がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

健康が一番というなら病の人はどうすればいい

久々に頭を殴られたような衝撃的な言葉を聞きました。

4a344959740c2d19767864c129538b57_s.jpg

「健康が一番というなら 病の人はどうすればいい」

本当にその通りです。
今まで、「健康第一」とか「健康が一番」などと、声を大にしていた自分が急に恥ずかしくなりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【お経の標語】
「健康が一番というなら 病の人はどうすればいい」

これは、京都のお寺のお坊さんが、浄土真宗の教えをもとに考えた標語。
ガーンとアタマを殴られました。
だって、これまでずーっと健康が一番の幸せだと思っていましたから。

もちろん、健康であることは、何にも代えがたい幸せなこと。
だから、今自分が健康であることが、どんなに幸せなことであり、それをかみしめながら生きていきたいと思っていました。

ただ、私の場合、年賀状などに一言添えるとき、必ずと言っていいほど
「健康第一」だとか「健康が一番ですね」
なーんて、書いていたような気がします。

健康が一番だなんて、あくまでも自分に基準を置いた言葉。
今、病を抱えて悩んでいる人は、どうすればいいのさ!
誰だって、好きで病気になるわけではない。
不養生や不摂生がたたって病気になる場合もあるけれど、例えば癌などの重い病の場合は、細胞レベルや遺伝子レベルの話であるから、自分ではどうにもできないことが多いというのに・・・。

「健康第一」なんて、それをわざわざ相手に伝えて、余計なお世話だわ・・・と、猛省しました。

【お経の現代バージョン】
毎年8月13日は、お墓参りに行きます。
お坊さんを呼んで、お墓の前でお経を唱えてもらいます。

毎年、何十年と繰り広げられてきた同じ光景の中で、私はこれまで一度も”お経”というものを真剣に聞いたことがありませんでした。
いや、真剣に聞いても何を言っているのかわからない・・・というほうが正しい。

お経を、誰にでもわかるように日常の言葉に置き換えて表わしたものが、京都の佛光寺(ぶっこうじ)の標語なのです。
まさにお経の現代バージョン。
これ、すごくわかりやすい。

自分のことは自分が一番わかっている・・・と言いながら、意外に自分のことは見えていないもの。
お経は、わが身を照らし出す鏡であり、自分を見つめなおすきっかけになるのですね。

お経にちょっとだけ関心を持ち、京都へ行ったさいにはぜひ佛光寺を訪ねてみたいとさえ思ったのでした。

【50代でやりたいこと】
そんなわけで、50代でやりたいことがひとつ加わりました。

京都・佛光寺のお坊さんの標語
「健康が一番というなら 病の人はどうすればいい」

これには続きがあります。

「元気も病気も いただいた命に向き合う 大事な縁だ」

すごく、すごーく心に染みました。
これまでの自分の見方が、少し変わったように思います。

自分の置かれた環境は、時に自分ではどうしようもなく変えられない現実となって立ちはだかることがありますが、それを嘆いたり悲しんだりするのではなく、自分自身の見方を変えることで、一歩踏み出すきっかけになるかもしれません。

現状をそのまま受け入れ、真剣に向き合うことで、毎日を懸命に生きることができるのかな・・・などと思ったりしています。

50代でやりたいこと。
それは、今日が最期の1日と思って一生懸命生きること!
いやいや、それじゃあ毎日が必死感いっぱいで、疲れそうだから・・・
今週が最期の一週間と思って・・・・
いやいや、今月が最期の一か月と思って・・・(←どんどん延びる)

とにかく、これまで以上に一生懸命に生きてみたいと思ったのでした。



我が家の1週間節約晩ごはん






sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 私のこと
18 2015 | 7 comments 

7 Comments

michi says...""
いつも読み逃げでスミマセン。

今日の記事、私も頭をガーンと殴られる思い…反省です。

実は私最近病気で入院しまして、尚更健康って大事だなと痛感したところだったのですが、それは命に関わる病気ではなく、何れ治るものだったからかもしれません。

合言葉のようについ健康第一って言ってしまいますが、病をお持ちの方は本当にどうしようもないことですもんね。

唐突ですが、コチラの記事、私の拙いブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
2015.08.18 12:20 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: michiさんへ"
こんにちは♪
リンクフリーですから、どうぞどうぞ♪
でも、こうやって声をかけていただけると、私もリンクできるので助かります。
ということで、私もお友達リンクさせていただきますね。
なかなかブロ友さんちにおじゃまできないのですが、リンクしていれば行きやすくなりますので・・・。

で、michiさんちにおじゃまして、ブログ読んできたのですが、入院されていたんですね。
そして、東北にいらしてたのですねー。
なまはげは・・・あれは秋田駅?横手のふるさと村?
地元にいながら、わからなくてすみません(^_^;)
秋田も暑い日が続いていましたが、今週になってやっと涼しくなりましたよ。
かなり過ごしやすくなりましたので、今日も一日一生懸命生きようと思います(*^_^*)
2015.08.18 13:08 | URL | #- [edit]
aiko says..."はじめまして"
はじめまして。
はじめておじゃまさせて頂いて、いきなりガツンときた記事で思わず足あとを残させていただきます。
「いただいた命に向きあう」
自分の努力だけではどうにもならないこともあるけれど、ますは現状を素直に受け入れて、今を感謝して生きる。目が覚めた感じです^^

また来ます!!ありがとうございます!
2015.08.18 22:37 | URL | #- [edit]
ちかちか says..."ありがとう"
いい言葉を教えていただきました。

身内に病気の人がいるので、言葉には
気をつけているのですが、なかなか励ましの言葉も
言えないでいます。
亡くなった義父は、自分は体が弱いから、と、
ちょっと何かあると医者に行っていました。
健康なのもありがたいですが、一病息災と言うように、
一つ病気を持っていると、小さなことでも気をつけて
案外長生きするのかもしれません。義父は癌で亡くなりましたが、
ある意味、天寿を全うしたのかもしれないと思います。
義父の入院中から最後までを見て、
自分はこれからどう生きるのか、どんな死を迎えるのかを
この半年考えていますが答えが出ないまま過ぎていきます。
でも目の前のことを一生懸命やろう、と思っています。
義父の年まで生きることができるかわかりませんが、
すぐにくたばる訳にはいかないので、頑張りたいと思ってます。
そらはなさんのブログには励まされます。
ありがとうございます。

あ、2年前に私も加茂水族館行きました。リニューアル前で、
あと少しで閉館の時に山形に旅行したのです。
クラゲなんて、と思ってたけど、
きれいだなあ、と初めて思ったものでした。
またゆっくり見られるといいですね。



2015.08.19 00:37 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: aikoさんへ"
はじめまして♪

足をとめていただいてありがとうございます。
いくらがんばってみたところで、自分の力ではどうにもできないことってありますもんね。
腐らず、卑屈にならず、現実に向き合うってこと・・・大事なんだなぁ・・・と思います。
きっと、この歳になったからこそ、そう思うのでしょうね。
aikoさんとは同世代ですね。
こちらこそよろしくお願いします。
2015.08.19 06:57 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: ちかちかさんへ"
言葉って、相手に伝える時にうまく自分の意としていることが伝わらなくて、難しいものだなぁと思います。
お義父さんは、ご病気で亡くなってしまわれたけど、ちかちかさんが「天寿をまっとうした」と思うのなら、きっと「いい生き方」ができたんでしょうね。
私も、まだまだやりたいことがたくさんありますし、家族のためにも自分の役割があるので、できるだけ永く生きていきたいなぁ。
毎日、自分に向き合うことが大事なんだと、最近思います。

加茂水族館、行かれたのですね。
私もまだ観たことのないいろんなところに行ってみたいなぁ・・・と、最近よく思います。
2015.08.19 07:03 | URL | #- [edit]
michi says...""
そらはなさん、こんにちは♪
リンクの件、ありがとうございます。

それに、私のブログを読んで下さったなんて…は、恥ずかしいやら、嬉しいやら(笑)

そうなんです、秋田にお邪魔してきたんですよー!

なまはげは横手のふるさと村?です。

今まで角館と田沢湖くらいしか行ったことがなくて…。

そうかー、そらはなさん秋田にお住まいなんですもんね!
またいつかお邪魔させて頂く時にはオススメの観光スポット教えてくださーい♪

これからもブログ、楽しみにしてます*
2015.08.19 11:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。