がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

消耗品だと割り切ったフライパンと長持ちしている理由

フライパンを購入しました。
3年半使ったフライパンがさすがにもう限界でした。

DSC09208.jpg

これまで何度かフライパンを買い替えてきましたが、フライパンを選ぶ時に絶対に譲れないポイントがあります。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【フライパン選びのポイント】
我が家はIHクッキングヒーターであるという、私の基準です。

①表面加工(フッ素コートなど)されたもの
いわゆるテフロン加工とかいった類のものです。
一時期、鉄製のフライパンも検討したことがありますが、油がなじむまでは焦げ付きやすいとか、手入れをしっかりしないと錆びつきやすい・・・などという話をきいて、断念しました。
最近、IH対応の良さげな鉄のフライパンが気になります。
いつかトライしてみたいと思っていますが・・・。
とりあえず今は、取扱いも簡単な表面加工されたフライパン。

②加工はブルーダイヤモンドコート
表面加工は、フッ素加工、マーブル(大理石)加工、ダイヤモンド加工などなど目にしますよね。
今までフライパンを使ってきて、一番長持ちしたのがブルーダイヤモンドコートのフライパンだったという理由で、選ぶときはブルーダイヤモンド加工のものにしています。

DSC09210.jpg

③浅いより深い
絶対深型フライパンがいろいろ使えて便利です。
深型フライパンだと、炒めているときもこぼれないのでIHクッキングヒーターも汚れにくい。
また、表面加工がはがれてきてフライパンとして使えなくなっても、煮物鍋として代用できる。
フライパンを買うときは、迷わず深型のものを選びます。

【フライパンの耐久性】
表面加工のフライパンって、結局表面の加工が剥がれてくれば、料理がくっついて焦げ付いて使いにくくなります。
早くて半年、もっても1年でダメになってしまうことが多い・・・・と、実感しています。

DSC09211.jpg
↑1年使用のブルーダイヤモンドコートのフライパン

中央が焦げ付いて、表面加工が剥がれてきています。
このくらいならチャーハンはギリギリ大丈夫ですが、餃子はヤバい。
しかし、28cm深型フライパンはとうもろこしを茹でたり、煮物に使えたりするので、今後も使っていきます。

DSC09214.jpg
↑3年以上使用のブルーダイヤモンドコートのフライパン

さすがにもうダメです。
フライパン用のクッキングシートをひいて、焼きおにぎりなどを作っていましたが、今回はこのフライパンを処分します。

DSC09206.jpg
↑今回購入したフライパン

深型、ブルーダイヤモンドコート26cmのものを購入。
今までずっと28cmのものを使ってきましたが、家族の人数も減ったので26cmにしました。

表面加工のフライパンは、高温で使用すると加工が剥がれやすいので、IHクッキングヒーターの場合は、中火で使うのが望ましいのですが、以前はそれがわからずに、強火でガンガン使うことが多かったです。
フライパンを長持ちさせる使い方がわかってからは、極力そのように扱ってきたつもりでしたが、やっぱり1年くらいで加工が剥がれてきています。

⇒フライパンは消耗品 今より長持ちさせる使い方

そして、フライパンを長持ちさせる一番の方法で、気づいたことがあります。

DSC09216.jpg
↑3年以上使用の20cmフライパン

これはマーブルコートのフライパンなのですが、まだ表面加工が活きていて十分に使えるのです。
ブルーダイヤモンドコートよりも長持ちしてる理由は・・・。

ずばり使用頻度が低いからです。

20cmサイズなので、朝食やお弁当作りのときに、チャチャッと使うことが多く、毎日は使っていません。
つまり、どんなに高級なフライパンだろうと、どんな加工だろうと、使用頻度が高ければそれだけ消耗されて使えなくなるのですよね。
当たり前のことなんですけど。

うちのフライパンってすぐにダメになってしまう~・・・とマイナス思考でとらえるよりは、それだけ私は料理をしているんだわ・・・ととらえるほうが、買い替える時にもフライパンに感謝して処分できますよね。

ってなことで、新しいフライパンにも少しでも長持ちしてもらうために、丁寧に大事にしていきます。

DSC09218.jpg

フライパンが新しいと、オムレツもスルスルできて気分がいい♪





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

15 2015 | 6 comments 

6 Comments

マキ says...""
こんばんは。私はテフロン加工のフライパンから鉄に変えて1年くらいです。
鉄のフライパン、めちゃめちゃいいですよ!
毎日使うからサビなんてつかないし、コツさえつかめば焦げ付きませんよ!!
今までテフロンのコスパの悪さと、高温で熱すると曲がってしまうので、我が家もIHなので、曲がったフライパンで調理すると熱の通り具合が微妙で.
いつもゴミばかり増えて何かいいものはないかな?とたどり着いたのが鉄のフライパン。

コツは中火でフライパンから煙が出るくらいまで熱してそこへお玉一杯分位の油を回し入れてなじませてから油をオイルポットか何かによけてそれから調理始めるとオムライスだってチャーハンだってこびりつかないです!
割と弱火で恐る恐る使うと焦げ付きます…

鉄分も多少とれるし、なんといってもエコ!一生使えるフライパンです!!

私のオススメはリバーライト社の極っていうフライパンです!焼き込みとかしなくていいように加工されてるのですぐ使えます!

そらはなさんがずっと、鉄は…って感じだったのでいつか伝えたい!!と思ってました(笑)
2015.07.15 23:59 | URL | #- [edit]
まゆまま says...""
我が家もIHですがブルーダイヤモンドコートの深型を愛用しています。
フライパン選びに関してはかなり彷徨いましたが(笑)
うちも同じ結論です。

IH対応の鉄製フライパン(加工あり)のものも使いましたが
最初は良かったものの、やっぱり焦げました・・・。高かったのにー。
気をつかって中火くらいで使っていたのにだめでした。
手入れの仕方が悪かったのか?おおざっぱな私には向きませんでした。

私の最近の結論はフライパンは消耗品!
高いものを買ってもだめになる。
買い替え前提で深型、ブルーダイヤモンドコートを選んでいます。

お弁当づくりもあるのでIH対応の卵焼きもあるのですが
使用頻度が低いので確かに長持ちです。
フライパンを買い替えるときは「それだけ私は料理をしているのね」と
思って買い替えるようにしますね!

すみません
リンク貼らせていただいても大丈夫でしょうか?
2015.07.16 05:43 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: マキさんへ"
鉄のフライパン、いいですかー!
実際に使っている方の情報はとてもありがたいです。
お値段が高いので、買う時にためらわれますが、一生ものだと思えばコスパいいですもんね。
今回も、鉄に挑戦してみようかなぁ・・・と悩んだのですが、結局表面加工のものにしました。
でも、次に買うときは鉄のフライパンを検討してみます。
「リバーライト社の極」ですね。φ(..)メモメモ
2015.07.16 06:28 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: まゆままさんへ"
フライパン選び・・・本当に彷徨います(^_^;)
まゆままさんは、鉄製のものも使ってのブルーダイヤモンドコートにたどりついたのですよね。
私は、鉄のフライパンは使ったことがないので、表面加工のほうがいいとか鉄がいいとかは、比較できないんですよねぇ。
やはり鉄も自分で一度使ってみたいなぁ・・・なんていう気持ちがムクムクと湧き上がっています(^_^;)

そうそう!料理をしている証!と思って、今回もフライパンを処分しました。
気持ち的に楽です(*^_^*)

リンク貼っていただけるのですね(*^_^*)
どうぞよろしくお願いいたします。
2015.07.16 06:37 | URL | #- [edit]
まゆまま says...""
そらはなさん、リンクの件ありがとうございます!
さっそく貼らせていただきました♪

鉄のフライパン、使いこなされている方がいてお恥ずかしい限りです。。
おおざっぱな私には合わなかったけれど
そらはなさんなら使いこなせそうな気がします。
その際はレポお願いします(*^_^*)
2015.07.16 12:41 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: まゆままさんへ"
いやいや(-_-;)
きっと私も鉄は使いこなせないような気がします・・・。
でも、使ってみなければわからないことってあると思います。
自分で使ってみて、やっぱりダメならそれはそれで納得すると思うし・・・。
いつか買いたい・・・鉄のフライパン。

こちらも相互リンクさせていただきました。
ありがとうございます。
2015.07.16 22:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。