剤、ベンジン、シンナー、アルコールなどは使ってはいけません。
なぜならば、プラスチック製品のひび割れや変色の原因になるからです。

ううう。
でも、この汚い箇所を水拭きだけでは、どうにもこうにも気持ちが悪い。
気持ちが悪くなるまで、メンテナンスを怠っていたのは私なんですけどね・・・。

我慢できなくて、エタノールを10倍くらい水で薄めたもので拭きました。

DSC09849.jpg
はい、きれいになりました。

2.子ノズルの手入れ

DSC09853.jpg

これも水洗いは禁。
なので、薄めたエタノール水で拭きました。

3.手元ブラシ

DSC09854.jpg

ここは、本体から取り外せるので水洗いOK。
水洗いできると気持ちいいですね。

4.フィルター
DSC09857.jpg

紙パックの奥にあるフィルター。
これも外せるので水洗いできます。

5.掃除機本体

DSC09860.jpg

本体も薄めたエタノールで拭きました。

掃除機は、メーカーによって取扱い方がちがいますので、説明書で確認するようにしてくださいませ。

DSC09858.jpg

紙パックを交換し、水洗いした回転ブラシを、よーく乾かしてからセッティングして完了です。

吸引力が倍増したのは、言うまでもありません。
ブラシもきれいになったので、床掃除もきれいなモップ掛けができるというものです。

【サイクロン式と紙パック式】
掃除機は、サイクロン式と紙パック式がありますよね。

サイクロン式が出てきた頃、掃除機を紙パック式からサイクロン式に替えました。
紙パックが必要なく、エコだというのが魅力だったのですが・・・。

どうやら私には向いていませんでした。

サイクロン式はすぐにゴミがたまるので、頻回にゴミを捨てなければならないということ、フィルターの掃除をマメにしないと、すぐに目詰まりサインが出て吸引力が落ちてしまうということを、サイクロン式掃除機を使ってみて初めて知りました。

ゴミがたまったらその都度捨てるから衛生的!なんて思って買ったのですが、1週間に1~2回はゴミ捨てをしなければならないというのが、私にとってはとてもめんどうでした。
フィルターの掃除も、チャチャッと適当にやったのでは、すぐに目詰まりサインが点灯。
外で、ブラシを使ってフィルターの埃を落とすのですが、この時の粉塵が気管に入ってアレルギーを起こしそうで(←実際に起こしたわけではありませんが)、すごーく嫌でした。

その後、サイクロン式掃除機が壊れて、再び紙パック式に戻りました。
掃除機の中の紙パックにホコリを貯めこんでいるわけですが、半年に1度くらいの紙パック交換が、私には丁度良いです(←いかにめんどくさがりかってことですが)。

紙パック式、サイクロン式のメリット、デメリットはそれぞれあるので、使う人の生活様式によって自分に合うのを使うのが一番ですよね。

DSC09855.jpg

家電製品を買うと、必ず購入年月日と購入金額を貼っています。
次回に買い替える時の参考になります。

これからは、紙パックを交換するさいには、掃除機のメンテナンスもきっちりしてあげたいと思いました。

DSC09827.jpg

ハナだって、毎日自分磨きは忘れないしなぁ・・・。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

02 2015 | 2 comments 

-2 Comments

脱サラして月収140万円になりました says...""
確かに恐いっすね。。

空気中に何か撒き散らしてないか
心配です。

エアコンのフィルターもそうですが
フィルター類は使い捨てのほうが便利
2015.09.02 21:41 | URL | #lZIaosxQ [edit]
そらはな says..."Re: 脱サラして月収140万円になりました さんへ"
こんにちは♪

目に見えないものって怖いですよね。
エアコンも掃除機も、いろんなものが空中に舞っているんだなぁ・・・と思えば、やっぱりきれいにしておくほうがいいですもんね。
2015.09.02 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。