がんばらない節約とシンプルな暮らし

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sekiseiA002.pngokame002.png



sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

-- -- | 

家庭用肩こり治療器に13万円は高いか安いか ライズトロンを使って1年以上経ちました

家庭用肩こり治療器に13万円も出すなんて馬鹿げていると思いますか?

DSC09167.jpg

肩こりが辛くて、たくさんの肩こり解消グッズを試したことがある人。
何度もマッサージに通ったことのある人。
そんな方ならわかっていただけますでしょうか。

何十年と肩こりとつきあってきて、藁にもすがる思いでたどりついたライズトロンEXは、私にとって最後の救世主となりました。


sekiseiA002.pngokame002.png

スポンサーリンク


【肩こり解消のためにかかったお金】
私が肩こりだと自覚するようになったのは、高校生の頃からだったので、30年以上のつきあいになります。
肩こりがひどくなると、首が回せなくなる、頭痛がひどくなる、だまって立っているだけでも肩や背中がズキズキ痛むという症状が出てくるので、若いころから頭痛・鎮痛薬(セデスやロキソニン)は欠かせませんでした。

さらに肩こり解消に良いとされるグッズはいろいろ買いました。
湿布磁気テープ肩を温めるパット首をささえる枕磁気枕
いずれも気休め程度で効果は感じられませんでしたが、何もやらないよりはやったほうがマシという自己暗示のもとに使っていたような気がします。

30代のころは、鍼治療にも通いました。
鍼を刺すこと自体も特に気持ちよさは感じなかったし、肩こりも解消されたわけでもなく、1年ほど通ったところでやめてしまいました。

その後、整体師のところにも通いましたし、タイ古式マッサージなんていうのもやりました。
マッサージしてもらっている最中はとても気持ちがいいのですが、根本的に肩こりが治ったわけではないので、翌日には再び肩こりが出現。

1か月に1~2回のマッサージではダメなんだと、とうとう自宅にマッサージチェアを購入。
これで毎日マッサージチェアのお世話になれば、きっと私は肩こりとは無縁になれるのね・・・という夢も見ましたが、やっぱりダメでした。
肩や背中を機械でどんなにマッサージしても、表面的なものでは解消できなかったのですね。
それに、毎日使っていたら、マッサージチェアの機械の動きが、ゴリゴリと背中にあたるのが痛くなってきました。

麻酔科にも行きました。
鎖骨のあたりに注射して、麻酔薬を造影下で注入するということもやりました。
整形外科にも行きました。
週に2度の注射と、電気治療に通っていました。
通院にかかる時間や手間がめんどうになったのと、さほど効果が感じられなかったので、通うのをやめてしまいました。

最終的には、夜寝る前にベッドの中で低周波治療器のパットを当てて振動でマッサージをするというのが一番気持ちよく、そのまま眠ってしまうという状況が一番お気に入りだったのですが、肩や背中の奥深い筋肉のこりは解消できたわけではないので、連日肩こりに悩むということに関しては、なにも解決できなかったのですよね。

この30年で肩こり解消のためにかかった費用は、薬や病院、鍼や整体、マッサージチェアや低周波治療器、その他さまざまなグッズも含め、おそらく50万円以上はかかったのではないでしょうか。
肩こりが治らないから、いろいろな解消グッズを次々と試してみるという永遠のループ状態だったんですねー。

【家庭用治療器ライズトロン】
それは本当にたまたま偶然目にしたテレビ。
東京池袋にあるライズシティクリニックの福島先生が開発した超短波治療器ライズトロン。
「ほとんどの肩こりが改善します」と言い切る福島先生を見たとき、本気で東京へ行って治療してもらおうと思いました。

肩こり治療は完全予約制だそうで、電話をかけて聞いてみたところ(←本気)、予約は半年以上先までうまっているとのこと。
がっくりとあきらめました。
が・・・、間もなく、そのライズトロンが家庭用治療器として発売になったのです。

ライズトロンEX。
そのお値段約13万円。

10万円以上のそのお値段に、1か月ほど購入するかどうか悩みましたが、東京へ行く交通費などを考えたら、自宅で肩こりが解消するのなら安いものだと思いました。

そうして買ってよかったと心底思いました。
だって、自分が肩こりであったことを、忘れていますもん、今では。



⇒肩こり卒業 家庭用治療器【ライズトロン】を使って6か月

【ライズトロンの使い方】
右肩、右肩甲骨周囲にライズトロンのプローベをあてて10分。
左側も同じように10分。

夜、お風呂上りにベッドの中で、録画したテレビを見ながらライズトロンを使っています。

DSC09169.jpg

ライズトロンは、マッサージチェアや低周波治療器のように振動でもみほぐすというものではなく、超短波が筋肉の奥の深いこりをほぐしていくというもの。
なので、プローベをあてているとじんわりと温かいだけ。

それなのに、翌朝は肩がとてもやわらかくなっているのに驚きます。
高校生のころから、肩には石ころでもつまっているかのように硬かった私の肩が、ライズトロンを使うようになってから、やわらかく指が入るようになったときには、感動ものでした。

しかし、ライズトロンを使わないでいると、やっぱり肩がこってきます。
そういう体質?体型なのか?これはしかたがないと思ってあきらめています。

ライズトロンを使って1年以上が経過した今では、2~3日続けて利用したり、2~3日使わなくても肩こりがないという時もあり、その日の状態に合わせて使っています。
でも、ライズトロンは一生手放せないのですね。

ちなみに、腰が痛いときや足裏が痛い時にもライズトロンを使ってみたりしますが、、肩ほど顕著にその効果は感じられません。
超短波は、あくまでも奥の深い筋肉をほぐすものなのかな?
腰や足裏って、筋肉があまりないですもんね(特に私)。

以上、あくまでも私個人の感想でした。





sekiseiA002.pngokame002.png

当ブログは「空と花の色」へ引っ越しいたしました。


スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

09 2015 | 3 comments 

-3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.09 22:19 | | # [edit]
えりあママ says...""
そこまで酷い肩こりだったんですか!
もしかしてなで肩とか?
私も肩こりはありますが、今のところ、そらはなさんほど苦痛を伴うことはありません。
今まできつかったですね。。。
ライズトロン、買って正解だと思いますよ。
生活レベルが向上するお金の使い方は生きたお金ですよね。
お金を使うポイントって個々に違いますしね。
私は3週間に1度の美容院での白髪染めが欠かせません。
それこそ自分でやれよ!って言われるけど、美容院で染めてもらうことが自分のテンションをあげて生き生きできるので、止められないです。

2015.07.10 17:35 | URL | #- [edit]
そらはな says..."Re: えりあママさんへ"
すごい!えりあママさん、さすがです。
私、なで肩なんですよねー。
だから肩こりは、先天性のものだと思ってあきらめていました。
でも、ライズトロンのおかげで本当に肩こりから解放されたのですよね。
開発してくれた先生に感謝、感謝です。
白髪染めは、自分でやるとどうしてもムラになっちゃいますよね。
白髪染めは自分への投資ですから、これも活きたお金の使い方。
お金を何に使うかは、みんなそれぞれちがいますから、締めるところは締めて、遣うところは上手に遣っていきたいですねー。
2015.07.11 22:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。