がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

まるで宇宙? 世界一のクラゲ加茂水族館は夏休み激混み

山形県鶴岡市にある加茂水族館。
ここは、クラゲに特化した水族館で、クラゲ50種類以上の展示数は、世界ギネスにも認定されるほど。

DSC09550.jpg

クラゲの水槽を見つめていると、1秒たりとも同じ形をしていないクラゲの不思議な動きに、まるで宇宙の中にでもいるような感覚にすらなります。

クラゲの水族館がリニューアルオープンしたので、今回2回目の再訪です。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【加茂水族館リニューアル】
夏休み中なので、混雑しているのは想定内でしたが、やはりすごい人!
だって、駐車場に誘導されるがまま停めた場所は、水族館からはるか300M以上は離れているような場所。

DSC09506.jpg

わかります?
海浜公園のはるか遠くに見えるのが、水族館。

2年前に訪れたときは、水族館入口の真ん前に車を停めたというのに、なんなんでしょう。この激混み。

一時は、閉館寸前までに追い詰められた加茂水族館が、クラゲに特化した水族館となったことにより、年々入館者数は増え続け、いつしかクラゲの展示数も世界一になったというのだから、すごいことです。
様々なメディアにも紹介され、評判が評判を呼び、ついには昨年リニューアルオープンしてしまったのですよね。

DSC03249.jpg

こちらが、以前の古びた水族館。
それでもクラゲの圧倒的な展示数には、感動しました。

⇒世界一の癒しスポットが今月で閉館します

DSC09508.jpg

そして昨年リニューアルした水族館。
建物がモダンになっています。
そして人の混雑もすごい・・・。

旧水族館があった場所は、シャトルバスのバス停があったり、かき氷や食べ物の路上販売所があったりと、そりゃあもう大賑わいで・・・。
崖っぷちだった水族館が、ここまでお見事に復活成長したのですから、喜ばしいことなんですが。

【宇宙の疑似体験】
旧加茂水族館で、そのクラゲの神秘的な姿にすっかり魅せられてしまった私は、リニューアルオープンしたら必ずまた来ようと思っていました。
宇宙生物のようにも見えるクラゲたちです。

DSC09527.jpg

よく見かけるミズクラゲ
たいていどこの水族館でも見ることができます。

DSC09528.jpg

タコクラゲ
傘に水玉模様があるのが特徴。
かわいくておしゃれ。

DSC09529.jpg

ヤナギクラゲ
言われてみれば、触手が柳の葉のよう・・・か?

DSC09531.jpg

カラージェリーフィッシュ
フィッシュという名前ですが、ビゼンクラゲなどと同じ仲間のクラゲなんだとか。

DSC09534.jpg

名前・・・わかりません。
コティロリーザ・ツベルクラータ・・・かな?

以下、名前省略。
とにかく神秘的なクラゲばかりです。

DSC09537.jpg

DSC09540.jpg

DSC09541.jpg

DSC09544.jpg

DSC09546.jpg

DSC09554.jpg

そして一通りクラゲを見終わった最後には、クラゲタリウムと呼ばれる大水槽。

DSC09556.jpg

巨大水槽の中を、たくさんのクラゲがユラユラ漂っているだけなんですけどねー。
これが黙ってみているだけで、癒されるんですよ。

DSC09557.jpg

宇宙の中に彷徨うと、こんな感じかなぁ・・・と錯覚します。
クラゲの動き、一日中見ていたいなぁ・・・。

日常のいろんなことをすべて忘れて、心を無にできる空間は、本当の癒しになるんだなぁ・・・と思いました。

【残念だったこと】
館内は、ほどよくクーラーが効いており、ユラユラ浮いているクラゲをただただ見つめるだけの水族館は、夏におすすめスポットです。

だが、しかし!
激混みすぎ!!

リニューアルオープンしてから1年2か月で、入館者数100万人を超えたというのですから、その混雑ぶりは喜ばしいことなんでしょうけど、さらには夏休み中ということもあり、館内ごった返し。

とてもじゃないけど、ゆっくりボーっとクラゲを見るという状態じゃなかったです。

館内には、警備員さんがマイク片手に
「立ち止まらないでください~。立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください~」
と、何度も言っており(それでもみんな写真を撮ってたけど)
クラゲをじっくり見たくても、後ろからどんどんくるお客さんたちのプレッシャーに追いやられて、気が気じゃない。

クラゲはきれいで神秘的だったけど、はっきりいって今回は癒しにはならなかったなぁ・・・。

旧水族館の、むき出しのコンクリートの壁に備え付けられていた古びた水槽のほうが、はるかに癒しになったなぁ・・・。

DSC09570.jpg

アシカくんが、「オウ!オウ!」と叫んでがんばっていたので、ま、いっかー。

リニューアルした加茂水族館は、2時間あれば見て回ることができます。
ほんとは、3時間でも4時間でもいたかったんだけどな・・・。

ちなみに、前回来たときに食べたクラゲラーメン。

DSC03242.jpg

クラゲを見ればみるほど、その神秘的な姿に惚れ惚れしてしまい、さすがに今回はクラゲを食すということはできませんでした。
水族館のレストランももちろん大混雑で、みんなおいしそうにラーメン食べていましたけどね・・・。

入館料は、旧水族館のときが大人一人800円だったのが、リニューアルしてからは大人一人1,000円。
今度は、少しすいたころに、また来たいなぁ・・・。








sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

Category : 旅雑記
17 2015 | 4 comments 

-4 Comments

こっこちゃん says...""
いつも拝見しています。お盆休みあけで、久しぶりにお邪魔したら・・
「加茂水族館」(笑)
我が家も、休み期間中ちょうど行ってきたところでした。
もっとゆっくり見たかったのですが、けっこうな混雑ぶりと
夫・息子たちはあまり興味がないようで、さっと見て帰ってきました。

今、次男が「夏休み新聞」の参考にブログ見させていただいてます。
2015.08.17 09:50 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: こっこちゃんさんへ"
加茂水族館、行かれたのですねー。
今回行ってびっくりしたのが、「くらげこんにゃく」なるものが売っていたこと。
まるで山形の玉こんにゃくのようで、お鍋の中を覗いてみると、クラゲの形のままのモノが醤油で煮こまれている!!と、えらい衝撃を受けました。
あれ・・・、さんざんクラゲたちを鑑賞したあと、食べる人っているのかなぁ・・・、いるんでしょうね。だから売っている・・・。

次男さん、夏休み新聞の題材にするのですかー?
クラゲの写真をいっぱい貼って、ちょっと説明加えるだけで、見た目に豪華な新聞ができそうな気がします(*^_^*)
2015.08.17 22:01 | URL | #- [edit]
kumakuma says..."私も行ってきた"
前回のそらはなさんのブログ見たことや周りの人が行った話を聞いて 三月に行って来ました 明日からは あしかショーが始まる前日でしたし どんより雲でしたが その割には平日なのに人が居るなーって 感じでした ゆっくりとまったりと過ごしてきました 毒もあるかもしれないけれど ガラスの向こうだし 癒されますね 
2015.08.17 23:23 | URL | #N5liixVE [edit]
そらはな says..."Re: kumakumaさんへ"
三月ころは穴場かもしれませんねー。
クラゲって毒があっていやなイメージがあったのですが、加茂水族館でクラゲを見てからは、かわいいなぁとプラスイメージになりました。
ものの見方によって、自分の気持ちも変わるもんだなぁ・・・と思いました。
いつかすいていそうな時をねらって行きたいと思ってますが・・・、すいていそうな時なんてあるのかなぁ・・・。
2015.08.18 07:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。